遮熱塗料と断熱塗料。あなたなら、どっちの塗料を選びますか?

地球温暖化問題や東日本大震災後の電力不足などをきっかけに、省エネや節電など、エコに関する関心が高まってきました。具体的な取り組みの1つとして、建物への遮熱塗料・断熱塗料の採用があります。近年、急速に増えてきました。あなたも、住まいの新築やリフォーム時に、遮熱・断熱塗料をご検討されてはいかがですか?
遮熱・断熱塗料とはどんな塗料なのか、その違いなどとともに、採用するときに気をつけたいポイントを紹介します。

  1. 遮熱塗料・断熱塗料とは?
  2. どこにあるのか遮熱塗料と断熱塗料の違い
  3. 選ぶ際の4つのポイント
  4. まとめ

1.遮熱塗料・断熱塗料とは?

遮熱と断熱。似ているようだけど、どこが違うのでしょうか。一般の人たちには、なかなか理解できないと思います。違いは後述するとして、2つとも、省エネにつながる塗料であることを理解してください。

1-1.比較的安価にエコ対策

遮熱・断熱塗料とは、太陽光などの熱エネルギーが入ってくるのを防ぐ塗料のことです。建物の外壁や屋根に塗れば、夏でも涼しく過ごすことができるとされています。数℃程度温度が下がったという報告もあるくらいです。逆に、室内に塗れば、熱が外に逃げるのを防ぎ、冬には暖かい室内環境を維持できます。
その結果、冷暖房の効率が上がり、節電できて電気代の節約が可能になりました。比較的安くできるエコ対策として、外壁の塗り替え時などに採用する例が増えてきています。

1-2.理想は高熱反射・高放射・低伝導

いったい、どれくらい熱エネルギーの侵入や流出を防ぐとこができるのか。その性能は、「熱反射率」「熱放射率」「熱伝導率」で示されます。熱反射率と放射率が高く、伝導率が低い塗料が理想です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!