エマルションペイントの特徴や種類、メリット・デメリットについて

1.エマルションペイントの特徴

「EP」と呼ぶエマルションペイントは、外壁・内装で利用している塗料の基本です。
エマルションの形をとっている外壁・内装塗料が多く、さまざまなところで活躍しています。
一体どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

1‐1.エマルションペイントとは?

「エマルションペイント」はなかなか聞かない言葉ですが、外壁塗料においては必要不可欠なものになります。
エマルションは「乳液」という意味です。
乳液は溶液中に溶液がとけず、混ざっている状態のことを指しています。混ざり合わない液体が微細粒子の状態になっているのです。
よって、液体中で均一に分散して乳化します。
また、均質化しているからこそ、キレイな外観に仕上げることができるのでしょう。
一般的に、エマルションペイントと言えば「水性エマルション塗料」を指します。
さらに詳しく言えば、合成樹脂エマルションペイントと言うでしょう。
合成樹脂エマルションペイント=エマルションペイントと思ってください。
健康や環境へ悪影響をもたらさない塗料の1つになります。

1‐2.水で薄めることができる水溶性

エマルションペイントの特徴は、水で薄めることができる「水溶性」です。
水の中に微細の樹脂が混ざっているため、塗装後は水が蒸発します。
蒸発後、塗料が硬くなるでしょう。
または、水が蒸発することで空気中にある酸素と反応します。反応によって強い硬さになるケースもあるのです。
しかし、エマルションペイントの中には有機溶剤の中に樹脂が混ざっている「溶剤系」もあります。
溶剤系は水が蒸発するのではなく、溶剤が蒸発することで硬くなるでしょう。
また、溶剤系と水溶性によって価格も異なります。
水溶性は溶剤系より安いのが特徴的です。安い値段で外壁塗装ができるため、溶剤系よりも水溶性を選ぶ人は多いでしょう。
ほかの特徴としては、塗りやすく、ローラー・刷毛(はけ)でも簡単に塗装ができます。

1‐3.外壁塗装に必要な「耐水性」や「塗膜性能」

外壁塗装をする際、耐水性や塗膜性能に注目するでしょう。
せっかく塗り替えたとしても塗料の性能が発揮しなければ意味がありません。
外壁塗料によって特徴も異なるので要注意です。
気になるエマルションペイントの耐水性・塗膜性能は、溶剤系と比べると少し劣ります。
性能面ではあまり変わりませんが、どちらかと言えば溶剤系のほうが少し性能が高くなるでしょう。
水溶性のエマルションペイントは少し接着力が弱い傾向があります。
後ほど、エマルションペイントのメリット・デメリットについても説明するのでぜひチェックしてください。

エマルションペイントは水溶性の塗料なんですね。
健康や環境への悪影響が少ないのは魅力でしょう。

2.エマルションペイントの種類

2‐1.「水性エマルション塗料」と「溶剤系エマルション塗料」

エマルションペイントと言えば、一般的に「水性エマルション塗料」になります。
しかし、詳しい種類を見てみると「水性エマルション塗料」と「溶剤系エマルション塗料」の2種にわかれるでしょう。
水性エマルション塗料の主成分は、油と樹脂・水になります。
主成分は油ですが、水で分散した樹脂が入っているのです。
ほとんどは水の中に樹脂が分散している状態になっているでしょう。
一方、もう1つの「溶剤系エマルション塗料」は主成分が油であることは同じです。
けれども、樹脂が水ではなく“有機溶剤”で分散しています。
有機溶剤か、それとも水かで種類が変わってくるのです。
一般的に、エマルションペイントは水で分散します。
中には有機溶剤で分散しているものもあることを知っておいてください。

2‐2.アクリル系エマルションペイント(AEP)

主な種類は水性エマルション塗料と溶剤系エマルション塗料になりますが、もう1つあります。
「アクリル系エマルションペイント(AEP)」です。
アクリル系エマルションペイントは、色づけが簡単にできる特徴を持っています。
外壁に色をつけたい場合はアクリル系がおすすめです。
さらに、塗料が低温になっていても造膜性が非常に良い点も特徴になります。
一般的な塗料には柔軟性・加工性を加えるために添加物が入っているでしょう。
しかし、造膜性によって添加物がなくても皮膜形成ができるのです。
以上のように種類によって特徴・性能が異なるのでしっかり確認しておきましょう。

溶剤系エマルション塗料にアクリル系エマルションペイントなんていうのもあるんですね。
それぞれ特徴・性能が異なるのでしっかり確認しておくようにしましょう。
工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!