リフォームの見積もりをチェックするポイント、見積書の見方とは?

「リフォーム」することで、現在の住まいをライフスタイルに合わせて改善できます。
リフォームを成功するには、ポイントをつかんでおかなければなりません。
また、リフォームは手抜きしやすい工事だと言われています。
失敗しないためにもリフォームの注意点を把握しておきましょう。
これから、リフォームの見積書の見方とポイント、悪徳業者の見積もりの特徴、業者を選ぶ際のポイント・注意点について説明します。
住宅リフォームを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. リフォームの見積書の見方とポイント
  2. 悪徳業者の見積もりの特徴
  3. 業者を選ぶ際のポイント・注意点
  4. まとめ

1.リフォームの見積書の見方とポイント

見積書にはリフォームの内訳が載っています。
どの部分にいくらかかるのか明確になっているので、必ず確認しなければなりません。リフォームを失敗しないためにも、見積書の見方とポイントを押さえてください。

1‐1.明細をきちんと記入しているかどうか

リフォーム業者に見積もりを依頼すると、項目ごとに細かい数量や値段を明確にしてくれます。
しかし、「○○一式」とまとまっている見積書を提示してくる業者もあるでしょう。○○一式となっている見積書はまとまっていていいと思いがちです。
けれども、明細がわかりません。
どの部分にいくら使っているのか依頼主が把握できないのは問題外です。
数量や内訳、施工費用など明細をきちんと記入しているかどうか必ず確認してください。
できれば、見積書を受け取ったときにすぐ中を確認するのがベストです。
すぐに尋ねて正確な内訳を把握したほうが安心できます。

1‐2.チェックすべき6つの項目

基本的に、見積書には「名称」「規格」「数量」「単位」「単価」「金額」の6つの項目にそって内訳がチェックできます。
見積書は6つの項目で成り立っているため必ず確認しなければなりません。
それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。
まず、「名称」では工事の内容を記載します。
工事内容が間違っていないかどうか確認してください。
「規格」はリフォームに使う材料と設備の詳しい内容になります。
材料によって費用が変わるため重要項目ですね。「数量」は材料の数になります。
「単位」は数量の単位です。材料や業者によって単位はさまざまでしょう。
㎡やm、kg、個、本など単位の名称もきちんとチェックしてください。
「単価」は数量1あたりの金額、「金額」は数量×単価の総合額になります。

1‐3.図面と比較しながら見積もりをチェックする

見積書を家に持ち帰ってチェックする人もいるでしょう。
できれば業者と一緒に確認してください。
なぜなら、見積書には専門用語などわからない言葉がたくさん出てくるからです。
業者と一緒に確認していかなければ、理解できないまま見積書をチェックすることになります。
理解できないわからないところはすぐに尋ねて解決しましょう。
そして、担当者と一緒に図面と比較しながら話し合ってください。
図面と比較することで、工事内容や範囲を明確に確認し合えます。
実際、見積書で見た内容と仕あがりのイメージが違ったという失敗例は多いです。
図面を見れば具体的な仕あがりが見えてきます。必ず図面を見積書と一緒に用意しておいてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!