知って得する外壁リフォーム。塗装から張り替えまでの基礎と費用

外壁リフォームは、建物の寿命を延ばすために不可欠です。塗装など定期的が必要になります。でも、どんな方法があるのか、費用はどれくらいかかるのか。普通の人にはわからないですよね?外壁リフォームの基礎知識から、工法、業者の選び方、費用まで。知って得する情報をお送りします。

  1. 外壁(外装)リフォームの基礎知識
  2. 外壁(外装)の種類と特徴
  3. 外壁リフォーム工事
  4. 外壁(外装)リフォーム業者の選び方
  5. 外壁リフォーム業者選びの注意点
  6. 外壁(外装)塗料(ペンキ)の比較
  7. 外壁リフォームのそこが知りたい

外壁は、建物のデザインやイメージを決定づける材料です。長寿命化だけでなく、新しい顔づくりにもなるでしょう。

1.外壁(外装)リフォームの基礎知識

外壁材は、建物を風雨や日射から守る重要な材料です。一般的には、雨漏り(水の浸入)を防止するために実施します。でも、最近では、いろんな外壁リフォームが増えてきました。

1-1.外壁リフォームの種類

外壁リフォームは、3つに分類することができます。戸建て住宅に限らず、ビル、店舗、マンションも、基本的には同じです。

  • 塗装(塗り替え):最も一般的なリフォームです。既存の外壁の上に塗装し、水の浸入を防ぎます。初期費用が安く経済的な外壁リフォームです。
  • 張り替え:既存の外壁を撤去し、新たな外装材を取り付けます。新築同様の外観が可能です。躯(く)体や下地材を点検できるメリットもあります。外観イメージを一新するのに効果的ですが、費用がかかるのがデメリットです。
  • 重ね張り(カバー工法):費用がかかる張り替えのデメリットを改善したリフォームです。既存の外壁の上に、新たな外装材を設置します。既存の外装材の撤去と処分費が不要なため、張り替えより安く新築同様にできるのがメリットです。ただし、条件によっては、施工できない可能性もあります。

1-2.外壁リフォームの必要性とメリット

自然環境にさらされた外壁は、そのままでは劣化してしまいます。その結果、場合によっては建て替えが必要です。ですから、定期的なメンテナンスが必要になります。外壁リフォームをすることで、建物の寿命を大きく延ばすことが可能です。

1-3.まずはコンセプトを固める

外壁リフォームは、コンセプトを固めることが大切です。なぜリフォームするのか。理由がわかれば、目的も自然に決まり、必要な対策や方法もわかってきます。コンセプトを明確にしてください。
外壁リフォームをする理由には、次のような点が考えられます。一番多いのは、防水リフォームでしょう。

  • 寿命を延ばす防水リフォーム
  • 耐震性を高める補強リフォーム
  • 断熱性を上げる断熱リフォーム
  • 音の出入りを抑える遮音リフォーム
工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!