西日の部屋が暑い!暑さ対策を把握して快適な生活空間にしよう!

西日は部屋の中を暖かくしてくれます。冬場はとても心地良い空間ができるでしょう。しかし、問題は日差しが強くなる真夏です。
夏場は気温が上昇するため、西日でさらに室温があがってしまいます。
そこで、西日の部屋の暑さ対策や西日で部屋が暑くなる原因、賃貸マンションの西日対策と注意点について詳しく説明しましょう。
暑い部屋から抜け出すためにもコツをつかんでください。

  1. 西日の部屋の暑さ対策
  2. 西日で部屋が暑くなる原因
  3. 賃貸マンションの西日対策と注意点
  4. まとめ

1.西日の部屋の暑さ対策

毎日西日が部屋にあたると生活できません。
暑い部屋の中ですごしているとさらにイライラがつのるものです。
快適な居住空間にするためにも、簡単にできる暑さ対策をしていきましょう。

1‐1.窓枠をエコガラスに変更する

西日の暑さ対策として、窓枠をエコガラスに変更する方法があります。
普通のガラスでは太陽光や紫外線が直接部屋の中に入るでしょう。
部屋の中は太陽の日差しで熱くなります。
一方、エコガラスは太陽の日差し、紫外線が遮断できるのです。
よく、遮断するから部屋が暗くなるといいます。
しかし、実際には部屋の中は暗くなりません。
遮断性の高いエコガラスで紫外線の量だけカットできるのです。
また、エコガラスにもさまざまな種類があるのでぜひチェックしてみてください。
ちなみに、賃貸マンションの場合は自分勝手に窓ガラスを変更してはいけません。
あくまで家主から借りている物件です。家主にきちんと了承を得てから交換しましょう。

1‐2.遮断フィルム・カーテンを活用する

簡単にできる西日の暑さ対策は「遮断フィルム・カーテン」の活用です。
遮断フィルム・カーテンはホームセンターなどで気軽に手に入れることができます。
遮断フィルムは窓に貼るだけでOKです。
専門業者に依頼するのもいいですが、自分でも簡単に貼ることができるでしょう。
エコガラスにするよりも簡単で、大家の了承も必要ないです。
ただし、引っ越すときはきちんとはがさなければなりませんよ。
遮断フィルムによって、西日の紫外線をカットできます。
そして、遮断カーテンは普通のカーテンと交換するだけでOKです。
部屋が寒くなる冬場は普通のカーテンでもいいでしょう。
ただし、日差しが強くなる夏場だけは遮断カーテンに替えてみてください。
カーテンを替えるだけでも部屋の温度が低くなります。

1‐3.遮熱塗料を使う

自分で対策をしてもなかなか改善できないケースもあるでしょう。
限界を感じたときは大家さんに相談してみてください。
不動産をとおして大家さんと話し合うのもいいでしょう。
大家さんと相談して遮断塗料を使う方法があります。
マンションなどの外壁塗装は10年~12年ごとに塗り替えていかなければなりません。
塗り替え時期と重なるのなら、なおさら遮断塗料を活用するチャンスです。
遮断塗料とは、太陽からの熱・紫外線の吸収を防ぐ塗料になります。
西日による室温の上昇を抑えてくれるでしょう。
ただし、外壁塗装には大きなお金が必要になります。
自分だけの意見では採用できない可能性もあるでしょう。
ダメかどうかはわからないので、1度大家さんか不動産屋に相談してみてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!