そろそろ塗り替えかな?と思ったら。知っておきたい塗装仕上げの基礎

雨や紫外線からわが家を守ってくれる塗装。新築から10年くらいたつと、そろそろ外壁の塗り替えを検討するころでしょう。ひと言で外壁塗装といっても、仕上げ方や施工法は違います。知っておくと、お住まいの壁を、どういうふうに塗り替えればいかもわかってくるはずです。塗装仕上げの種類と特徴を紹介します。外壁リフォームの参考にしてください。

  1. 塗装仕上げの種類
  2. メリットとデメリット
  3. 塗料の選び方
  4. 塗り替えのタイミング
  5. 足場を架けずに外壁塗装をしませんか?
  6. まとめ

1.塗装仕上げの種類

塗装は、半永久ではありません。塗料によって異なりますが、寿命は数年から10数年。定期的に塗り替える必要があります。外壁塗装で知らなければならない点に、外壁の仕上げの種類。主なものは以下のとおりです。

1-1.リシン塗装

昔からある塗装仕上げで、今でも新築やリフォームで多く使われています。アクリル顔料塗料のリシンに砂状の骨材を混入し、ガンで外壁に吹き付ける外壁塗装です。基本的には、壁に塗料を吹き付けただけなので、防水力はそれほどではありません。でも、通気・透湿は高い仕上げです。一般的な耐久性は8年ほど。塗装仕上げの中で一番安価な仕上げです。

1-2.スキン(セラミック)塗装

石の集合体の塗装方法で、アクリル塗料を糊(のり)として吹き付けている塗装です。セラミック塗装ともいわれます。リシン塗装に比べて、表面に石と石の隙間ができて、通気性がいいとよい塗装です。アクリル塗料がベースですが、メーカーによりシリコン成分も配合しているものも。費用は、リシンより高くなります。耐久性は10~12年くらい。最近は、ローラーでも施工できるスキン塗装もあります。

1-3.スタッコ塗装

石灰に大理石・砂等を混ぜ合わせたものをスタッコと呼びます。リシンと同じく、古くからあるアクリル塗装の仕上げ。今でも多くの外壁に使われています。リシンを厚く塗ったような感じで、耐久性は10年ほど。場所によっては20年くらいたっても劣化したように感じない仕上げになります。

1-4.吹き付けタイル

紙粘土のような練り物の素材を外壁に吹き付けて凹凸模様にし、その上に色付けして仕上げる塗装です、下塗りは下地調整材を機械で玉吹きし、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素など塗って仕上げます。耐久性は、仕上げに使用する塗料の耐久年数しだい。費用も、下塗りとなる樹脂のグレードや、仕上げに塗る塗料のによって変わってきます。

1-5.吹き付けタイル(押さえ仕上げ)

半乾きの状態の吹き付けタイル塗装を、専用のローラーやコテで押さえて仕上げます。現在、最も広く使われている外壁塗装といえるでしょう。基本的には吹き付けタイルと同じメリットとデメリットがあります。

1-6.マスチックローラー仕上げ

手塗りでの仕上げです。ヘチマ状のローラーに、下地調整材(下塗り材)を含ませ、それを転がして塗っていきます。あとは吹き付けタイルと同じように、仕上げ材をローラーで塗れば完成です。耐久性は、仕上げ材により決まってきます。

1-7.サイディング(窯業系)

窯業系とは、セメントや木材など非金属系の原料を窯で高熱処理し製造したサイディングの総称です。自由にさまざま塗装ができます。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!