クリアー塗装は必要? 仕上げ剤として塗ったときの効果とは?

1.クリアー塗装とは

外壁塗装時に耳にすることがあるクリアー塗装。では、このクリアー塗装とは何なのかチェックしておきましょう。

1-1.仕上げに塗るクリアー塗装

クリアー塗装とは、塗装した外壁の色合いを保護するために吹き付ける塗料です。透明な塗料であるため外壁が別の色になることはありません。
クリアー塗装は、通常の上塗り材と同じウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂です。さらに、クリアー塗装の中には水性系と溶剤系に分類できます。

1-2.クリアー塗装を塗ったほうがいい家

クリアー塗装をすると外壁の色を守れるのが特徴です。そのため、外壁のデザインや色にこだわりがある家はクリアー塗装することをおすすめします。また、レンガ調の外壁にも相性がいいので塗っておきましょう。
また、近年外壁材として使われるサイディングの外壁に塗ることもおすすめです。特に、2色以上使っている外壁には塗っておきましょう。
クリアー塗装は、もともとあるデザインや色を損なうことなく保護できる塗料です。デザイン性のある外壁のときはクリアー塗装に頼ってみましょう。

2.クリアー塗装の効果

クリアー塗装を外壁に塗るとさまざまな効果が得られます。その効果についてチェックしておきましょう。

2-1.もともとの外壁デザインを損なわない

外壁のリフォームやメンテナンス時に通常の塗料で塗り潰すことは多いものです。しかし、外壁のデザインが気に入っているときはつらいものがあります。そんなときは、クリアー塗装でもとあるデザインを損なわないようにしましょう。
クリアー塗装ならばタイル調やレンガ調の外壁にも使えます。また、サイディング製の外壁ならばデザイン性を高める効果もあるのでおすすめです。

2-2.外壁を保護する

クリアー塗装にはツヤを出す効果があります。塗料を塗り付けることでもとある色やデザインが引き立つ効果があるのです。古い外壁であってもクリアー塗装ならば魅力を復活できる効果があると思いましょう。ツヤが嫌なときは、ツヤがないクリアー塗装もあるので安心してください。
また、クリアー塗装にはセラミック樹脂も配合してあります。これは、紫外線吸収剤と言われておりUVカット効果も期待できるのです。そのため、外壁を長期間保護できます。
さらに、クリアー塗装を塗れば表面に付着した汚れが雨や水で落ちやすくなるのです。外壁がきれいになるだけでなくお手入れも簡単になります。

  • シリコンクリアー…約10年
  • フッ素クリアー…約13年
  • 無機クリアー…約15年

代表的なクリアー塗料の耐用年数はこちら。1度塗っておけば長期間外壁を保護できるのでおすすめです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!