外壁塗装の手抜き工事を見分けるポイントとは?失敗しないための知識

外壁塗装は手抜きしやすい工事だと言われています。
専門知識を持っている人でないとなかなか見極めることができません。
そこで、これから手抜き工事の見わけ方や工事中にチェックしておきたいポイント、外壁塗装業者の選び方、について詳しく説明します。
手口は非常に巧妙なので、手抜き工事をしていないかどうかチェックしていきましょう。
特に、外壁塗装を格安業者に依頼した人は要注意です。

  1. 手抜き工事の見わけ方
  2. 工事中にチェックしておきたいポイント
  3. 外壁塗装業者の選び方
  4. まとめ

1.手抜き工事の見わけ方

外壁塗装について知らない人は手抜き工事を見わけることができません。
しかし、ある程度知識を身につけておけば見極める力が持てるでしょう。
もし、変だなと思ったときはすぐに業者へ尋ねてみてください。

1‐1.下地処理の手抜きに要注意

外壁塗装において「下地処理」は大切なポイントです。
下地処理をきちんとするかどうかで外壁の仕上がりが大きく変わってきます。
そもそも、下地処理とは外壁にあるヒビ割れや欠損部分を補修する作業のことです。
ヒビ割れが大きい場合はシーリング材を利用しなければなりません。
きちんとヒビ割れを補修してから塗装をするのが基本です。
補修工事をしていない状態だと、再び外壁がヒビ割れしてしまいます。
悪徳業者は下地処理をしているフリを見せながら準備をしていません。
シリコンやシーリング材、樹脂モルタルなど素地(そじ)を修復する準備をしていない業者は手抜きでしょう。
肌調整をしているかどうか、確認が必要になります。
外壁塗装の中でも下地処理の手抜きは要注意です。

1‐2.きちんと説明してくれるかどうか

手抜き工事の見わけ方は、「業者の説明」を確認すればわかります。
外壁塗装の材料に詳しくない限り、手抜き工事かどうか判断できないでしょう。
初心者でもわかりやすい方法が、「外壁塗装についての説明」です。
基本的に、優良業者は外壁塗装を始める前に工事の流れを説明してくれます。
事前に外壁の状態を細かく調査するでしょう。
しっかり調査してくれない業者には注意しなければなりません。
手抜き工事をする可能性が高いです。
さらに、手抜き工事をする業者は各施工の工程について詳しく説明してくれません。
一方、優良業者は下地補修の様子など実際の写真を見せながら説明してくれます。
疑問に思ったことを訪ねても答えてくれない業者は危険です。

1‐3.基本は1日1工程

外壁塗装の範囲にもよりますが、基本1日で工事は終わりません。
なぜなら、キレイで丈夫な外壁に仕上げるには、ひとつずつ工程をクリアしていかなければならないからです。
まず、高圧洗浄で外壁についた汚れを洗い流し、下地処理をほどこしていきます。
下地処理の後は養生にある程度の時間が必要です。
しっかり養生ができた後に塗料を塗っていき、数回重ねていきます。
悪質な手口で外壁塗装をする業者は、できるだけ早く終わるように工事をするでしょう。3回塗りをしていかなければならない塗装塗りを1回にするなど、非常に悪質です。外壁塗装において、1日1工程が基本になります。
1日に1工程以上する業者は手抜きをしていると思ってください。

2.工事中にチェックしておきたいポイント

2‐1.養生のビニールシートをチェック

外壁塗装は業者にすべて任せてはいけません。
工事中もきちんと自分の目でチェックしてください。ぜひチェックしてほしいのが、「養生」です。
外壁塗装では下地処理と同じく大切な工程になります。
しっかり養生をしておかなければ、キレイな外壁塗装にはなりません。
素人でもわかる丁寧な養生は、ビニールシートの貼り方です。
丁寧に養生してくれる業者は作業が非常にキレイで、ビニールシートをまっすぐに貼っています。
しかし、手抜き工事は直線に貼っていません。シートがガタガタになっているため、隙間から雨や汚れが入ってしまいます。
養生をきちんとしているかどうかで手抜き工事かわかるでしょう。
時間があるときは外壁をチェックしてください。

2‐2.準備している塗料をチェック

工事中にチェックしておきたいポイントは「準備している塗料」です。
業者によって取り扱っている塗料は異なります。
塗料は外壁の仕上がりに大切なものです。
塗料の種類によって見た目や性能も変わってくるので注意しなければなりません。
手抜き工事が判断するためにも、業者が準備している塗料をチェックしてください。
非常に悪質な業者は、依頼した塗料とは違う種類を使っているケースもあります。
できるだけ費用を抑え、利益を高くしようと勝手に変更しているのです。
自分が選択した塗料を使っていないとなれば、とてもショックを受けます。塗り直すためのお金も必要です。
できれば、塗料が始まる前にきちんと正しい塗料を準備しているかどうか確認してください。
事前に使用する塗料の種類や特徴を聞いておくといいでしょう。

3.外壁塗装業者の選び方

3‐1.安い費用でも充実したサービス内容

安い費用で外壁塗装をする業者=悪質と思うでしょう。
しかし、安い費用でもサービス内容が充実している優良業者はあります。
手抜き工事をする業者に引っかかるのは、結局工事の半分が完了したときです。
いつの間にか手抜き工事していたケースが多いので注意しなければなりません。
悪質な手口に引っかからない最も効果的な方法は、業者選びです。
安い費用でもサービス内容が充実している業者に依頼しましょう。
たとえば、外壁塗装が困難な場所でも工事ができる無足場などさまざまなサービスがあります。
業者へ依頼する前に、見積もりだけでなくサービス内容も確認しなければなりません。

3‐2.工程について詳しく説明してくれる

手抜き工事の見わけ方でも説明しましたが、業者の対応も要チェックです。
外壁塗装の工程についてより詳しく説明してくれる業者は安心できるでしょう。
悪質な業者は早く契約したい気持ちでいっぱいになっています。
よって、契約を迫ろうと説明をはぶく傾向があるのです。
依頼主が質問する余裕がないほど、迫ってくる場合もあるので流されないように注意してください。
「まあいいや」と中途半端な気持ちでの契約は非常に危険です。
しっかり外壁塗装の工程を確認して、疑問に思う点があれば説明の時点で解決してください。
優良業者か、それとも悪徳業者か見極めるには、さまざまな業者を比較するといいでしょう。
最低でも3社~4社の業者を比較して、信用できるところを選んでください。
また、工程内容だけでなく外壁塗装にかかる「時間」の確認も大切です。

4.まとめ

手抜き工事の見わけ方や工事中にチェックしておきたいポイント、外壁塗装業者の選び方について説明しました。いかがでしたでしょうか。
格安業者に依頼した人は、手抜き工事をしているかどうか自分の目で確認してください。
不安な気持ちのまま工事をすすめると失敗してしまいます。
自分の目でチェックするとき、疑問を感じたならすぐに業者へ問い合わせましょう。
放置すればするほど工事がすすみ、取り返しのつかないところまできてしまいます。
ある程度知識を持っておけば手抜き工事かどうか見わけることができるので安心してください。
業者が工事している様子をしっかり確認して、丁寧に説明してくれるかどうか見極めましょう。
質問しても答えてくれない場合は手抜き工事の可能性が高いです。
外壁塗装に失敗しないためにも知識は必要になります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!