弾性塗装のメリット・デメリットをチェック!弾性塗装のポイントとは

外壁は建物の外見だけでなく、構造の耐久にも関係しています。
より丈夫な建物にするためにも定期的に塗り替えていかなければなりません。
外壁塗装に使う塗料にはさまざまな種類があります。
中でも伸び率が高い「弾性塗装」について詳しく説明しましょう。
これから、弾性塗装とは何なのか、メリット・デメリット、工法の種類など一緒にチェックしていきたいと思います。

  1. 弾性塗装の特徴
  2. 弾性塗装のメリット・デメリット
  3. 弾性塗装の工法の種類
  4. まとめ

1.弾性塗装の特徴

モルタル外壁に使用するのが「弾性塗装」です。
外壁に使う塗料にはさまざまな種類があります。
種類によって特徴や効能が異なるものです。
では、弾性塗装には一体どんな特徴があるのでしょうか。

1‐1.弾性機能がすぐれている塗料

簡単に説明すると、弾性塗装は弾性機能にすぐれている塗料です。
ほかの塗料よりも伸び率が非常に高くなっています。
弾性塗料の伸び率は20度で120%と言われていますが、実際は200%~400%と非常に高いです。
基本的に伸び率はJIS規格で決まっています。
けれども、JIS規格の基準以上になっている弾性塗装がほとんどです。
よって、通常のサイディングには不向きになります。
サイディングに使うと外壁がふくれてしまうでしょう。
なぜなら、サイディングには普通の硬質系塗料を使っているからです。
伸縮率が高い弾性塗料との組み合わせが悪いので、絶対にサイディングには塗らないでくださいね。

1‐2.モルタルの外壁ヒビ割れに有効

サイディングに不向きなら、弾性塗料は一体どんな外壁に適しているのでしょうか。
ほかの塗料よりもすぐれている弾性塗装は、モルタル外壁に発生しているヒビ割れに有効です。
モルタルはヒビ割れが起きやすいと言われています。
また、建物はトラックの振動や地震によってヒビ割れが出やすくなるのです。
発生したヒビ割れは徹底的に補修しなければなりません。
普通の塗料で補修してもヒビ割れが再発するだけです。
ヒビ割れが起きている場所にシーリング材で埋めた後、弾性塗料で完全にヒビをふさいでいきます。
弾性塗料は最終的な仕上げだと思ってください。

1‐3.弾性塗料の種類

弾性塗料の種類はメーカーによってさまざまです。
よく使用している弾性塗料と言えば、日本ペイントの「ダンシリコンセラ」、関西ペイントの「シリコンテックス」、SK化研の「セラミクリーン」になるでしょう。
ほかにも、アステックペイントの「EC-2000F」、大日本塗料の「ダンディシリコンクリーン」などがあります。
メーカーの種類によって特徴が変わるので、しっかり確認しなければなりません。
また、外壁塗装を受け持っている業者でも使用している弾性塗料が異なります。
実際、確認ミスで自分が思っていた弾性塗料とは違う種類で塗り替えたと言うトラブルが起きているのです。
業者選びはもちろんのこと、外壁に使う弾性塗料の種類もきちんと確認してください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!