外壁塗装には必要不可欠!「下地処理」の重要性や内容について

私たちの生活基盤になる「家」は大切な場所です。
安心して生活するには、環境を整えなければなりません。
特に、“外壁”は時が経過すればするほど劣化が目立ちます。
家全体の耐久にも関係するので定期的な塗り替えが必要です。
そこで、外壁塗装に関する下地処理について説明します。
下地処置の重要性や詳しい内容、下地処理にかかる費用・注意点など一緒に確認していきましょう。
壁にひび(クラック)ができている家、修理や補修が必要だと感じている人はぜひ参考にしてください。

  1. 下地処理の重要性
  2. 下地処理の内容
  3. 下地処理にかかる費用と注意点
  4. まとめ

1.下地処理の重要性

外壁塗装でよく聞く「下地処理」とは、一体何の役割を持っているのでしょうか。
家の耐久性を高めるためにも、下地処理の重要性を把握しておかなければなりません。これから、必要になるケースや下地処理のメリットなど詳しく説明しましょう。

1‐1.下地処理の役割とは

外壁塗装にはさまざまな種類があります。
種類によってはひびやクラック、サビが発生しやすいタイプもあるので注意が必要です。
上手に下地処理をするには、あらかじめ外壁塗装の種類を把握しておきましょう。
外壁塗装をする際によく聞く「下地処理」とは、簡単に説明すると“素地(そじ)を強化・補修するための作業”です。
そもそも、下地は素地(そじ)や素地のうえに張っている「旧塗膜」のことを指しています。旧塗膜を保護するための役割を下地処理が担っているのです。
つまり、外壁塗装をより強くするための施工だと思っておいてください。
さらに、下地処理の役割は“防水・耐久性”を高めるために必要な工程でもあります。
外壁の劣化は家全体を弱くする原因の1つです。
よって、下地処理をして耐久性を高める家庭が増えています。

1‐2.下地処理が必要になるケースとは

基本的に、下地処理は外壁塗装に必要な工程です。
ほとんどの外壁塗装に使用しているので、下地処理をきちんとしなければ外壁がすぐに崩れてしまうでしょう。
特に、ひどいひびやクラックが入っている場合はシーリング・コーキングが必要になります。
ひびが入っている部分を埋めるのに必要なのがシーリング・コーキングです。
しっかり埋めておかなければ、再びひびが入ってしまうでしょう。
そして、ひび・クラックから雨もりが発生しやすくなります。
下地処理をする場合、下地の種類や外壁の状態によって方法が異なるものです。
下地処理に詳しい業者と話し合い、適切な方法で下地処理をしていきましょう。
方法によっては、下地処理・外壁塗装の仕上がりに不満が残ってしまいます。
不満の残らない工程をするためにも、事前の打ち合わせや外壁調査が必要です。

1‐3.下地処理のメリットとは

外壁塗装に必要不可欠な「下地処理」にはいくつかメリットがあります。
先ほど、下地処理はほとんどの外壁塗装に必要だと説明しました。
下地処理のメリットは、耐久性や外観の美しさへの向上に関係しています。
また、外壁塗料が持っている機能を十分に発揮するためのアイテムにもなるのです。
下地処理をしっかりしているかどうかで、塗料の効果は変わってきます。
外壁塗装後に起きたトラブルも未然に防ぐことができるでしょう。
よくありがちなトラブルが、ひびやサビの再発です。
せっかくお金をかけて塗り直したのにすぐ再発すると意味がありません。
下地処理をしないまま塗り重ねていくと、逆効果です。さらに、外壁の劣化、家の耐久性が低くなるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!