フッ素塗料とはどのようなもの?特徴やメリットとは?

家は、建てて終わりというわけではありません。
定期的にメンテナンスが必要です。
特に、外壁塗装は家の壁を守る大切な役割を担って(になって)いるため、塗り直しは欠かせません。
そこで、今回は外壁塗装に使われるフッ素塗料の特徴についてご紹介します。ほかの塗料とどのような違いがあるのでしょうか?また、メリットやデメリットもご説明します。
これから家を建てるという方だけでなく、外壁塗装の塗り直しを考えている方もぜひこの記事を読んで参考にしてください。

  1. フッ素塗料とは?
  2. フッ素塗料のメリットとデメリットとは?
  3. フッ素塗料を格安で塗れるのか?
  4. フッ素塗料の使用がお勧めのケースとは?
  5. おわりに

1.フッ素塗料とは?

フッ素塗料とは外壁塗装に使われる塗料の一種です。
外壁に塗られる塗料は、普通のペンキではありません。
実は、外壁はそのままでは耐水性や断熱性が低いのです。
塗料を塗ることによってはじめて耐水性や断熱性が生まれ、家がより住みやすくなります。
つまり、塗料がはがれてしまえば見た目が悪くなるばかりでなく、外壁そのものもいたんでしまうでしょう。
ですから、定期的に塗り替えが必要なのです。
外壁塗装に使われる塗料には、アクリル、ウレタン、シリコンなどがありますがフッ素塗料はロケットのがいそうにも使われる塗料。
ですから、耐寒、耐熱もよく耐久性も高いのが特徴です。
その分値段も高価なので、一般住宅よりも大規模な商業施設や高層ビルなどで使われることが多いでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!