これであなたも大丈夫!外壁塗装で失敗しないための方法とポイント

住まいを雨や紫外線から守ってくれる外壁塗装。でも、年月がたつと、劣化し塗り替えが必要になります。では、どんなときに塗り替えればいいのか、よくわからないですよね?プロではないのですから当然。この記事では、不慣れな方でも、失敗しないための外壁塗装の方法やポイントを紹介します。

  1. 外壁塗装の必要性
  2. 塗装の種類と工法
  3. 外壁塗装は自分でできる?
  4. 失敗しない業者の選び方
  5. 外壁塗装のそこが知りたい

記事を読んでいただければ、あなたの住まいが長持ちする外壁塗装ができ、資産価値もグーンと上がるでしょう。

1.外壁塗装の必要性

1-1.外壁塗装とは?

住まいの外壁は、外部空間にダイレクトに面し、雨、風、埃(ほこり)、紫外線など厳しい自然にさらされています。こうした環境から住まいを守り、寿命を延ばしてくれるのが外壁塗装です。外壁に樹脂などを塗って膜をつくり、外壁を保護します。住まいの寿命を延ばすためには、欠かせない重要な作業です。

1-2.塗り替えのタイミング

新築住宅は、きちんと外壁塗装がされています。でも、塗装には寿命があり、定期的な塗り替えが必要です。注文住宅の場合には、あなたご自身で塗料や塗装方法を選ぶといいでしょう。そのためには、塗装の知識が必要です。
一般的には、完成後、あるいは塗装して10年くらいが塗り替えの時期といわれています。ですが、外壁の素材によって変わってくるので、気をつけてください。以下のとおりです。

  • モルタル吹き付け:6~10年
  • サイディング:10年
  • ALCパネル:10年
  • コンクリート:10年(理想的には7年)
  • 木板:3~5年
  • タイル:10年

上記を参考に、塗り替えて外壁リフォームするといいでしょう。傷みがひどいと思ったときには、目安にこだわらず、迷わず塗り替えるのが賢明です。

1-3.塗り替えの判断

10年が目安であることを頭の中に入れながら、実際には、外壁の状態を確かめながら判断してください。なぜなら、住まいが置かれている環境によっては、劣化が早いこともあるからです。ご自分でまず確かめて、具体的な判断は、プロの塗装屋さんらに相談するといいでしょう。塗装の劣化は、通常は以下のような順序で進行するといわれています。

  • 色や艶が落ちる
  • 塗装の色が変わる
  • 外壁を手でこすると白い粉がつく(チョ―キング現象)
  • ひび割れやカビが発生する
  • 塗膜に膨張やはがれが生じる

理想としては、第3段階のチョ―キング現象が発生したときに塗り替えることです。ひび割れやはがれが生じてからでは、下地補修が大変になるだけでなく、場合によっては外壁そのものを交換しなければなりません。その分、費用がかかるのは当然です。

2.塗装の種類と工法

どのタイミングで外壁を塗り替えるかは、塗料の種類によって変わってきます。それぞれ耐用年数が異なるからです。お住まいの外壁塗装の種類を知って、できるだけ傷みがひどくならないうちに塗り替えましょう。
住まいを長持ちさせる秘けつは、予防的な対応です。

2-1.塗装の種類

一般的に普及している塗装は、使われている塗料によって、6種類に大別できます。また、塗料は2タイプです。耐用年数が長い塗装(塗料)ほど、価格は高くなるのは、いうまでもありません。塗装工法は大きく2つです。
費用が安く、耐用年数が短い順に紹介します。

  1. アクリル樹脂塗装:最も安価な塗装です。ただし、耐用年数は6~8年といわれています。初期費用を安く抑えて塗装したい方や、こまめな手入れができる方にはいいでしょう。
  2. ウレタン樹脂塗装:密着性に優れた塗装です。耐用年数は10年前後。塗装のはがれが気になる場所に使えるので、あまり費用をかけずに塗装する場合には適しています。
  3. シリコン樹脂塗装:現在、最も普及している塗装です。標準的な塗装といえるでしょう。耐用年数は10~15年。価格と耐久性のバランスがいいので、費用対効果という意味では優れた塗装です。グレードの高い順に溶剤2液型、溶剤1液型、水性1液型の3タイプがあります。
  4. フッ素樹脂塗装:価格は高くなりますが、耐用年数が長いのが魅力です。長期的に見れば割安といえます。足場を組む面積が広い家の場合、有利な塗装でしょう。
  5. 遮熱塗装:耐用年数は約18年。塗装の本来の機能だけでなく、太陽熱を遮ってくれるので、外壁の表面温度を下げる効果があります。光熱費などの省エネルギーにつながり、地球に優しい塗装です。
  6. 光触媒塗装:耐用年数は約20年。太陽の光で汚れを浮かせ、雨で洗い流してくれるので、外壁をきれいな状態に保ってくれます。遮熱効果や空気を浄化する効果もあり、遮熱塗装と同様に、環境に優しい塗装です。ただし、施工できる業者は限られています。

上記の6塗装のほかに、最近では無機塗装というのが普及してきました。耐用年数が20~25年と、とても耐久性が高い塗装です。しかし、いいものもあれば、悪いものもあるといわれます。効果が実証されていない無機塗装もあるので、業者にすすめられたときには、注意が必要です。
さらに、「ピュアアクリル塗装」という新しい塗装が登場し、注目されています。すでにお話したように、アクリル樹脂は耐久性に課題がありました。でも、従来のアクリル塗装の耐用年数が短いのは、不純物が混じっているためです。
ピュアアクリル塗装は、不純物を完全に取り除いた100%アクリル。アクリルの性能を最大限に生かし、世界標準ともいわれる塗装です。15年以上の耐久性があります。

2-2.溶剤系と水性系

外壁塗装に使われる塗料には、溶剤系と水性系があります。それぞれの特徴を把握して選んでください。

  • 溶剤系:浸透性が高く、外壁のひび割れやはがれがひどい場合、あるいは、モルタル壁に効果的です。速乾性があるので、工期も短縮できます。一方で、外壁の素材によっては使用できない場合も。しかも、溶剤特有の臭いがあるので、臭いに敏感な人は避けた方がいいでしょう。
  • 水性系:浸透性は溶剤系より劣りますが、臭いがそれほどありません。塗りやすく汎用性も高いので、最近、塗り替え塗装で多く利用されている塗料です。反面、ひび割れやはがれがひどい場合には、十分な防水性や耐候性が発揮できない難点があります。

2-3.外壁塗装の工法

外壁塗装の施工法には、手塗り(ローラー・ハケ)と吹き付けの2つがあります。共通するのは、いずれも高い技能が必要なことです。外壁のテクスチャー(質感など)、必要な塗装の量、現場の作業環境を考えながら、お住まいに適した工法を選んでください。

<手塗り>
ローラーやハケを使って塗装します。塗料が飛び散ることがほとんどないので、隣家に近接している市街地内の家、狭い場所、細かな作業が必要な場所の塗装に適した工法です。外壁に凹凸が必要な場合には、ハケを使用します。
デメリットは、作業に時間がかかること、画一的な仕上がりになりがちなことです。

<吹き付け>
専用のスプレーガンを使って塗装します。複雑な模様や重厚感・立体感がある塗装ができるのが特徴です。しかも、効率よく短時間できれいな仕上がりになります。
デメリットは、吹き付けるときに塗料が飛散するため、塗料の無駄が多いという点です。その分、塗料の費用がかかることになります。手塗りに比べて、養生に手間と時間がかかってしまうのも課題です。
重厚な仕上がりにしたいならば、吹き付けを選びましょう。工事費も、相対的に手塗りより安いようです。一方、周辺への影響が心配ならば、手塗りをおすすめします。
いずれの工法を選ぶにしても、基準塗布量をきちんと守るなど、正しい塗装をすることが前提です。

3.外壁塗装は自分でできる?

外壁塗装はご自分でも可能です。DIYが得意な方は、ホームセンターなどで材料や道具をそろえて、チャレンジしてはいかがでしょうか。
ただし、自分で可能というのは、単に塗ることができるという意味になります。塗装が本来もっている性能を十分に発揮できるかどうかは、あなたの腕しだい。仕上がり精度は、プロである職人さんより劣るという自覚をもった方がいいでしょう。精度が悪ければ、次の塗り替えが早まることになります。

3-1.塗装の流れ

塗装といっても、ただ塗ればいいというわけではありません。むしろ、塗る前の作業こそ重要です。塗装の成否を握るといっても過言ではありません。サイディングなどを使った一般的な住宅の塗装は、次のような流れです。

  1. 足場の設置:安全な作業をするため、とても大事な作業です。脚立などで代用する場合には、転落など事故には十分に気をつける必要があります。
  2. 高圧洗浄:機械を使って外壁を洗浄し、汚れやカビなどを除去します。
  3. 養生:ドアやサッシ窓など、塗料を塗らない場所を保護します。ビニールシートなどを活用するといいでしょう。ブルーシートによる飛散防止対策も必要になります。
  4. 下地補修:ひび割れやはがれなどを補修します。仕上げを左右する大切な工程です。
  5. 塗装:シーラーと呼ばれ、密着性を高める下地調整剤を塗ったあと、トップコートと呼ばれる仕上げ材を2回塗ります。つまり、3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)が基本です。

3-2.最適な塗料の選び方

住宅の外壁材はさまざまです。塗装する際は、使っている外装材に適した塗装が必要になります。そして、それ以上に難しいのは、古い塗装の種類によって、塗り替えるときの塗装の種類も変わってくることです。要するに、古い塗装の種類によって、適した塗装と適さない塗装があります。
どんな塗装が適しているのかは、プロでも判断が難しい領域です。
ご自分で選び塗装するときには、国土交通省が監修した「外装仕上げの耐久性向上技術」(博報堂出版)という本が参考になるでしょう。古い塗装と新しい塗装の組み合わせ(適合性)を、一覧表にしてまとめています。素人にも見やすくて、理解しやすい本です。

4.失敗しない業者の選び方

これまでの記事を読んで、ご自分で外壁塗装する自信はつきましたか?おそらく、「外壁塗装って奥が深いなあ」と感じた方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装で失敗したと後悔しないためには、やはりプロに依頼するのが一番です。でも、中には悪徳業者もいます。見積もりの方法や依頼の流れ、業者選びの注意点をまとめました。

4-1.相場を知ろう

業者選びに入る前に、まず、外壁塗装の相場を押さえておくことが大切です。何の武器(データなど)をもたず、プロを相手にするのは、あまりにも無謀といえます。下手をすると、業者のいいなりです。
1㎡当たりの単価の相場をまとめました。もちろん、需要によって変動することがあることをご理解ください。

  • 足場:600~800円。足場の高さによって変わります。
  • 高圧洗浄:250円程度。
  • 養生:300~500円。割と幅があるようです。
  • 飛散防止ネット:100~200円。平屋より3階建てが単価は高くなります。
  • 下地補修:17,000円~20,000円。最も費用がかかる作業です。いかに下地補修が大切かが、金額の面からもわかります。
  • 下塗り:700円~900円。
  • アクリル樹脂塗装:1,000~1,200円。
  • ウレタン樹脂塗装:1,800円~2,000円。
  • シリコン樹脂塗装:2,500円~3,500円。
  • フッ素樹脂塗装:3,500円~4,500円
  • 遮熱塗装・光触媒塗装・無機塗装:5,000円~5,500円。

このほか、サイディング外壁などでは、シーリング工事が必要な場合もあります。既存のシーリングの上に打つ場合は700円~900円、打ち替えの場合は900円~1,200円が相場のようです。
業者に見積もりを出してもらうとき、一番わかりやすい方法があります。作業ごとに材料の原価を示し、そこに職人さんの手当てや会社の利益を上乗せして出してもらうことです。でも、会社のノウハウに属するので、現実的には難しいものがあります。足場なら足場というように、作業ごとの見積額の中に利益が含まれている見積もりがほとんどです。
だからこそ、相場を知ることが重要になります。

4-2.見積もりの方法

ご自分で近くの塗装屋さんに依頼するか、お住まいをリフォームする際に、リフォーム業者に一括でお願いするケースが考えられます。一概にはいえませんが、中間マージンがない分、専門の塗装業者に依頼する方が安くなるはずです。
ご自分で探すのが難しければ、外壁塗装の一括見積もりサイトを利用するといいでしょう。サイトに登録されている業者は、審査を得て登録されているので、安心して依頼できるようです。
また、見積もりの際に、注意していただきたいことがあります。それは、外壁塗装は家電製品などとは違うということです。たとえば、テレビや冷蔵庫は、製品として完成しています。ですから、安さ第一でいいでしょう。
でも、外壁塗装は、現場で人間が手作業により製品として完成させる点で、決定的な違いがあります。要するに、完成した製品に質の違いがあるのです。家電製品などと同じように考えてはいけません。
いい製品(外壁塗装)には、それなりの費用もかかることを理解し、見積もりを検討してください。安さ第一主義には、落とし穴が隠れている場合があります。

4-3.依頼の流れ

  1. 現地調査:見積もりの前に事前に外壁を調べ、劣化の度合いをチェックしてもらいます。大切な手順です。現地調査の前に、電話やメールで概算の見積もりを出してくれる業者もいます。
  2. 見積もり:現地調査の結果を踏まえて、見積額や工程を出してもらいます。工事の内容ごとに金額を示してもらってください。「一式でいくら」といった見積もりは、論外です。
  3. 契約:見積額に納得したら、いよいよ契約です。
  4. 施工:工程に沿って工事を進めます。100㎡のお住まいの場合、工期は1週間から10日程度を目安にしておくといいでしょう。

工事が完成すれば、契約は終了です。でも、その後、不具合が出てこないかと心配になりませんか?こうした不安を解消するには、契約の前に保証やアフターサービスについても確認しておくことが大切です。

4-4.業者選びの注意点

塗装業者はさまざまです。残念ですが、悪徳業者が多い業界といわれます。失敗しないために、以下のような点にご注意ください。

  • 信頼できる営業マンを見極める:優良業者選びの第一歩です。保証やアフターサービスなども確かめておきましょう。
  • 最終的には職人さん:どんな業者に依頼しても、実際に作業するのは職人さんになります。外壁塗装の成否が決まるキーポイントです。できれば、契約前に営業マンに同行してもらい、お話を伺いましょう。職人さんが手がけた現場を見せてもらうのも、1つの方法です。
  • 見積もりは複数の業者から:即決は絶対にダメです。相場より高くなることがあります。一括見積もりサイトでは、一度に複数の業者からもらうことができて便利です。
  • 「○×をサービスする」には気をつける:下地処理がタダ?でも、タダほど怖いものはありません。裏があるのではと疑った方がいいでしょう。手抜きの可能性があります。
  • 保証を前面に出す業者にも要注意:保証があるのはいいことです。でも、コストの割に保証期間が長い場合は、注意が必要です。

5.外壁塗装のそこが知りたい

外壁塗装をしたいときに聞きたいけど、なんとなく聞きづらいことってありませんか?そんなあなたに代わって、依頼する前に確認しておきたいことを、Q&A方式にまとめました。

Q.見積もりは無料ですよね。でも見積もりを取ると、契約を迫られるのでは?

A.見積もりは、ほとんどの業者が無料です。見積もりをもらったからといって、契約しなければならないという義務はありません。断れないように誘導する業者がいるのは事実です。優良業者ならば、そんなことはありません。不安に思うよりも、業者選びの判断基準になるというくらい、前向きな気持ちをもってはいかがですか?
また、一括見積もりサイトを利用すれば、断る煩わしさが解消できます。

Q.見積もりに諸経費ってあるけど、いったいどんな経費?

A.確かに諸経費って、よくわからないですね。具体的に明示してほしい気持ちはわかります。わかりやすくいうと、交通費や書類の作成費用、工事の手配にかかる費用などです。工事を円滑に行うための費用とご理解ください。

Q.追加料金をあとで取られないか心配です。大丈夫なの?

A.契約額で仕事をするのが当然です。あなたの都合で変更する場合を除き、基本的に追加料金を請求されることはありません。前触れもなく請求されたら、拒否してください。予期せぬ事態が発生した場合は、業者と協議して決めるのがほとんどです。一方的に業者のいいなりになってはいけません。

Q.塗装に適した時期はいつですか?

A.基本的には1年間を通じて塗装できます。ただ、夏は気温が高くなり、塗装表面がすぐに乾燥して泡が生じることがあるので、注意が必要です。一方、冬は気温が低くなり、乾燥に時間がかかり、工期が少し長くなります。
塗装の仕上がりに関係するのは、気温と湿度です。気温20℃、湿度65%が理想だといわれます。ということは、春か秋ということになるでしょうか。でも、春と秋は、意外に雨が多い時期になります。悩むところです。
塗装の時期に関しては、それぞれにいい点と悪い点があります。要するに、パーフェクトな時期はないということです。
ですから、時期を考えるよりは、きちんと施工してくれる優良業者を選ぶことを優先してください。

Q.ペンキの臭いが心配です。気分が悪くなることはありませんか、洗濯物は干せますか?

A.溶剤系は臭いがするので、アレルギーの方は申し出て、事前に相談しましょう。臭いに配慮して施工してくれる業者に依頼してください。洗濯物は、干しても大丈夫です。ただ、風向きや施工場所によっては、臭いが移る心配があります。いい業者さんならば、人だけでなく、洗濯物にも配慮してくれるはずです。

Q.予算が足りないかも・・・。ローンは組めますか?

A.「ローンはNO」という業者が多いのが実状です。でも、ローンに応じてくれる業者はいろいろあります。「外壁塗装」「ローン」といったキーワードで検索してください。ローンを組む方法や、ローンに応じてくれる業者を見つけることができます。
予算が心配でしたら、恥ずかしがらずに相談するといいでしょう。年率などを確かめながら、上手に利用してください。

まとめ

いかがでしたか?記事では失敗しないための外壁塗装のポイントを紹介しました。
簡単にまとめると、住まいの劣化の状況に応じて、適切な塗装を選び、適切な工法で施工することに尽きます。また、業者選びの選び方や注意点も紹介したので参考にしてください。
外壁塗装は、住まいを長持ちさせるためのキーポイント。適切な外壁塗装をすることで、寿命は3倍延びるとさえいわれます。外壁の傷みによる素材の交換や、場合によっては建て替えといった深刻な事態を避けることができるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!