外壁タイル剥がれの原因は何?剥がれたときの対処法を知っておこう

自宅の外壁にタイルを使用している家が多くなっています。
タイル外壁は見た目もよくメンテナンスが簡単というメリットがあるでしょう。
しかし、経年劣化によってタイルが剥がれてくることも。
外壁のタイルが剥がれると、さまざまな問題につながります。
自宅外壁のタイルが剥がれてお困りの人は、その原因や対処法について知っておくべきではないでしょうか。

  • 自宅外壁のタイルが剥がれて困っている
  • 外壁タイルが剥がれる原因を知りたい
  • タイルが剥がれたときどう対処すべきなのか

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 外壁タイルが剥がれる原因
  2. タイルが剥がれたときの対処法
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.外壁タイルが剥がれる原因

住宅の外壁タイルが剥がれる原因にはどのようなものがあるのでしょう。
まずは原因を知り、対処法を考えていく必要があります。

1-1.素材の劣化

鉄筋コンクリートの場合、鉄筋・コンクリート・モルタル・タイルという構成になっています。
建物の外壁は、外部の温度や湿度の変化によって膨張と収縮を繰り返しているのです。
このとき、各素材によって膨張・収縮する温度や湿度は異なります。
膨張・収縮する度合いが異なるため、各素材で違う幅の伸縮が生じてしまうことになるでしょう。
このひずみ差を「相対ひずみ」と呼び、タイルが剥がれる原因となるのです。

1-2.化学反応による中性化

目地から酸性雨や紫外線、汚染物質などが入り込むと、化学反応が起こって中性化がすすみます。
中性化によって素材の強度は著しく低下することになるでしょう。
中性化は見た目だけで判断することは難しくなっています。
タイルの打診調査で発見することがほとんどなため、定期的な点検が必要と言えるでしょう。

1-3.コンクリート下地の問題

近年、外壁タイルが剥がれ落ちる事故が増えてきています。
そのほとんどが、コンクリート下地の問題であると考えられているのです。
古い建物の場合、コンクリート表面にモルタルを塗り、その上にタイルを貼っていました。
しかし、近年はコスト削減のため、コンクリートに直接タイルを貼るケースが多くなっているのです。
最近の外壁タイル剥落事故は、この直貼り工法で多発しています。
では、なぜ直貼りの場合にタイルが剥がれ落ちやすくなるのでしょうか。
その理由は、表面を塗装した型枠材を使うためです。
この枠を使用することにより、コンクリートの表面がツルツルに仕上がります。
ツルツルのコンクリート表面にタイルを接着すると、当然「剥がれやすい」という問題が出てくるでしょう。
そのため、この型枠材を使用する際には、下地調整を適切に実施するように、さまざまな注意事項が決められているのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!