外壁塗装に使われる弾性塗料の特徴とは?どんな外壁材に向いている?

外壁塗料が劣化してくると、壁面にひびが入ってくることがあります。
ひび割れた壁は見た目が悪いだけではなく、放っておけば雨水が入りこんで外壁自体がいたむこともあるでしょう。
そこで、今回はこんな外壁のひび割れに効果的な弾性塗料についてご紹介します。
普通の塗料と弾性塗料は何が違うのでしょうか?
また、弾性塗料を使った外壁塗装が向いている壁の種類もご紹介します。
外壁の塗り直しを考えている方や外壁がひび割れてきたという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 外壁にひびが入る理由とは?
  2. 弾性塗料って何?
  3. 微弾性塗料の特徴や効果とは?
  4. 弾性塗料で外壁塗装をする際の注意点とは?
  5. 安すぎる業者は要注意?
  6. おわりに

1.外壁にひびが入る理由とは?

弾性塗料についてご紹介する前に、まずは外壁にひびが入る理由をご説明します。
外壁によってひび割れしやすいもの、しにくいものがあるのです。

1-1.モルタルの外壁

1980年代まで一般住宅の壁といえば、セメントに砂を混ぜて練り上げた「モルタル」が主流でした。
今でも、古い住宅の外壁はモルタル製のものが多いです。
モルタルは外壁材として加工しやすいというメリットがある一方で乾燥すると収縮するというデメリットがあります。
そして、古いモルタルの外壁塗装は柔軟性がなくなるため、ひび割れてくるのです。
塗り直しても、5年前後で再びひび割れてくる壁も少なくありません。

1-2.サイディングの外壁

サイディングとは、プレート状の外壁材を接着剤で張りつけていく工法で作られた外壁です。
乾燥による収縮もなく左官の技術もいらないので、新築の家屋のほとんどがサイディングの外壁になっています。
サイディングの素材もいろいろありますが、ひび割れてくるのは「シーリング」と呼ばれる接着剤の部分です。
シーリングも弾力がある素材ですが、経年によって弾力性が失われてくると、ひび割れてくるでしょう。

2.弾性塗料って何?

弾性塗料とは、文字どおり弾力性のある塗料のことです。
通常の塗料よりも塗膜の厚さが10倍もあるため、ゴムのように伸びます。
これに対し、通常の塗料を「硬性塗料」と呼ぶこともあるのです。
弾性塗料は、通常の塗料に弾力性を持たせる「硬化剤」を加えることで作ります。
最初から「弾性塗料」として販売される塗料もありますが、ごく少数です。
ちなみに弾性塗料は、外気温20度のときに伸び率が120%以上のもの、という規格があります。
ですから、かなり粘性の高い塗料になるのです。
また、弾性塗料ほどの弾力性はないものの、通常の塗料よりも弾力性がある塗料を「微弾性塗料」といいます。
こちらは同じ条件で伸び率が50%~99%のものが多いですが、規格がないため伸び率がほんのわずかでも「微弾性塗料」という業者もあるのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!