外壁塗装に珪藻土を使いたい。そのメリット・デメリットとは?

家を建てるときに、外壁材の種類の多さに驚かれた方も多いでしょう。
昔は一戸建ての外壁というとモルタルが主流でしたが、今はサイディングボードだけでもいろいろな種類があります。
その一方で自然素材の外壁も人気です。
そこで今回はそんな自然素材の一種珪藻土を外壁塗装に使うメリットとデメリットをご紹介します。
珪藻土は内壁にも使われることの多い壁材ですが、「自然素材の方が体によさそう」という理由だけで選ぶと後悔するケースもあるのです。
これから家を建てたり外壁を塗り替えたりする計画がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. 珪藻土とは?
  2. 珪藻土外壁のメリット・デメリットとは?
  3. 珪藻土を使った外壁塗装が向いている家とは?
  4. 珪藻土を外壁塗装に使いたい場合は?
  5. おわりに

1.珪藻土とは?

珪藻土とは、珪藻という植物性プランクトンの一種の死骸が化石化したものが水底に堆積し、泥土化したものです。
湖や海の底から取れるもので、昔から耐火れんがや火鉢などに加工されたり、脱臭剤や吸着剤として利用されてきたりしました。
珪藻土は元々が植物の死骸ですから、水分や酸素を通す穴が無数に開いています。
これが、珪藻土の大きな特徴です。
珪藻土はその穴を通して湿気を吸収したりはき出したりします。
「呼吸をする壁」という言葉を聞いたことはありませんか?
珪藻土は、乾燥しているときにためこんだ湿気をはき出し、湿度が高いときに再び湿気を吸収します。
このサイクルが、呼吸に例えられているのです。
また、吸収するのは湿気だけではありません。
臭いや音も湿気と同じように無数に開いた穴から吸収して中に閉じこめてしまうのです。
ですから、昔はビールやワインをろ過するのに珪藻土が使われていました。
つまり、天然の加湿器、脱臭剤、防音壁なのです。
また、珪藻土は天然素材ですからシックハウス症候群などになることもありません。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!