【完全版】屋根塗装で満足したい?屋根の塗替えに必要な知識を伝授

屋根塗装を行うことは、家の外見が向上することだけでなく耐久性を高めることにもなります。現在、家を建ててからしばらく経過していて、屋根塗装を考えている人も多いのではないでしょうか。でも、満足の行く屋根塗装を行いたい場合は、必要な知識を十分に身に付けることが大切です。今回は、屋根塗装や屋根の塗替えに必要な知識を、あらゆる角度から解説するのでぜひ参考にしてください。

  1. 屋根塗装の基本を学ぼう
  2. 屋根塗装ができる屋根の種類
  3. 屋根塗装を行うタイミング
  4. 屋根塗装の方法を具体的に解説
  5. 屋根塗装・外壁塗装・リフォームの違いを解説
  6. ​屋根塗装の業者の選び方を伝授

屋根塗装や屋根の塗替えで失敗したくないとか満足する結果を残したいと思っている人には、とても役に立つ内容にまとめてありますよ。

1.屋根塗装の基本を学ぼう

満足の行く屋根塗装を実現するためにも、屋根塗装の基本を学びましょう。基本を知ることは、屋根塗装への理解を深めるだけはありません。業者を選ぶときや、屋根の塗替え費用の見積もりをもらうときなど、さまざまな場面で役に立ちますよ。

1-1.屋根塗装とは何か

まずは、屋根塗装とは何かという点から確認しましょうか。屋根塗装とは、文字どおり屋根を特殊な塗料を使用して塗替えることです。家を建てるときに屋根材を使って成形しただけでは耐久性が不十分となるでしょう。屋根塗装を行って初めて、屋根としての機能を発揮できるのです。  

1-2.屋根塗装を行う必要性を考える

それでは、屋根塗装を行う必要性を考えてみましょう。屋根は、24時間ずっと雨風にさらされたり昼間の紫外線を浴びたりしています。そのため、家の外壁よりも高い強度が必要となるのも事実でしょう。そこで、屋根塗装が有効なのです。屋根の塗料も、種類によっては紫外線対策を強化することや耐用年数を延ばすこともできますよ。

1-3.屋根塗装のメリットを確認しよう

屋根塗装のメリットは、屋根の強度が高まることです。たとえば、屋根を塗料で塗ることで、紫外線による劣化を防いだり、ひび割れを防いで雨漏りしにくくしたりできるでしょう。また、屋根塗装は家の外観を美しく保(たも)つためにも有効です。好きな屋根の色に塗替えることは、家への愛着も増すことになるでしょう。屋根塗装には、機能と外観を両方ともアップできるメリットがあるのです。

1-4.屋根塗装の耐用年数を学ぼう

どんなにきれいで完全に仕上げた屋根塗装も、永久に効果が続くわけではありません。屋根塗装の耐用年数は、使用している塗料の種類にもよります。たとえば、アクリル系塗料は価格が安いですが、耐用年数は4年程度。塗料の価格は高くなりますが、フッ素系塗料や断熱塗料になると18年程度まで耐用年数が延びます。屋根の塗替えは、初期費用と耐用年数のバランスも考えて判断してください。

2.屋根塗装ができる屋根の種類

屋根塗装ができる屋根の種類を、確認しましょう。現在、民間住宅用の屋根に使用している材質は多くが塗装できます。屋根の材質ごとに、ひとつずつ見ていきましょう。

2-1.トタン屋根

トタン屋根の塗装について、お話しましょう。トタン屋根とは、厚みが0.4ミリメートル程度の鉄板を並べた屋根のことです。長所は、継ぎ目が少ないことから新築の状態では雨漏りの可能性が少ない点でしょう。ただし、鉄板は錆(さ)びやすいという欠点があります。こまめに、屋根塗装を行わないと劣化してしまうことでしょう。

2-2.瓦屋根

瓦屋根は、日本家屋の伝統的な屋根に見ることができます。瓦屋根のメリットは、耐久性があることと、重厚感のあるデザインを表現できる点でしょう。もちろん、瓦屋根でも屋の塗替えは可能です。古くなって色褪(あ)せた状態も、屋根の塗替えを行うことで見違えるほど美しく生まれ変わることでしょう。

2-3.スレート屋根・コロニアル屋根

スレート屋根とは、別名コロニアル屋根とも呼んでいる屋根の種類です。また、カラーベストと呼ぶこともあるでしょう。スレート屋根は、薄い板状の屋根材となります。素材は、セメントや石綿(せきめん)・無石綿(むせきめん)・天然石など。石綿(せきめん)は、健康被害が問題になったため現在はほとんど使用していません。現在、主流になっているスレート屋根は、無石綿(むせきめん)かセメント素材が多いでしょう。スレート屋根は、屋根材の中でも重量が軽いタイプです。住宅設計で、幅が広がることから需要が高まっていることも覚えておきましょう。

2-4.金属性の屋根

金属製の屋根は、重量が軽い点と強度が高い点で最近注目が集まっています。最近では、錆(さ)びにくくて人気が高いガルバリウム屋根も、金属製の屋根のひとつ。ガルバリウム屋根の塗装、シリコン塗装などで行います。耐久性は高いものの、外部からの音が響きやすいなどの点も特徴となるでしょう。

2-5.そのほかの屋根

屋根塗装ができる屋根の種類は、主に鉄板やそのほかの金属を使ったものや、瓦やセメント素材などになります。そのほかの屋根となると、昔ながらの藁(わら)ぶき屋根など、植物を使ったものが挙げられるでしょう。当然のことながら、植物を使った屋根には、塗装ができませんので注意してください。また、瓦屋根の中でも種類によっては屋根塗装が不可となりますので、依頼時に業者に確認しましょう。

2-6.屋根の耐用年数はどのくらいか

屋根の耐用年数は、使用している材質によってさまざまです。

  • トタン屋根の耐用年数:10年以上
  • 瓦屋根の耐用年数:30年から50年以上
  • スレート屋根・コロニアル屋根の耐用年数:20年以上
  • 金属製の屋根の耐用年数:30年以上

屋根の耐用年数は、素材としての寿命と考えてください。適切な屋根塗装を行うことは、屋根の耐用年数を長くすることができるでしょう。

3.屋根塗装を行うタイミング

屋根塗装を行うタイミングは、どんなときなのでしょうか。ここでは、主なタイミングを3つほどご紹介します。

3-1.屋根の外観をチェックしてみよう

まずは、屋根の外観をチェックしてみましょう。屋根が色褪(あ)せていたり、白っぽくなっていたりする部分が無いか確認してください。また、ひび割れているように見えたり錆(さ)びが出ていたりなど、劣化した部分が無いか探してみましょう。汚れている部分や、劣化した部分があると判断した場合は、屋根塗装を行うタイミングがやってきたと判断してください。

3-2.屋根から雨漏りがあったとき

屋根から雨漏りがあったときは、屋根塗装を行うタイミングと言えるでしょう。雨漏りが起こるのは、屋根の塗装が寿命を迎えている証拠でもあります。塗装以外にも、屋根材のズレなどが原因の可能性もあるでしょう。いずれにしても、屋根の修理と同時に屋根塗装を行うことを考える良い機会であることには間違いありません。

3-3.家の強度を高めたいと感じたとき

屋根塗装は、屋根の強度を高くします。つまり、家の強度を高めたいときに屋根の塗装を行うことはお勧めと言えるでしょう。

4.屋根塗装の方法を具体的に解説

屋根塗装の方法について、具体的に解説しましょう。屋根塗装の方法ついて理解すると同時に、日数や相場・費用についても確認してください。

4-1.屋根用塗料の種類を学ぼう

では、屋根用塗料の種類にはどんなものがあるのか、学びましょう。現在、主に使用している屋根用塗料の種類は以下になります。

  • アクリル塗料
  • ウレタン樹脂塗料
  • フッ素樹脂塗料
  • シリコン樹脂塗料
  • 断熱塗料

屋根の塗料は、屋根自体の素材との相性もあるため、実際の屋根塗装工事にかんしてどの塗料を使うかは業者とよく相談してください。

4-2.屋根塗装で足場を作る場合と作らない場合

屋根塗装を業者に依頼する場合、足場を作る場合と作らない場合があります。足場を作る場合は、作業員が安全に屋根の塗装を行うためという理由を考えることができるでしょう。また、塗装作業を行うときに家の外壁などの破損を避けるためということもあります。足場を作ることは、作業員の安全と家が破損するリスクを避けるという意味があることを理解してください。しかし、最近は技術の向上が進んだ結果、足場を作ることをしないで屋根塗装の工程を行う業者も増えてきています。足場を作らなくても、安全かつ確実に作業ができる業者もいますので検討してみましょう。足場を作らないことは、屋根塗装の費用を抑える効果もありますよ。

4-3.屋根塗装に必要な日数はどのくらいか

屋根塗装に必要な日数は、目安として1週間から10日程度となります。足場を組む必要が無い場合は、1日短縮することも可能でしょう。しかし、屋根塗装工事には、さまざまな工程があることを思い出してください。屋根塗装に日数が必要な理由は、屋根塗装の前の高圧洗浄を行ったり、塗料を塗った後に乾燥する時間が必要だったりするためですね。なお、手抜き工事を行う悪徳業者は、短期間で屋根塗装工事が可能とアピールしてくることもあるので注意してください。

4-4.屋根塗装の相場や費用を確認

屋根塗装の相場や費用を確認することは、とても大切です。実際に必要となる費用は、屋根の面積や材質、屋根の状態などよって異なりますから、目安として考えてくださいね。

  • アクリル塗料:目安として25万円以上
  • ウレタン樹脂塗料:目安として30万円以上
  • フッ素樹脂塗料:目安として45万円以上
  • シリコン樹脂塗料: 目安として35万円以上
  • 断熱塗料:目安として70万円以上

上記は、あくまでも目安です。しかし、屋根塗装の価格相場を覚えておくことは、実際の契約時に有利に働くでしょう。相場より安い費用でも、内容をしっかり確認して契約することで屋根塗装で満足することは十分可能となります。

5.屋根塗装・外壁塗装・リフォームの違いを解説

屋根塗装・外壁塗装・リフォームの違いは、どんな点にあるのでしょうか。それぞれ、解説しましょう。

5-1.屋根塗装と外壁塗装の違いを学ぼう

屋根塗装と外壁塗装は、どの点が違うのかを学びましょう。屋根塗装は、屋根部分だけ塗装工事。対して、外壁塗装は家の外壁部分の塗装となります。屋根塗装と外壁塗装は、塗装を行う部分が違う、ということになるでしょう。屋根塗装の料金と、外壁塗装の料金はどちらが高くなるかについては、屋根の大きさ・材質・面積によって異なるためにどちらが高くなるかを言うことはできません。手間という点では、屋根の塗装の方が高い位置にある点などが理由で、やや大変と言えるでしょう。

5-2.屋根塗装と外壁塗装は同時に行うか別々に行うか

屋根塗装と外壁塗装は、同時に行うかそれとも別々に行うかどちらが良いでしょうか。もしも、皆さんが家の外観全体のリフォームを行いたいと考えている場合は、屋根塗装と外壁塗装を同時に行うことをお勧めします。また、屋根をきれいに塗替えたのに、外壁塗装はそのままだとバランスの悪い外観になるのは事実です。良い機会と考えて、屋根塗装と外壁塗装を同時に行うのも良いアイデアでしょう。しかし、予算が無い場合は、無理をする必要はありません。屋根の塗替えを終えてから、改めて外壁塗装を検討してください。

5-3.屋根塗装と屋根のリフォームでは何が違うのか

屋根塗装は、屋根の表面だけを塗替えることが主な作業になるでしょう。塗装部分がはげてきた部分を、新たに塗り直すイメージですね。対して、屋根のリフォームは、屋根そのものを作り直すことになるのでより大掛かりになるでしょう。たとえば、重い屋根瓦から軽いスレート瓦に変更するといった感じですね。屋根塗装と屋根のリフォームを比べると、屋根のリフォームの方が費用が高くなることはおわかりいただけるでしょう。また、屋根のリフォームの方が、単純に屋根塗装を行うことと比べて手間もかかります。屋根塗装だけを行うか、屋根のリフォームを行うかは予算や希望によって検討してください。

6.屋根塗装の業者の選び方を伝授               

屋根塗装は、業者の選び方で決まると言っても良いでしょう。では、屋根の塗装で失敗しないためにも、業者の選び方について学んでください。

6-1.屋根の塗装業者を選ぶときのポイント

屋根の塗装業者で失敗しないためにも、選ぶときのポイントを確認しておきましょう。

  • 屋根塗装や屋根修理・屋根のリフォームの実績が豊富
  • 電話や問い合わせの受け答えが親切なこと
  • 実際に利用した人の評判が良いこと
  • 屋根塗装の費用を分わかりやすく提示していること
  • 必要の無い屋根のリフォームまで勧めてこないこと
  • 無理に契約を取ろうとしないこと

実績の豊富さや対応の良さだけでなく、無理に契約を勧めてこない点も大切です。屋根の塗装やリフォームを行う業者の中には、とにかく契約を取りたくて一所懸命なところも多いでしょう。しかし、十分な検討時間も与えずに契約を急ぐ業者はいけません。

6-2.屋根の塗装業者はトラブル対応の良さも外すことができない

どんなに良い屋根の塗装業者を選んでも、トラブルが発生する可能性はあるでしょう。実は、トラブルが発生したときほど業者の質がわかるタイミングはありません。中には、客側の不備と一方的に決め付けをしたり、自分たちの責任逃れを正当化したりするような業者もいます。反対に、トラブル対応が良い業者は、信頼できると言えるでしょう。

6-3.屋根塗装の費用は無料見積もり可能なところを選ぼう

屋根塗装の費用は、実際の現場を見てから初めて見積もりが可能になります。業者によっては、数千円程度の見積もり費用を請求することもあるでしょう。しかし、親切な業者は見積もりを無料で行っているところもあります。もちろん、見積もり費用が無料でも契約を行う義務はありません。屋根塗装の費用は、実際の状況によって金額が変化します。修理にどのぐらいの費用が必要になるのかを知るためにも、契約前に業者をチェックするためにも、無料見積もりが可能なところを選びましょう。

6-4.屋根の修理を依頼する場合はアフターフォローの良さも大切

屋根塗装だけでなく、屋根の修理も依頼する場合は、アフターフォローの良さも大切でしょう。今回、屋根の塗装や修理をきちんと行ったとしても、何らかの不具合が発生することもあります。たとえば、大雨や強風の後に、新たに雨漏りが発生する可能性もあるでしょう。また、特に不具合が無くても、屋根はメンテナンスが定期的に必要になります。安心して暮らすためにも、業者を選ぶときはアフターフォローの良さが大切と言えるでしょう。

まとめ

屋根塗装や屋根の塗替えについて、必要な基礎知識をまとめました。適切な屋根塗装を行うことは、屋根の外観を美しくするだけでなく、強度を高めることができて家の寿命を長くすることができるでしょう。満足の行く屋根塗装を行うには、基礎知識をまんべんなく身に付けるほかにも、良い業者を選ぶことが大切です。記事を参考にして、ぜひとも良い業者に巡り合ってください。信頼できる屋根塗装業者と一緒に、ベストな屋根塗装を行いましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!