クリアー塗装は必要? 仕上げ剤として塗ったときの効果とは?

クリアー塗装という言葉を聞いたことあるでしょうか。クリアー塗装とは、外壁塗装を行った後で仕上げ剤として塗布するものです。では、このクリアー塗装を塗ることでどのような効果があるのでしょうか。この記事では、クリアー塗装についてまとめました。

  1. クリアー塗装とは
  2. クリアー塗装の効果
  3. クリアー塗装を行うときの注意点
  4. 外壁塗装を業者に依頼するときの注意点
  5. まとめ

1.クリアー塗装とは

外壁塗装時に耳にすることがあるクリアー塗装。では、このクリアー塗装とは何なのかチェックしておきましょう。

1-1.仕上げに塗るクリアー塗装

クリアー塗装とは、塗装した外壁の色合いを保護するために吹き付ける塗料です。透明な塗料であるため外壁が別の色になることはありません。
クリアー塗装は、通常の上塗り材と同じウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂です。さらに、クリアー塗装の中には水性系と溶剤系に分類できます。

1-2.クリアー塗装を塗ったほうがいい家

クリアー塗装をすると外壁の色を守れるのが特徴です。そのため、外壁のデザインや色にこだわりがある家はクリアー塗装することをおすすめします。また、レンガ調の外壁にも相性がいいので塗っておきましょう。
また、近年外壁材として使われるサイディングの外壁に塗ることもおすすめです。特に、2色以上使っている外壁には塗っておきましょう。
クリアー塗装は、もともとあるデザインや色を損なうことなく保護できる塗料です。デザイン性のある外壁のときはクリアー塗装に頼ってみましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!