外壁にコケが発生する原因は? 外壁掃除のやり方やプロに依頼する方法も

「外壁にコケが発生するのはなぜ?」「除去する方法はないのか」など、外壁のコケで頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。外壁のコケが多くなるほど見た目が悪くなり、建築物自体にも悪影響を及ぼす恐れがあります。しかし、どのように除去すればいいのか分かりませんよね。

そこで、本記事では、外壁のコケを除去する方法やポイントなどを解説します。

  1. 外壁にコケが発生する原因は?
  2. 外壁のコケ掃除に必要な道具と外壁掃除のやり方
  3. 外壁掃除の注意点と予防策
  4. 外壁掃除をプロに依頼する方法
  5. 外壁のコケに関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁のコケを上手に取り除くコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.外壁にコケが発生する原因は?

なぜ外壁にコケが発生するのか、主な原因をいくつか紹介しましょう。

1-1.コケの栄養分となる水分と胞子

外壁はコケの栄養分となる水分と胞子がたまりやすい場所です。常に、雨風にさらされているため、温度や雨などで湿度が上昇し、どんどんコケが繁殖していきます。特に、外壁が劣化した箇所は防水性も低下するため、含水率が増えるのです。その結果、コケも増えやすくなります。特に、水場が近くにある・日当たりが悪い・樹木の近くにある家などは、コケが増えやすい傾向があるのです。外壁がぬれやすく、乾燥しにくい場所は湿気がどんどんたまるため、コケの被害を受けやすくなるのでしょう。

1-2.コケが発生しやすい外壁の素材

さまざまな外壁の素材がありますが、中には、コケが発生しやすいタイプがあります。たとえば、でこぼこが多く、模様がついている外壁はコケが内部にどんどんたまりやすくなるでしょう。最近の住宅で使用することが多いモルタル壁は、外壁材自体が水分を吸収しやすい特性を持っているため、コケにとっては非常に繁殖しやすい環境となります。また、はっ水剤の性能が低下している打ちっぱなしのコンクリート壁・細かい模様がついた窯業系サイディングボードの壁などもコケが発生しやすい傾向がある外壁材です。

1-3.外壁の劣化

外壁が劣化すると、防水性が低下し湿気がたまりやすくなってはコケが発生しやすくなります。コケが発生する原因の中には、外壁が劣化しているケースも多いのです。外壁塗装をしてから約10年が経過している場合は、劣化の可能性が高いでしょう。外壁材・外装材の劣化を防ぐためには、定期的な塗装で表面を保護することが大切です。再びコケが生えないようにするためにも、定期的な外壁塗装を心がけましょう。

1-4.施工条件が原因になることも

建物の施工条件が原因でコケが発生することがあります。断熱材で囲まれた部屋は快適な生活が送れると思いがちですが、夏場にエアコンで室内を冷やすと外壁材と外壁下地材の間に暖かい空気が発生するのです。建物の壁全体に行き渡ると、外壁の屋外側で結露が発生しコケが発生しやすくなります。きちんと施行された家であれば、暖かい空気が上昇しないように工夫されているのですが、施工不良によって暖かい空気が上へとたまってしまうことがあるのです。

2.外壁のコケ掃除に必要な道具と外壁掃除のやり方

ここでは、外壁のコケ掃除に必要な道具と外壁掃除のやり方を解説します。

2-1.必要な道具を準備しよう!

自分で外壁のコケを除去する場合は、以下の必要な道具を準備してください。

  • クリーナー・漂白剤
  • やわらかいスポンジ

上記のアイテムを用意すれば、自分でもコケをきれいに除去できます。なお、業務用のクリーナーを使うことで、届きにくいところまで洗剤の成分が届き、塗膜を痛めることなくコケが除去できるでしょう。外壁のコケを落とす専用の洗剤を使っても大丈夫です。ただし、スポンジはやわらかいタイプのものを使用してください。硬めのスポンジを使ってしまうと、外壁の塗膜を傷つけてしまう恐れがあります。

2-2.手の届く範囲はスポンジでやさしく落とす

コケの除去方法は、スポンジを使ってやさしく落とすだけの簡単な方法です。手の届く範囲かつ軽度のコケであれば、スポンジで落とすことができるでしょう。業務用のクリーナーまたは漂白剤をスポンジにつけて、やさしくコケの部分を拭き取るようにしてください。スポンジはやわらかいほうの面を使うのがポイントです。少し高いところにあるコケを除去する場合は、伸縮できるモップを活用するといいでしょう。また、クリーナーで洗浄した後は水でしっかりと洗い流してください。クリーナーや洗剤が残ってしまうと、汚れや色あせの原因になってしまいます。

2-3.自分でできる軽度なコケかチェックする

あくまで自分でコケを除去するのは、軽度なコケだけです。頑固なコケになっている場合は、素人でも簡単に落とすことができません。掃除する前に、低い位置にあるコケをチェックしましょう。クリーナーや漂白剤で落とせるコケなら自分でも落とせますが、重度のコケは家庭用のコケ洗浄剤では落ちない場合があります。強くこすってしまうと外壁を傷つけてしまう恐れがあるので注意が必要です。頑固なコケは専門業者に依頼したほうが安心できるでしょう。

3.外壁掃除の注意点と予防策

それでは、外壁掃除の注意点と予防策を紹介します。

3-1.たわしでゴシゴシこするのはNG行為

頑固なコケを除去しようと、たわしを使ってゴシゴシこすってしまいがちですが、間違った掃除方法なので注意してください。たわしは刺激が強すぎるため、外壁の塗膜を削り外壁自体を傷めることになってしまいます。一般的なたわしは1本1本の毛が固く、簡単に外壁塗膜や外壁材に傷をつけてしまうのです。外壁材を守るバリア機能が失われてしまい、劣化スピードが速くなる原因にもつながります。

3-2.高圧洗浄機を使うのもNG

外壁をきれいにするために、一般家庭でも高圧洗浄機を使う方が多いでしょう。しかし、高圧洗浄機を使ってコケを落とすのも間違った方法になるので注意してください。高圧洗浄機を使うことで外壁に残っている塗膜が落ちてしまい、逆にコケが発生しやすい状態になってしまいます。確かに、高圧洗浄機は汚れを落とし、最近では水圧を調節できるタイプも登場しているので使いやすいイメージがあるでしょう。しかし、正しく使わなければ逆効果になってしまう落とし穴があります。安易に使うのは避けたほうがいいでしょう。

3-3.外壁のコケを予防する4つの方法

外壁のコケを予防する方法として、主に以下の4つがあります。

  • 光触媒塗料を使って塗装する
  • バイオ洗浄を行う
  • 金属系の外壁材に張り替える
  • 防藻・防カビ性の高い塗料を選ぶ

塗料の中には、化学反応でコケを死滅させる光触媒塗料があります。塗装を変えるだけで外壁のコケを未然に防ぐことができるのです。バイオ洗浄絵は特殊な液体を散布することでコケを付きにくくする方法となります。また、防カビ性が高い塗料を選んだり、金属系の外壁材に張り替えたりするなどの方法で、カビを防ぐことも可能です。

4.外壁掃除をプロに依頼する方法

外壁掃除をプロに依頼する方法とポイントを解説します。

4-1.外壁塗装の実績がある業者に依頼する

外壁掃除をプロに依頼する際は、できるだけ外壁塗装の実績がある業者を選んでください。外壁塗装や掃除を行っている業者はたくさんありますが、中にはきちんと作業を行わない不正を働く悪徳業者も存在しています。実際に、悪徳業者に引っかかり、高額な費用を請求されたというトラブルも起きているのです。実績があるのはもちろんのこと、以下のポイントに注目して慎重に業者を選ぶといいでしょう。

  • サービス内容が充実しているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 施工事例がホームページ等に記載されているか
  • 低費用かつ高品質な施工を行っているか

外壁塗装やリフォームを行っているオフィスチャンプでは無料相談を受けつけています。足場を作らない無足場工法を取り入れているため、低費用での施工が可能です。費用面で悩んでいる方は、ぜひ1度ご相談ください。

4-2.スピーディーにコケを落とすことができる

専門業者に外壁掃除を依頼する大きなメリットは、スピーディーかつ徹底的にコケを落とすことができる点です。自分たちで作業しづらい高所のコケでも、専門業者なら持ち前の知識と経験で素早く迅速に落としてくれます。重度のコケは家庭用の洗剤で落とすことはできませんが、業者が使用するバイオ洗浄などを活用すれば簡単に落とすことができるのです。また、取り扱いや使い方にコツが必要な高圧洗浄機も使ってきれいに汚れを落としてくれます。外壁塗装を行っている業者なら、コケがつきにくい塗装を使うこともできるでしょう。

4-3.外壁掃除の費用は約3万円~

あくまで目安となりますが、外壁掃除の費用は約3万~となっています。多くの業者は、200~250円/㎡を基本料金として設定しているでしょう。日本の戸建て住宅は平均140㎡なので、約3万~4万円が相場になるというわけです。ただし、足場を設置したり、養生シートを使ったりする際にかかる費用もあるため、すべて合わせると10万円は考えたほうがいいでしょう。また、特殊な塗装を塗ったり、外壁材を張り替えたりする場合は、さらに費用がかかる可能性があります。依頼前に、しっかりと見積書の内容を確認してください。

5.外壁のコケに関してよくある質問

外壁のコケに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.コケを放置するとどうなるのか?
A.コケは水分を含み保水する力を持っているため、建材が常に湿っている状態になってしまいます。その結果、建物への浸水がすすみ、窯業系サイディングが反ったり、さらにコケが繁殖したりすることになるでしょう。仕上げ材の塗膜が膨れたり、剥離が発生したりする恐れもあります。また、コケは胞子をどんどんまき散らすので、外壁がコケだらけになってしまうのです。頑固なコケになるほど除去しにくくなるため、費用も高くなるでしょう。

Q.自分で外壁掃除する際のポイントは?
A.クリーナーや漂白剤を使用する前に、外壁についている汚れをホースなどで洗い流すことです。汚れがついたままでは、クリーナーや漂白剤の成分がカビの奥底まで浸透できなくなってしまいます。事前に、付着しているホコリや汚れなどをきれいに水で洗い流してから除去してください。また、ほかの場所にもコケが発生していないか、外壁全体をチェックすることも大切なポイントです。

Q.クリーナーや漂白剤を使用する際の注意点は?
A.掃除中に液体が飛び散る可能性があるため、自分の身を守るための保護服やアイテムを身につけましょう。汚れてもいい作業服に着替えるのはもちろん、目と口・皮膚に触れないようにマスク・ゴーグル・レインコート・ゴム手袋などを身につけるのも大切です。しっかりと保護対策を行わなければ、クリーナーや漂白剤で人体に被害を及ぼす恐れがあります。それぞれに含まれている成分は人体に有害なものなので注意してくださいね。

Q.業者による高圧洗浄の手順は?
A.大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 足場を組み立てる
  2. 養生シートを設置する
  3. 近隣へ高圧洗浄を実施する旨を伝える
  4. 高圧洗浄で外壁についたコケを落とす
  5. 養生シート等を撤去する

高圧洗浄は圧力が高くなるほど汚水が周囲に飛散しやすくなります。そのため、事前に近隣住民へ高圧洗浄を行うと伝えておかなければなりません。高圧洗浄実施の告知をしっかりと行ってくれる業者なら、安心して依頼できるでしょう。

Q.気をつけるべき悪徳業者の特徴は?
A.いい加減な対応を取ったり、事前調査なしですぐ作業に入ろうとしたりする業者には注意が必要です。少しでも疑問点や不安要素があれば、すぐ業者に尋ねてください。どのような質問でも丁寧に答えてくれるところなら安心して依頼できますが、適当に答える業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

まとめ

外壁のコケを放置すると、どんどん胞子が周囲に飛び散りコケの繁殖がひどくなってしまいます。保水力が強い性質を持っているため、建材が常に水分を含んでいる状態となり、建物全体の老化が進行してしまうことになるでしょう。コケを見つけたら、できるだけ早めに除去することが大切です。自分で除去できない頑固なコケは、専門業者に依頼して除去してもらいましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!