外壁にコケやカビがはえる原因とは?対処法とともにご紹介します。

1.コケやカビがはえる原因とは?

コケやカビは、植物の種に当たる胞子を飛ばして繁殖します。
普通の植物と違い、コケやカビはタイルやコンクリートなど硬い場所でも根を張れるので、外壁でも繁殖できるのです。
コケやカビは手入れが悪いから繁殖するわけではありません。
胞子が取りついた場所が繁殖しやすい環境になると、コケやカビは一斉に繁殖するのです。
ですから、外壁の状態がコケやカビにとって繁殖しやすい状態になっていれば、たとえ新しい家の外壁でも繁殖するでしょう。
コケやカビにとって繁殖しやすい条件、それは「水分」です。
水分が長期間残っている外壁には、コケやカビが繁殖しやすいでしょう。
カビはこのほかにも栄養がなければ繁殖しにくいですが、コケは自分で光合成をして栄養を作りだせるので水分さえあれば繁殖します。
ですから、日の当たりにくい北側の壁にコケが繁殖しやすいのですね。

2.外壁に水分がつきやすい条件とは?

この項では、コケやカビが繁殖しやすい水分が外壁につきやすい条件をご説明しましょう。
家を建てるときやリフォームの参考にしてください。

2-1.近くに川や湖、沼などがある

家の近くに川や湖など、水がたくさんある場合はどうしても湿度が高くなり、外壁に水分がつきやすくなります。
また、田園地帯も季節によっては注意が必要でしょう。
このような場合は、近隣の家の壁もコケやカビが発生している場合が多いです。
家を建てる土地を探しているという人は、近隣の外壁の様子もチェックしてみてください。

2-2.緑が多い

都市部より、郊外に建っている家の外壁の方がカビやコケがつきやすいでしょう。
特に、緑が多い場所は注意が必要です。
植物がたくさんはえているということはカビやコケの胞子もたくさん飛んでいるということ。
また、植物がたくさんあると湿度が高くなりやすいのです。
都市部でも、庭木がたくさんある場合や庭木の陰になって外壁に日が当たらない場合は要注意でしょう。

2-3.外壁がざらざらしている

外壁がざらざらしているデザインの場合は、凹凸に雨水が残りやすいのです。
また、つるつるとした外壁の場合は、カビやコケの根も張りにくいでしょう。
しかし、つるつるした外壁も、ひびが入っている場合はそこからカビやコケが繁殖するケースもあるのです。

2-5.外壁に雨がかかりやすいデザインである

ひさしが浅かったりなかったりすると、雨が外壁に直接当たります。
外壁の向きによっては、雨が上がってもなかなか乾かないこともあるでしょう。
つゆどきなど長雨の季節になると、カビやコケがより繁殖しやすくなります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!