ガイナ塗料の特徴を知りたい! 〜メリットとデメリットを比較しよう〜

最近は、省エネ住宅への注目が高まっているため、家や建物の外壁塗装に高機能の「ガイナ塗料」を用いることが多くなりました。外装塗装にガイナ塗料を使ってみたいけど、どんな特徴があるの?…という方に向け必要な情報をご紹介します。

  1. ガイナ塗料の特徴
  2. ガイナ塗料のメリット
  3. ガイナ塗料のデメリット
  4. まとめ

1.ガイナ塗料の特徴

家や建物の外壁塗料を何にしたらいいのかな…と、インターネットなどで調べると、必ず「ガイナ塗料」という言葉が登場します。

最近、よく耳にするようになったガイナ塗料とは、どのような種類の塗料なのでしょうか?

一般的に、家や建物を守るためには丈夫な外壁塗料で塗装をします。

塗装の一番の役目は、風雨や泥などの汚れから外壁を守ることです。

さらに、塗料の種類によっては「外の熱を室内に伝えない」「室内の熱を外に逃がさない」などの働きがあり快適な居住空間を作る役目を果たします。

そのためには、機能性の高い塗料を選ぶことが大切でしょう。

そこで、注目を集めているのが「断熱」や「遮熱(しゃねつ)」の効果を持つガイナ塗料なのです。

1-1.断熱・遮熱効果があるガイナ塗料

ガイナ塗料とは、断熱効果と遮熱効果の両方を合わせ持つ外壁塗料のことです。

断熱と遮熱は混同されやすいのですが、内容が異なります。

  • 断熱…断熱は読んで字のごとく、熱を「断つ」の意味です。住宅や建物の外壁に断熱効果のある塗料を塗り、太陽光の熱伝導をセーブして室内温度の上昇を抑えます。さらに、断熱塗料は、冬に暖房やストーブなどで暖まった室内の空気を外に逃がさない働きもあるのです。つまり、快適な室内温度を保つだけではなく、エアコンなどの使用時間も短縮できるので節電にもなります。
  • 遮熱…遮熱は熱を「遮る(さえぎる)」の意味です。太陽光を反射することで熱を遮り(さえぎり)、熱を室内に伝えず温度の上昇を防ぐのです。ただし、断熱とは異なり、室内の暖かい空気を外に逃がさない働きはありません。そのために、実力を発揮できるのは夏場だけになるのです。

1-2.ガイナ塗料の特徴とは

現在、断熱や遮熱効果のある塗料はいくつかあります。

そのなかで、ガイナ塗料は両方の特徴を持ち、日本ではシェア1位を誇るほどのメジャーな塗料として知られているのです。

一般住宅やマンション・工場・物流センター・空港のウィングシャトル・パッセンジャーボーディングブリッジ(旅客期の搭乗橋)など、さまざまな場所で用いられています。

ガイナ塗料は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケット開発で培われた(つちかわれた)最先端の断熱技術を使用して作られました。

そして、ガイナ塗料は、特殊なセラミックを混合しています。

特殊セラミックは、周辺温度に適応する性質を持ち「熱の均衡(きんこう)化」をもたらすのです。

そのために、熱の移動をセーブする効果があります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!