外壁塗装の手抜き工事を見分けるポイントとは?失敗しないための知識

外壁塗装は手抜きしやすい工事だと言われています。
専門知識を持っている人でないとなかなか見極めることができません。
そこで、これから手抜き工事の見わけ方や工事中にチェックしておきたいポイント、外壁塗装業者の選び方、について詳しく説明します。
手口は非常に巧妙なので、手抜き工事をしていないかどうかチェックしていきましょう。
特に、外壁塗装を格安業者に依頼した人は要注意です。

  1. 手抜き工事の見わけ方
  2. 工事中にチェックしておきたいポイント
  3. 外壁塗装業者の選び方
  4. まとめ

1.手抜き工事の見わけ方

外壁塗装について知らない人は手抜き工事を見わけることができません。
しかし、ある程度知識を身につけておけば見極める力が持てるでしょう。
もし、変だなと思ったときはすぐに業者へ尋ねてみてください。

1‐1.下地処理の手抜きに要注意

外壁塗装において「下地処理」は大切なポイントです。
下地処理をきちんとするかどうかで外壁の仕上がりが大きく変わってきます。
そもそも、下地処理とは外壁にあるヒビ割れや欠損部分を補修する作業のことです。
ヒビ割れが大きい場合はシーリング材を利用しなければなりません。
きちんとヒビ割れを補修してから塗装をするのが基本です。
補修工事をしていない状態だと、再び外壁がヒビ割れしてしまいます。
悪徳業者は下地処理をしているフリを見せながら準備をしていません。
シリコンやシーリング材、樹脂モルタルなど素地(そじ)を修復する準備をしていない業者は手抜きでしょう。
肌調整をしているかどうか、確認が必要になります。
外壁塗装の中でも下地処理の手抜きは要注意です。

1‐2.きちんと説明してくれるかどうか

手抜き工事の見わけ方は、「業者の説明」を確認すればわかります。
外壁塗装の材料に詳しくない限り、手抜き工事かどうか判断できないでしょう。
初心者でもわかりやすい方法が、「外壁塗装についての説明」です。
基本的に、優良業者は外壁塗装を始める前に工事の流れを説明してくれます。
事前に外壁の状態を細かく調査するでしょう。
しっかり調査してくれない業者には注意しなければなりません。
手抜き工事をする可能性が高いです。
さらに、手抜き工事をする業者は各施工の工程について詳しく説明してくれません。
一方、優良業者は下地補修の様子など実際の写真を見せながら説明してくれます。
疑問に思ったことを訪ねても答えてくれない業者は危険です。

1‐3.基本は1日1工程

外壁塗装の範囲にもよりますが、基本1日で工事は終わりません。
なぜなら、キレイで丈夫な外壁に仕上げるには、ひとつずつ工程をクリアしていかなければならないからです。
まず、高圧洗浄で外壁についた汚れを洗い流し、下地処理をほどこしていきます。
下地処理の後は養生にある程度の時間が必要です。
しっかり養生ができた後に塗料を塗っていき、数回重ねていきます。
悪質な手口で外壁塗装をする業者は、できるだけ早く終わるように工事をするでしょう。3回塗りをしていかなければならない塗装塗りを1回にするなど、非常に悪質です。外壁塗装において、1日1工程が基本になります。
1日に1工程以上する業者は手抜きをしていると思ってください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!