ガルバリウムとサイディングを比較してみました。それぞれの特徴は?

家を建てたりリフォームしたりする際に悩みやすいのが、外壁素材です。
最近主流になっているのがサイディングですが、その中でも窯業系のものと金属製のもの(ガルバリウム)があります。
そこで、今回はサイディングとガルバリウムを比較してみましょう。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを知れば選ぶ際の参考になります。
これから家を新築するという方や外壁をリフォームしたいという方は、ぜひこの記事を読んでそれぞれの外壁の特徴を知ってください。

目次

  1. 窯業系サイディングとガルバリウムの違いとは?
  2. 窯業系サイディングとガルバリウムはどうやって使い分ければいいの?
  3. 外壁工事をした結果、不具合が発生したら?

1.窯業系サイディングとガルバリウムの違いとは?

まず始めに、窯業系サイディングとガルバリウムの違いや特徴について、ご説明しましょう。
ふたつを比較すれば、メリット・デメリットもわかりやすいです。

1-1.窯業系サイディングとは?

窯業系サイディングとは、セメント等を主体にして木片や無機物などを混ぜてプレスし、形成したものです。
現在、一般住宅の外壁はこれが主流になっています。
防火性に優れていますから、火災でも燃えにくく類焼や延焼を防いでくれるでしょう。
また、デザインも豊富ですから趣味や景観に合わせていろいろな外壁を選べます。
新築の家がオシャレなのは、サイディングのおかげでもあるのです。
ただし、セメントが主体ですから一昔前に主流だったモルタルの壁よりも重量があります。
そのため、新築の家ならば問題ありませんが、築年数がたった家をリフォームしてサイディングにする場合は家に負担がかかるのです。
通常の場合は問題ないかもしれませんが、地震などの災害が起これば倒壊しやすくなるでしょう。

1-2.ガルバリウムとは?

ガルバリウムとは、別名金属系サイディングといいます。
言葉通り金属が主体となった外壁材です。
非常に軽くコストも安いため、古い住宅の外壁をリフォームしたいという場合も、建物に負担がかかりにくいでしょう。
また、窯業系サイディングは「コーキング」といって目地のつなぎ目を接着剤で埋める必要があります。
このコーキングの寿命は3年~5年なので、そのつどメンテナンスが必要になる場合もあるのです。
しかし、ガルバリウムはコーキングを必要としません。
そのため、長期間メンテナンスが不要なのです。
しかし、ガルバリウムは金属ですからサビます。
たとえサビ止めでコーティングをしていても、条件次第では腐食が発生することもあるでしょう。
ですから、「10年は持つはずのガルバリウムが、わずか数年で腐食して穴が開いてしまった」というケースもあります。
また、窯業系サイディングに比べて、デザインの種類が少なくどうしても決まりきったものになってしまいがちです。
そのため「何だか工場のような外見になってしまった」ということもあります。
ですから、ガルバリウム100%の外壁というのは、現在あまり一般住宅では使われていません。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!