ナノテク塗料の特徴とは?ナノテクノロジーを駆使した防汚性に注目

マイホームのメンテナンスはされていますか?外壁は紫外線にさらされ、雨や風による劣化が進行しやすい場所。屋根も同様です。
定期的なメンテナンスは、家が長くきれいな状態にするために必要なこと。費用はかかっても、維持するためには大切です。家を覆っている塗料の膜は、1mmに満たない薄いもの。塗膜には耐用年数があるため、経年劣化で次第に剥(は)げてしまいます。塗り替えせずに放置しておくと、建物自体の劣化にも発展してしまうのでメンテナンスが必要なのです。
塗り替え時にはさまざまな塗料から選ぶことになりますが、最近では機能性塗料が注目を集めています。ナノテク塗料という言葉をご存じですか?最新テクノロジーを駆使した次世代塗料の1つ。今回は、ナノテク塗料がどのようなものかご紹介します。塗料選びの参考にしてみてください。

  1. ナノテク塗料の特徴
  2. 塗り替えの目安
  3. ナノテク塗料のメリット
  4. ナノテク塗料のデメリット
  5. まとめ

1.ナノテク塗料の特徴

ナノテク塗料は、ナノテクノロジーを駆使した最新技術によって生まれた塗料です。塗料の樹脂量を最小限まで低減したもの。ほかの塗料に比べ、防汚性に優れています。外壁は汚れが付着しやすいのですが、ナノテク塗料を塗装することで雨で汚れが流れ落ち、掃除の手間がかからないとされているのです。セルフクリーニングとも呼ぶべき、高機能性で注目されています。
ナノテク塗料は水性塗料です。ナノレベルの超微粒子から構成され、ほかの塗料より環境に配慮した生産工程であり、エコ塗料でもあります。ナノレベルの超微粒子は、外壁に塗装された後に均一に分散。ガラスのような滑らかな塗膜になり、汚れが侵入しにくく落ちやすい膜になるのです。
ナノテク塗料の代表として、水谷ペイントから販売されているナノコンポジットW。ナノコンポジットWは、科学技術振興機関から高い技術を評価されたものだけに与えられる井上春成賞を受賞しています。科学技術発展に貢献している証しです。
ナノコンポジットWは、二酸化炭素抑制による地球温暖化防止にも効果的。地球や環境に配慮した最新技術を用いた塗料です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!