無機塗料の特徴とは?どんなメリット・デメリットがあるの?

外壁塗料は家の印象を大きく左右するだけでなく、断熱効果や防水効果があります。
外壁塗料がなければ、雨風にさらされた外壁はすぐにいたんでしまうでしょう。
そこで、今回は外壁塗料の一種である無機塗料の特徴についてご紹介します。
外壁塗料は定期的に塗り替えが必要です。
塗り替えの時期は塗料によって違いますが、無機塗料はどのくらいの間持つのでしょうか?
答えは、この記事を読んでいただければ分かります。
これから外壁塗装の塗り替えを計画している方や家を新築する方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 無機塗料とは?
  2. 無機塗料のメリット・デメリットとは?
  3. 職人の腕も大切
  4. 外壁塗装を依頼する業者の選び方
  5. おわりに

1.無機塗料とは?

無機塗料とは、鉱物を主原料として炭素元素(C)を含んでいない塗料を指します。
これに対し、炭素元素を含む塗料を有機塗料というのです。
もう少し具体的に説明しましょう。
身の回りにある無機物というと水や空気、ガラスや陶器、鉱物があります。
水や空気を除くと燃えにくく劣化しにくいです。
無機塗料も同じ。
樹脂やアクリルなどを原料とした有機塗料よりも燃えにくく、劣化しにくいです。
特に、紫外線に強いのが無機塗料の大きな強みでしょう。
紫外線は太陽に含まれていますから、屋外にあるものはどうしても影響を受けます。
たとえば、プラスチック製品を日なたに出しておくとあっという間に劣化してもろくなってしまうでしょう。
プラスチックの原料の石油にも炭素原子が含まれているので、紫外線に弱いのですね。
塗料も同じ。
雨風でけでなく日光でも劣化するので、日差しが強い地域は、台風がよく発生する地域よりも塗料が劣化しやすいこともあります。
無機塗料にすると1.5倍程度塗料の寿命が延びることもあるのです。
なお、無機塗料といってもいろいろな種類があります。
一般的に、炭素原子が少ないほど高級な無機塗料になるのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!