外壁塗装の見積書で確認する3つのチェックポイント

マイホームのメンテナンスで外壁塗装はかかすことができません。しかし、頻繁に依頼するものではないため、相場がどのぐらいの価格なのか、見積書でどこを確認するべきか迷うこともあるでしょう。しっかり確認しないなら、相場よりも大幅に高い金額になることもあるのです。それでは、外壁塗装の見積書の見方とチェックするべき3つのポイントをご紹介します。

  1. 塗装の手順を確認しよう
  2. 塗装部分の明細を確認しよう
  3. 足場や養生をチェックしよう

1.塗装の手順を確認しよう

1-1.3度塗りが基本

外壁塗装は3度塗りが基本です。まず、シーラーと呼ばれる塗料を下塗りとして塗ります。シーラーとは、その上に塗る塗料をしっかりと塗るためのものです。外壁であっても屋根塗装でも、3度塗りは基本の塗り方であるため、見積もりに3度塗りが明記してあるか確認してください。中塗りや上塗りとかかれているのが2度目および3度目の塗装となります。内訳の見方がわからなければ、どれが下塗りで、どれが2度目および3度目の塗装分なのか率直に尋ねましょう。良心的な業者はきちんと回答してくれます。作業手順で手抜き工事にならないためにも、この点はしっかりと確認しましょう。もちろん、手抜き工事を疑う必要はありませんが、少なくとも業者はあなたが塗装をよく理解していることを知り、誠実な施工をするはずです。

1-2.塗装の種類も注意しよう

外壁塗装の見積もりでは、塗装の種類も明確にかいているはずです。塗料には種類やメーカーによって、価格に大きな違いがあるため、塗装の種類の確認は必ずしてください。塗料の種類としては、シリコン、フッ素、遮断熱、光触媒などがあります。シリコン塗料であれば、1平米単価が1,500円ほどからですが、光触媒塗料なら、1平米単価が5,000円ほどの塗料もあるのです。また、メーカーによっても価格や特徴が異なります。業者がすすめるメーカーをインターネットで検索し、評判を確認するとよいでしょう。外壁塗装は塗料の価格だけではなく、施工料や養生などの準備費用も大きいものです。ですから、塗料は安すぎるものを選ぶのではなく、耐久性のある評判が高いものを選んでください。長い目で見るなら、耐久性の高い塗料のほうが節約になります。

1-3.下処理を確認しよう

シーラーでの下塗りを開始する前に、外壁の洗浄や研磨が必要です。以前の塗料をはがす、はがれた部分を研磨するなどの処置をしなければなりません。見積書の中に、「ケレン」費用としての記載があれば、この処置のことです。この下準備は時間がかかりますが、塗装のためには決して手を抜くことなく、時間をかけて対応するべき手順となります。そのため、見積書にはしっかりとこの作業が明記してあるべきです。下処理の明記がなければ、最悪の場合、下処理をせずに塗装を開始する悪質業者である可能性もあります。見積書の記載内容からも、業者の誠実さがわかるのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!