下塗り塗料の役割や種類について~外壁塗装を成功させるポイント~

外壁塗装の基本は、下塗り・中塗り・上塗りの3段階です。塗料の効果や性質によっては中塗り・上塗りの2段階で完了するケースもあります。
特に、1番最初にする下塗り塗料は“下地処理”も入っているので大切です。
そこで、下塗り塗料の役割や種類、下塗りをする際の注意点について詳しく説明します。
自分で外壁塗装を考えている人や外壁塗装を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 下塗り塗料の役割
  2. 下塗り塗料の種類
  3. 下塗りをする際の注意点
  4. まとめ

1.下塗り塗料の役割

下地処理にもなる「下塗り塗料」は外壁塗装においてとても大切な作業です。
下塗りをきちんとするかしないかで、外壁の仕上がりが大きく変わってきます。
外壁塗装で失敗しないためにも、下塗り塗料の役割をきちんと把握しておきましょう。

1‐1.“下地”との接着効果を高める

下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りにはそれぞれ役割を持っています。
最初にほどこす下塗りは、“下地処理”の役割もあるので大切です。
主に、下塗り塗料の役割は「下地との接着効果を高める」ことにあります。
外壁塗装はいきなり塗料を外壁に塗るわけではありません。
まずは、下地調整をすることが大切です。下地調整では外壁の表面についている汚れを落とす水洗い、掃除から始まります。
そして、ひび割れや欠損の状態を確認して修正するのです。
下地調整は塗装の寿命にも関係するほど大切なポイントになります。
よって、使用する下塗り塗料は外壁の状態をしっかり確認しなければなりません。

1‐2.外壁の機能を高める

外壁塗装の下塗りは、下地の接着効果を高める役割だけではありません。
接着効果はもちろんのこと、“外壁の機能を高める”役割を担っています。
外壁塗料には種類によってさまざまな効果・性質があるものです。
自分にとって理想的な外壁にするには、性質や特徴を把握する必要があります。
実は、下塗り塗料には外壁に効果をプラスしてくれるのです。
たとえば、防錆力(ぼうせいりょく)をプラスする、外壁の強度を高めるなどさまざまな効果が期待できます。
使用する外壁塗装に効果をプラスしたいときは、下塗り塗料に注目すると良いでしょう。
長持ちできる外壁に仕上げるためにも、下塗り塗料の選び方が重要です。

1‐3.塗料の吸いこみを止める

下塗り塗料の種類によって効果は異なりますが、“塗料の吸いこみを防ぐ”役割を担っています。
基本的に、傷んでいる外壁の塗装面は塗料を吸いこんでしまうものです。
せっかく表面をキレイに塗装しても塗料が吸いこむため、キレイな仕上がりにはなりません。密着性が悪く、耐久性も落ちてしまうでしょう。
たとえ、良い塗料を使ったとしても下塗り塗料によっては初期不良でトラブルになります。
そこで、下塗り塗料の登場です。
下塗り塗料には、塗料の吸いこみを防ぐ役割があるためキレイな仕上がりになります。
しかし、傷み具合がひどい場合は2回塗らなければなりません。
以上のように、外壁の状態によって下塗り塗料の使い方が異なります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!