セラミック塗料の特徴 ~メリットとデメリットについて~

塗料材料のひとつであるセラミック塗料。このセラミック塗料についてメリットやデメリット、特徴を知っているでしょうか。セラミック塗料には、ほかの塗料にはない性質があります。
この記事では、セラミック塗料のメリット・デメリットについてまとめました。

  1. セラミック塗料とは
  2. セラミック塗料のメリット
  3. セラミック塗料のデメリット
  4. まとめ

1.セラミック塗料とは

今ではよく使われるようになっているセラミック塗料。そのセラミック塗料について知っておきましょう。

1-1.セラミック塗料の特徴

セラミックとは、もともと陶磁器全般を指す意味の言葉です。もっと言えば砂や砂利など大粒のものから微粒のパウダー状の砂まで含みます。全体として無機物のことを指すと思いましょう。瀬戸物皿など高温で焼き固めた個体をセラミックスとも言うのです。
セラミックには耐熱性や耐久性、耐候性に優れているなど外壁塗料として優秀な素材となっています。

1-2.セラミック塗料の定義

耐熱性や耐久性、耐候性に優れているセラミック塗料。この塗料は「セラミックス塗料」や「セラミシリコン」などさまざまな名称があります。
ですが、このセラミック塗料にセラミック100%の塗料はありません。現在のセラミック塗料は、塗料にセラミックの成分が含まれているだけです。
外壁塗装を行う業者やメーカーの中には「わが社のセラミック塗料は100%なので使ってください」と高額な見積もりを出すところもあります。しかし、そんなことはあり得ません。
また、セラミック塗料は一般塗料の約1.5倍の値段が掛かります。ですが、ちょっとしかセラミックを含んでいないのに通常のセラミック塗料よりも高額な値段を取る業者がいるものです。きちんと調べてから使用するようにしましょう。

1-3.セラミックが含まれる塗料

各塗料メーカーが販売しているセラミック塗料は、セラミックの成分によって親水性に優れています。また、水によって汚れが落ちるので外壁が清潔に保たれるのです。乾燥していく過程によってセラミック成分が塗膜表面に浮き上がることも影響しています。
セラミック塗料は、今では以下のようなものが出ているのを知っておきましょう。

  • ファイン4Fセラミック(日本ペイント)
  • セラミシリコン・セラミクリーン(エスケー化研)
  • アレスアクアセラフッソ(関西ペイント)

1-4.特殊セラミックが配合してある塗料

セラミック塗料の中でもガイナ(日進産業)は、特殊なセラミック塗料です。このガイナ塗料は、親水性プラス断熱・遮熱効果があります。親水性だけでなく断熱や遮熱効果によって熱から守る効果まで備えているのです。
また、アドグリーンコート(日本中央研究所)は、特殊な真珠無孔質セラミックで親水性と遮熱効果があります。
このような効果だけでなく、天然石を塗料に配合した天然石調の風合いに仕上げる塗料です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!