外壁塗装の足場にかかる費用の相場を公開!無足場工法とは?

外壁塗装にかかる足場の相場をご存じですか?
外壁の塗り替えをする際、ほとんどの場合で足場を組まなければなりません。
最近は足場なしの「無足場工法」を行う業者が増えてきていることもあり、足場がなぜ必要なのか、費用はどのくらいなのか、気になる人も多いでしょう。
足場には「単管足場」「単管ブラケット足場」「クサビ足場」の3種類があり、それぞれ特徴や価格は異なります。

  • 足場の相場費用を知りたい
  • 種類によってどう違うのか?
  • 時間短縮のためには無足場工法がよいのか?

そんな疑問にお答えしましょう。

1.足場の種類

外壁塗装の際に使用する足場には3種類あります。
どの足場を組むかは業者によって異なるため、以前に確認しておくとよいでしょう。

1-1.単管足場について

パイプを2本組み合わせたものが単管足場です。
パイプとパイプの間で足が滑ってしまう可能性もあるため、現在はほとんど使われていません。
また、塗料缶や刷毛(はけ)を足場の上に置くことができないため、常に片手がふさがった状態になってしまうというデメリットもあるでしょう。
ただし、あらゆる建物の形状に対応できる、狭い場所にも設置できるというメリットはあります。

1-2.単管ブラケット足場について

単管に足をのせる板を、ボルトで固定した足場です。
単管足場がパイプだけなのに対して、単管ブラケット足場は足をのせる板があるため、バランスがとりやすく作業しやすいのが特徴でしょう。
ただし、ボルトを締めて組み立てるため、設置の工期が長くなってしまいます。
また、ボルトが緩まないようにしっかりと組み立てる必要があるでしょう。

1-3.クサビ足場

ハンマーを使って、ブラケットを差し込むことで組み立てていく足場です。
単管ブラケット足場に比べて、足をのせる板が幅広くなります。
ハンマーで固定して組むため、揺れも少なく作業しやすいのが特徴です。
安全度の高さや作業のしやすさを考慮するなら、クサビ足場が最も優れていると言えるでしょう。
ただし、足場を固定する際にハンマーを使用するため、音が気になるというデメリットがあります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!