外壁リフォームを考えている方へ~板張りの外壁材を利用する基礎知識~

家の外観を決める「外壁」は定期的にメンテナンスをしなければなりません。
定期的なメンテナンスをするからこそキレイな外観を保ち、耐久性も備わるのです。
しかし、外壁材にはさまざまな種類があります。
中でも木製のぬくもりを感じる‟板張り”にはさまざまな種類があるものです。
板張りの種類や板張りの耐久性・メンテナンス、リフォームする際のポイントについて詳しく説明しましょう。

目次

  1. 板張りの種類
  2. 板張りの耐久性やメンテナンス
  3. 板張りにリフォームする際の注意点
  4. まとめ

1.板張りの種類

最近ではサイディング張りの外壁が増えてきました。
しかし、サイディング以外にも「板張り」という外壁材があります。
そこで、「板張り」の種類をピックアップしてみました。
ぜひ気になっている人はチェックしてください。

1‐1.昔から使用してきた「下見板張り」

外壁の板張りにはさまざまな種類があります。
中でも昔から使用してきた工法が「下見板張り」です。
下見張りは日本のお城にも使用している工法であり、漆喰(しっくい)塗りを保護する最適の種類になります。
下見板張りの方法は、板を横に貼る方法です。
雨が下地、漆喰(しっくい)に侵入しないよう上げ板を外側に重なるよう張っていきます。下見板張りはコストが安く湿式の塗り壁よりも安い値段でリフォームできるでしょう。業者によっても異なりますが、できるだけ費用を抑えたい人はチェックしてみてください。
また、下見板張りに押縁を入れると和風になります。
お城にほどこしている下見板張りのほとんどは押縁を入れているのです。

1‐2.縦に長い板を並べる「竪(たて)板張り」

板張りの種類には「竪(たて)板張り」と呼んでいる工法もあります。
竪(たて)板張りも日本のお城によく見る工法の1つです。
縦に長い板を並べて張りつけていき、継ぎ目を浅木で押さえるような構造になっています。
竪(たて)板張りは下見板張りとは違って板を重ねません。
板を重ねずに1枚ずつぴったりとはめ合わせる方法です。
以上のような工法は「羽目板張り」とも呼んでいます。
一般的に竪(たて)板張りは洋風の家に使用することが多いでしょう。
竪(たて)板張りと下見板張りではデザインが大きく異なります。
自分の家に合った工法で板張りをしなければイメージと変わってしまうので要注意です。

1‐3.板張りに使用している木材とは?

板張りの種類は主に「下見板張り」と「竪(たて)板張り」です。
工法の種類は主に2つですが、板張りに利用している木材にはさまざまな種類があります。
板張りに利用している木材はヒノキ・スギ・マツなどになるでしょう。
ヒノキ・スギ・マツなどは断熱性・調湿性が非常に優れています。
そとからの熱をカットして湿気を調節してくれるでしょう。
よって、快適な生活空間を保ち続けることができます。
それぞれの木材によって木調や仕上げの雰囲気、完成のイメージもまったく異なるので注意してください。
写真で確認するよりも実物をしっかり見ることが大切ですよ。
リフォームを成功するためにも業者にお願いして実物を見せてもらってください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!