外壁にコケやカビがはえる原因とは?対処法とともにご紹介します。

外壁は家の印象を大きく左右するもの。いつまでもきれいであってほしいものです。
しかし、外壁は風雨にさらされていますから、年月がたつにつれてどうしても汚れてしまうでしょう。
経年とは関係なく外壁にコケやカビがはえる場合もあります。
そこで、今回は外壁にコケやカビがはえる原因や落とし方をご紹介しましょう。
コケやカビが外壁にはえると、見栄えが一気に悪くなります。
これから家を建てるという方やコケやカビを予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. コケやカビがはえる原因とは?
  2. 外壁に水分がつきやすい条件とは?
  3. カビやコケが繁殖した場合はどうすればいいの?
  4. カビやコケをはえにくくする方法とは?
  5. おわりに

1.コケやカビがはえる原因とは?

コケやカビは、植物の種に当たる胞子を飛ばして繁殖します。
普通の植物と違い、コケやカビはタイルやコンクリートなど硬い場所でも根を張れるので、外壁でも繁殖できるのです。
コケやカビは手入れが悪いから繁殖するわけではありません。
胞子が取りついた場所が繁殖しやすい環境になると、コケやカビは一斉に繁殖するのです。
ですから、外壁の状態がコケやカビにとって繁殖しやすい状態になっていれば、たとえ新しい家の外壁でも繁殖するでしょう。
コケやカビにとって繁殖しやすい条件、それは「水分」です。
水分が長期間残っている外壁には、コケやカビが繁殖しやすいでしょう。
カビはこのほかにも栄養がなければ繁殖しにくいですが、コケは自分で光合成をして栄養を作りだせるので水分さえあれば繁殖します。
ですから、日の当たりにくい北側の壁にコケが繁殖しやすいのですね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!