これであなたも大丈夫!外壁塗装で失敗しないための方法とポイント

住まいを雨や紫外線から守ってくれる外壁塗装。でも、年月がたつと、劣化し塗り替えが必要になります。では、どんなときに塗り替えればいいのか、よくわからないですよね?プロではないのですから当然。この記事では、不慣れな方でも、失敗しないための外壁塗装の方法やポイントを紹介します。

  1. 外壁塗装の必要性
  2. 塗装の種類と工法
  3. 外壁塗装は自分でできる?
  4. 失敗しない業者の選び方
  5. 外壁塗装のそこが知りたい

記事を読んでいただければ、あなたの住まいが長持ちする外壁塗装ができ、資産価値もグーンと上がるでしょう。

1.外壁塗装の必要性

1-1.外壁塗装とは?

住まいの外壁は、外部空間にダイレクトに面し、雨、風、埃(ほこり)、紫外線など厳しい自然にさらされています。こうした環境から住まいを守り、寿命を延ばしてくれるのが外壁塗装です。外壁に樹脂などを塗って膜をつくり、外壁を保護します。住まいの寿命を延ばすためには、欠かせない重要な作業です。

1-2.塗り替えのタイミング

新築住宅は、きちんと外壁塗装がされています。でも、塗装には寿命があり、定期的な塗り替えが必要です。注文住宅の場合には、あなたご自身で塗料や塗装方法を選ぶといいでしょう。そのためには、塗装の知識が必要です。
一般的には、完成後、あるいは塗装して10年くらいが塗り替えの時期といわれています。ですが、外壁の素材によって変わってくるので、気をつけてください。以下のとおりです。

  • モルタル吹き付け:6~10年
  • サイディング:10年
  • ALCパネル:10年
  • コンクリート:10年(理想的には7年)
  • 木板:3~5年
  • タイル:10年

上記を参考に、塗り替えて外壁リフォームするといいでしょう。傷みがひどいと思ったときには、目安にこだわらず、迷わず塗り替えるのが賢明です。

1-3.塗り替えの判断

10年が目安であることを頭の中に入れながら、実際には、外壁の状態を確かめながら判断してください。なぜなら、住まいが置かれている環境によっては、劣化が早いこともあるからです。ご自分でまず確かめて、具体的な判断は、プロの塗装屋さんらに相談するといいでしょう。塗装の劣化は、通常は以下のような順序で進行するといわれています。

  • 色や艶が落ちる
  • 塗装の色が変わる
  • 外壁を手でこすると白い粉がつく(チョ―キング現象)
  • ひび割れやカビが発生する
  • 塗膜に膨張やはがれが生じる

理想としては、第3段階のチョ―キング現象が発生したときに塗り替えることです。ひび割れやはがれが生じてからでは、下地補修が大変になるだけでなく、場合によっては外壁そのものを交換しなければなりません。その分、費用がかかるのは当然です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!