外壁に使うシーリング材の種類とは?使い方とともにご紹介します。

4.専門の業者に依頼した方がよいケースとは?

シーリング材は継ぎ目だけでなく、外壁の内部にまでそそがれています。
ですが、時間とともに劣化して効果が薄れてくるでしょう。
ですから、最悪の場合は外壁材のサイディングが落下する恐れもあります。
また、ビルの外壁は化粧タイルなどでおおわれていることも多いでしょう。
この化粧タイルをとめているのもシーリング材です。
化粧タイルはサイディングに比べると1枚1枚の面積が小さいでしょう。
ですから、シーリング材が劣化してくると、タイルがはがれてくることもあるのです。
高さのあるビルの場合、小さいタイルとはいえ通行人に当たればけがをすることもあります。
ですから、劣化した面積が広ければ、専門の業者に頼んで大掛かりな補修をしてもらった方がよいでしょう。
業者が使うシーリング材は、ホームセンターなどで売られているものよりも扱いが難しい分強力です。
ですから、一度補修すれば数年は持ちます。
素人の補修では限界がありますから、劣化が目立ってきたら業者に依頼したほうがよいでしょう。

5.専門業者による補修の方法とは?

では最後に、専門業者による修理の方法をご紹介します。
シーリング材の劣化の状態を見て、修理方法を相談しましょう。

5-1.隙間からシーリング材を注入する方法

壁にいくつか穴をあけて、そこからシーリング材を注入する方法です。
あけた穴は後からふさぎますから、それほど目立つことはありません。
また、サイディングのつなぎ目からシーリング材を注入する方法もあります。
これは、外壁材をはがすことがありませんから、工期も短く料金も安くすむでしょう。
しかし、その代わり劣化が激しい場合は使えない方法です。

5-2.一度外壁材を撤去する方法

外壁材は、外壁の上に薄い素材を張り付けたものが一般的です。
ですから、シーリング材が劣化して内部に雨風が侵入してきた場合は、一度外壁材を撤去して外壁を補給してから、改めて張り直すという方法もあります。
こちらは、一度外壁を一部壊すわけですから、工期も長く費用もかかるでしょう。
しかし、補修をしっかりとすれば家の寿命はぐんと伸びることが多いです。
また、これを機に外壁材を変えるというケースもあります。
さらに、外壁がしっかりしている場合は外壁材の上にもう1枚外壁材を張り付ける方法もあるのです。
この方法ですと、外壁材をはがす手間が省ける分工期や費用を短縮できます。
しかし、外壁そのものが劣化して弱くなっている場合は、外壁材の重さに耐えられないこともあるでしょう。
さらに、重くなった分耐震強度に不安が出る場合もあります。
ですから、外壁材を2重にする場合は工務店とよく相談をしてください。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回はシーリング材の種類や用途、さらに使い方などをご紹介しました。
今は、DIYで家をリフォームしたり修理をしたりすることが、人気です。
確かに、費用も安上がりですし自分好みに作ることもできるでしょう。
しかし、家は素人の手には負えないこともあるのです。
特に、外壁はしっかりと工事をしないとすぐにまた雨風が侵入してくるでしょう。
外壁が雨風で劣化すると、壁から雨漏りをすることもあるのです。
壁からの雨漏りは屋根からの雨漏りと違って、じわじわと時間をかけてしみ出してきます。
ですから、しみ出してきたときには外壁がすっかり湿気でいたんでしまっていることも多いでしょう。
シーリング材の補強はDIYの中では簡単な部類です。
ホームセンターに行けばいろいろなシーリング材も手に入るでしょう。
しかし、劣化の範囲が広い場合は無理をせずに、専門の業者の工事を依頼してください。
その方がきれいに仕上がりますし、長持ちもするでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!