ウレタン塗料とシリコン塗料の違いを紹介!外壁塗装に選ぶべきなのはどっち?

家を建ててから10年以上たつと外壁の劣化が気になってくるころでしょう。
外壁塗装には、家を守る重要な役割があります。
放置しておくと建物自体の劣化を速めてしまうことになるでしょう。
外壁に使用する塗料には、いくつかの種類があります。
代表的なものが、ウレタン塗料とシリコン塗料。
どちらを選ぶべきか迷っている人のために、それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

  • そろそろ外壁塗装を検討している
  • ウレタン塗料とシリコン塗料の違いを知りたい
  • それぞれのメリットとは?

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 外壁塗装を塗り直す必要性について
  2. ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリット
  3. シリコン塗料の特徴とメリット・デメリット
  4. まとめ

1.外壁塗装を塗り直す必要性について

1-1.なぜ塗り直す必要があるのか?

家の外壁は、毎日雨風や紫外線の影響を受けています。
実は思っている以上に負担がかかっているのです。
そのままにしておくといずれ防水性を失い、雨風や湿気を吸い込んで家全体の傷みが進行することになるでしょう。
ひび割れやサビ、カビが発生する前に塗り直すことで、外壁を保護し、家の劣化を防ぐことができるのです。
また、見た目の問題もあります。
「汚れやヒビが目立ってきたから」という理由で塗り直しを検討する人も多いでしょう。
外壁の劣化が目立ってくると家全体が古いイメージになってしまいます。
塗り直しをすることで、再び新築同様のきれいな家を取り戻すことができるのです。

1-2.塗り直しのタイミング

外壁塗装のタイミングについて迷っている人も多いでしょう。
外壁塗装は定期的に塗り直しが必要ですが、そのタイミングは築10年が目安。
もちろん10年経過していても状態がよく、塗り直しが必要ない場合もあります。
しかし、定期的に専門家にチェックしてもらうことで劣化に気づくこともあるでしょう。
いつまでも美しく安全な家を維持するために、以下のような劣化に気づいたら塗り直しを検討してください。

  • 外壁を触ると手に粉がつく
  • 変色してきた
  • 塗膜がはがれてきている
  • 汚れが目立つ
  • 鉄部からサビが出てきている

最近の塗料は質がよいため、外壁塗装は1年中可能です。
しかし、寒い時期と梅雨時期は外壁塗装に適していません。
この時期に作業を行ってしまうと塗装の持ちが悪くなってしまう可能性があるのです。
信頼のおける業者に相談し、アドバイスをもらうとよいでしょう。

2.ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリット

次に、塗料についてご紹介します。
代表的なものとして、ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリットをまとめてみましょう。

2-1.耐久年数は8~10年

ウレタン塗料とは、塗料の主成分である樹脂がウレタン系でできています。
万能な塗料として知られており、以前は外壁塗装と言えばウレタン塗料が使われていたのです。
耐久年数は8~10年。
細部の塗装に適しており、現在も細部の塗装にはウレタン塗料を使用することが多くなっています。

2-2.ウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料は価格が安く、アクリル塗装に比べて耐久年数が長いのがメリットです。
価格と耐久性とのバランスがよく、木部への塗装に優れている塗料と言えるでしょう。
木部は呼吸をして伸び縮みをするため、弾性のあるウレタン塗料を使用することでより耐久性が長くなるのです。
そのほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • 適度な柔らかさがあるため、ほかの樹脂塗料と比較して下地になじみやすくはがれにくい
  • どのメーカーでも出しているため商品数が豊富
  • 硬化剤を変えることで弾性塗膜に変更できる

「できるだけ費用を安くしたいけれど、持ちをよくしたい」という人におすすめの塗料となっています。

2-3.ウレタン塗料のデメリット

「汚れがつきやすい」というのがウレタン塗料のデメリットです。
ウレタン塗料は最近までメインで使われていました。
しかし、現在はシリコン塗料がメインになってきているのです。
価格と耐久年数から見た長期的なコストとしては、シリコン塗料の方が安くて機能も高いためでしょう。

3.シリコン塗料の特徴とメリット・デメリット

次にご紹介するのがシリコン塗料です。
現在よく使用されるシリコン塗料には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

3-1.耐久年数は12~15年

シリコン塗料はアクリル系塗料の一種です。
フッ素塗料の次にグレードが高い塗料として注目を集めています。
耐久年数は12~15年と長く、現在の外壁塗料の中では最もコストパフォーマンスに優れた塗料と言えるでしょう。

3-2.シリコン塗料のメリット

シリコン系塗料よりもグレードの高いフッ素塗料は、コストパフォーマンスの面ではシリコン系塗料に劣る面もあります。
また、一般的にはまだまだ流通していないというデメリットもあるのです。
その点、シリコン塗料は多くの外壁塗装で使われており、愛用者が多いというメリットがあります。
塗る部分に合わせて塗料を使い分けることができるため、その環境に適した塗装を行うことができるのです。
そのほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • 品質に対して価格が手ごろである
  • フッ素塗料より汚れにくい
  • 塗装直後の美観を長期に亘って維持することができる
  • 建物内部の結露を防ぐことができる

3-3.シリコン塗料のデメリット

ほかの塗料に比べてひび割れを起こしやすいのがデメリットです。
また、シリコン塗料にはものをはじく性質があるため、次回重ね塗りをする際には密着が悪くなるでしょう。
さらに、ウレタン塗料やアクリル塗料と比較すると価格が高くなる傾向にあります。

4.まとめ

ウレタン塗料とシリコン塗料の違いをご紹介しました。

  • 外壁塗装を塗り直す必要性について
  • ウレタン塗料の特徴とメリット・デメリット
  • シリコン塗料の特徴とメリット・デメリット

「外壁塗装を検討している」「ウレタン塗料とシリコン塗料の違いを知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!