【完全版】屋根塗装で満足したい?屋根の塗替えに必要な知識を伝授

屋根塗装を行うことは、家の外見が向上することだけでなく耐久性を高めることにもなります。現在、家を建ててからしばらく経過していて、屋根塗装を考えている人も多いのではないでしょうか。でも、満足の行く屋根塗装を行いたい場合は、必要な知識を十分に身に付けることが大切です。今回は、屋根塗装や屋根の塗替えに必要な知識を、あらゆる角度から解説するのでぜひ参考にしてください。

  1. 屋根塗装の基本を学ぼう
  2. 屋根塗装ができる屋根の種類
  3. 屋根塗装を行うタイミング
  4. 屋根塗装の方法を具体的に解説
  5. 屋根塗装・外壁塗装・リフォームの違いを解説
  6. ​屋根塗装の業者の選び方を伝授

屋根塗装や屋根の塗替えで失敗したくないとか満足する結果を残したいと思っている人には、とても役に立つ内容にまとめてありますよ。

1.屋根塗装の基本を学ぼう

満足の行く屋根塗装を実現するためにも、屋根塗装の基本を学びましょう。基本を知ることは、屋根塗装への理解を深めるだけはありません。業者を選ぶときや、屋根の塗替え費用の見積もりをもらうときなど、さまざまな場面で役に立ちますよ。

1-1.屋根塗装とは何か

まずは、屋根塗装とは何かという点から確認しましょうか。屋根塗装とは、文字どおり屋根を特殊な塗料を使用して塗替えることです。家を建てるときに屋根材を使って成形しただけでは耐久性が不十分となるでしょう。屋根塗装を行って初めて、屋根としての機能を発揮できるのです。  

1-2.屋根塗装を行う必要性を考える

それでは、屋根塗装を行う必要性を考えてみましょう。屋根は、24時間ずっと雨風にさらされたり昼間の紫外線を浴びたりしています。そのため、家の外壁よりも高い強度が必要となるのも事実でしょう。そこで、屋根塗装が有効なのです。屋根の塗料も、種類によっては紫外線対策を強化することや耐用年数を延ばすこともできますよ。

1-3.屋根塗装のメリットを確認しよう

屋根塗装のメリットは、屋根の強度が高まることです。たとえば、屋根を塗料で塗ることで、紫外線による劣化を防いだり、ひび割れを防いで雨漏りしにくくしたりできるでしょう。また、屋根塗装は家の外観を美しく保(たも)つためにも有効です。好きな屋根の色に塗替えることは、家への愛着も増すことになるでしょう。屋根塗装には、機能と外観を両方ともアップできるメリットがあるのです。

1-4.屋根塗装の耐用年数を学ぼう

どんなにきれいで完全に仕上げた屋根塗装も、永久に効果が続くわけではありません。屋根塗装の耐用年数は、使用している塗料の種類にもよります。たとえば、アクリル系塗料は価格が安いですが、耐用年数は4年程度。塗料の価格は高くなりますが、フッ素系塗料や断熱塗料になると18年程度まで耐用年数が延びます。屋根の塗替えは、初期費用と耐用年数のバランスも考えて判断してください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!