床に付いてしまったときの裏技とは? ペンキの落とし方を学ぼう

ペンキは色が鮮やかなので、床や壁、洋服に付いてしまうと目立ちます。
付かないように気を付けていても、付いてしまうことはあるでしょう。
ペンキが付いてしまったとき「きれいに落ちるのだろうか」と心配になる人は多いはず。
逆に言うと、落とし方さえ知っていたら、気にせずペンキを使用することができますよね。

  • ペンキが付いてしまって困っている
  • ペンキの落とし方を知りたい
  • ペンキは簡単に落とすことができるのか?

そんな人のために、床や壁、車、洋服、肌などにペンキが付いてしまったときの落とし方をまとめてみたいと思います。

目次

  1. ペンキの種類について
  2. ペンキの落とし方
  3. ペンキを落とすときの注意点
  4. まとめ

1.ペンキの種類について

ペンキには種類があり、落ちにくいペンキと落ちやすいペンキがあります。
落とし方も種類によって異なるため、まずはペンキの種類について知っておきましょう。

1-1.油性ペンキと水性ペンキの違い

ペンキには、油性と水性があります。
ホームセンターのペンキ売り場にあるのは、大半が水性ペンキです。
家庭でペンキを使用するのは、DIYを行うときくらいでしょうか。
油性ペンキは強いシンナー臭があるため、使用すると長期間、臭いに悩むことになります。
また、油性ペンキの場合、使用した後の片付けも大変です。
塗り終わってから乾燥するまで時間もかかるため「使い勝手が悪いペンキ」というイメージがあるでしょう。
一方の水性ペンキは水がベースになっているため、臭いはほとんどありません。
乾燥にかかる時間も、油性ペンキに比べると大変短いのです。
落とし方も簡単なため、使いやすさで言うと断然、水性ペンキの方がおすすめでしょう。

1-2.水性ペンキは水に弱い?

使いやすさでは水性ペンキの方が優れていますが、耐久性で言うとどうなのでしょうか。
「水性ペンキは耐久性が弱い」というイメージがあります。
ペンキで色を塗った看板などが、雨に濡(ぬ)れても問題ないのでしょうか。
以前は、水性ペンキの耐久性は油性ペンキより劣ると言われていました。
しかし、最近の水性ペンキは品質が格段に向上し、油性ペンキと変わらない耐久性のものが開発されているのです。
水性ペンキでも、水に濡(ぬ)れても落ちないような耐久性の高いものはいくらでもあります。
ただし、水性ペンキが高い耐久性を発揮するのは、完全に乾いてから。
水性ペンキを使って作業するなら、天気のよい日を選ぶようにしましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!