自然塗料の特徴とは?地球環境保護とシックハウス症候群対策に効果的

環境に配慮したエコロジー住宅が注目を浴びる中、塗料にも自然由来のものを希望する方が増えています。塗料は外観を美しくするだけではなく、住宅に使われている木材を保護する目的を持っているもの。腐食・劣化・変質を予防する働きを持っています。
古くから日本では、漆や柿渋などが使用されてきたものです。しかし、耐久性・施工費用などの面から石油化学系塗料が主流になっていました。近年、石油化学系塗料より自然塗料に流れが移ってきている理由には、石油化学塗料に含まれている成分によるシックハウス症候群や化学過敏症などを心配する声が出ているからです。
住宅は、建物を維持していくために定期的な塗り替えを行うことが必要。塗り替えのタイミングで自然塗料を取り入れようか悩んでいる方は、自然塗料の良さや得られるメリットなどを知る材料にしてください。

  1. 自然塗料の特徴
  2. 自然塗料の種類
  3. 自然塗料と石油化学系塗料の比較
  4. まとめ

1.自然塗料の特徴

日本では、まだ自然塗料が普及し始めたばかりです。環境に配慮した住宅設計・住宅設備などを意識する方が増え、日本でも急速にニーズが高まっています。

1-1.ドイツからの輸入品がほとんど

現在販売されている自然塗料は、ドイツから輸入されているものがほとんど。ドイツの自然塗料に対する考え方は、揮発性有機物質と塗料の水溶化だけではありません。原料調達から使用・廃棄に至る過程までを自然に配慮しており、ライフサイクルアセスメントと呼ばれる環境負荷を総合的に判断評価する手法を取り入れています。
日本の生活も欧米化し、フローリングを使う住宅が増えた影響もあり、自然塗料への意識が高まっているのです。ドイツでは、30社ものメーカーから自然塗料が販売されています。

1-2.主な成分は? 

自然原料は、主成分となる樹脂がひまわり油・大豆油など植物性のものを使っています。食品と同じレベルの安全性が確認されたもので構成されているのが特徴です。
健康に害を与える成分を含まず、より安全により快適な住宅を求めるニーズに対応しています。従来は石油化学系塗料が主流で、木材の防汚・耐久性を維持してきていました。しかし、石油化学系塗料では、塗膜が木材の質感を失うと危惧されてきたのです。

1-3.分類

自然塗料は、大きく3つに分類されています。木材に浸透するオイル系・樹木や昆虫などを主成分とした調湿作用を持つワニス系・蜜蝋(みつろう)などを主成分としたワックス系です。
ワックス系は主成分が蜜蝋(みつろう)という食品としての安全性も高いものですが、単独で使う場合はこまめなメンテナンスを必要とします。オイル系・ワニス系の補助膜として使うことも多いタイプです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!