外壁塗装で臭いが気になる方へ! シンナー中毒の危険性と予防法!

外壁塗装を考えている方、あるいはすでに外壁塗装を行った方。外壁塗装で気になることといえば、シンナーの臭いではないでしょうか。小さなお子さんや妊婦を抱えている家庭では、子供への影響も考えて特に気になるはず。

そこで、今回は塗料に含まれるシンナーが体に及ぼす影響について中心にご紹介していきます。

  1. シンナーとは?
  2. シンナーの種類について
  3. シンナーは体にどんな影響があるの?
  4. シンナー中毒の対処法と予防法

1.シンナーとは?

1-1.シンナーとは?

外壁塗装で使われる塗料の多くは高い粘度を持っています。そのままの状態で塗るとムラができたり、うまく乾燥しなかったりするのです。

そこで、塗料の濃度を薄めて塗りやすくする目的で使われるのが『シンナー』。一部では『薄め液』とも呼ばれています。ちなみに、thinner(シンナー)の『thin』は英語で『薄める』という意味です。

独特の臭いを発するのが特徴。どのような臭いかは、フェルトペンの先を嗅いでもらえば分かるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!