雨戸塗装の相場価格とDIYでの対応方法

雨戸の耐久性は、定期的に塗装することで大きく変わります。マイホームを長く大切に使うためにも忘れずメンテナンスをしましょう。しかし、いつどのようなタイミングで雨戸を塗装すればよいでしょうか。雨戸は、塗装方法だけしっかりおさえておけば自分で塗装するのも可能です。それでは、雨戸塗装の相場とDIYで塗装するときの手順をご紹介します。

  1. 雨戸塗装の相場価格
  2. 雨戸の塗装時期
  3. 雨戸塗装の流れ

1.雨戸塗装の相場価格

1-1.雨戸のサイズと場所によって変わる

雨戸の塗装を業者に依頼する場合、雨戸のサイズと場所によって単価は異なります。標準サイズの雨戸なら、1枚あたり2500円から4000円ほどの見積もりとなるのが普通です。塗料の種類やサイズで価格が変わるとはいえ、見積もりの単価がその範囲でおさまっているなら妥当な金額と言えるでしょう。とはいえ、雨戸は2階の窓など、高いところにもあり、塗装のためには足場が必要になります。足場をかけるだけでも、家のサイズによっては、20万円以上の費用が必要になることも少なくありません。足場を使わずに外壁塗装をおこなう業者へ依頼するなら、その点でのコスト削減が可能です。

1-2.雨戸塗装の種類

使用する塗料によっても、価格は変わるでしょう。ウレタン樹脂塗料で吹き付けをする場合は、見た目もきれいであり、DIYではできない仕上がりになります。また、水性塗料をハケで塗るなら価格は安く済みますが、ハケ塗りでのムラも多いはずです。自分で塗ったほうがずっとよい結果になりかねません。雨戸の塗装は耐久性を重視し、塗料の選択は慎重にしましょう。耐久性のある評判が高い塗料のほうが長い目で見るならコスト削減になるケースもあるのです。

1-3.雨戸は外壁と一緒に塗装する

雨戸の塗り替えは外壁の塗装と一緒に対応するのがおすすめです。雨戸の塗装では、通常足場をかける必要があるため、外壁塗装で足場をかけるときに一緒に塗装するなら費用が無駄になりません。もちろん、足場をかけない塗装方法であれば、足場の費用を浮かすことが可能です。雨戸の塗装も外壁の塗装も通常は3度の塗装工程があります。また、塗装開始前の洗浄や研磨の工程も忘れてはいけません。そのため、塗装業者は何度も同じ場所に行き、さまざまな工程を繰り返します。塗装工程としては、シーラーという下塗りをおこない、その後に2回塗料を塗るわけです。このような塗装工程を考えても、外壁と雨戸の塗装は1度におこなうのがよいでしょう。そうすれば、外壁と雨戸塗装の仕上がりの差もできず、全体にきれいな仕上がりとなります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!