外壁を植物でいっぱいにしたい! 壁面緑化のメリットと注意点

「壁面緑化」という言葉をご存じでしょうか?
外壁をツタが覆っている住宅を見たことがあると思います。
近年、周囲からの目にとまりやすい壁面緑化に注目が高まってきているのです。

  • 壁面緑化に興味がある
  • 壁面緑化のメリットとデメリットを知りたい
  • 壁面緑化を行う際の注意点とは?

そんな人たちのために、壁面緑化のメリットとデメリット、適した植物、注意点についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 壁面緑化のメリットとデメリット
  2. 壁面緑化に適した植物
  3. 壁面緑化を行う場合の注意点
  4. まとめ

1.壁面緑化のメリットとデメリット

「壁面緑化に興味がある」という人は、まずそのメリットとデメリットについて知るべきでしょう。

1-1.壁面緑化のメリット

壁面緑化には手間やコストがかかりますが、メリットもたくさんあります。
まず、直射日光の影響を防ぐことができるという点。
壁面緑化は外壁に面した部分にネットやワイヤーを設置し、そこに植物をはわすことで緑化を行っています。
そのため、直射日光が建物に当たらなくなるのです。
外壁面の温度上昇を抑えるだけでなく、紫外線による建物の劣化を防ぐことにもつながるでしょう。
建物の空調費を削減することもできます。
また、植物から水蒸気が発生するため、気温を下げて夏の暑さをやわらげてくれる効果もあるでしょう。
乾燥しがちな冬も、緑から蒸発する湿気が潤いを与えてくれます。
さらに、壁面緑化には温度変化を緩和する効果があり、ヒートアイランド現象対策として補助金が出る地域もあるのです。

1-2.壁面緑化のデメリット

前述したとおり、壁面緑化にはコストがかかります。
緑化にともなって建物の重量が増加する可能性もあり、構造強度を上げなければならない場合もあるでしょう。
改装や耐震性のことを考慮することで、建物コストが高くなります。
また、ネットやワイヤーを設置する際に初期費用がかかるでしょう。
さらに、植物の世話が必要になります。
水やりや枯れた部分の入れ替えなど、予想以上に手間とコストがかかる場合もあるでしょう。
害虫駆除が必要になる可能性についても考えておく必要があります。
街の景観を維持するためにも、壁面緑化にはメンテナンスが必要不可欠なのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!