外壁の劣化を放置するとどうなる? さまざまな悪影響をご紹介

建物の外壁は常に外にさらされている状態であるため、どんどん劣化していきます。その劣化を放置していると、さまざまな悪影響が出てくる可能性があること、ご存知(ぞんじ)ですか? 
この記事では、外壁の劣化を放置したときに起こりやすくなる悪影響や、外壁の劣化を防ぐための豆知識などをご紹介します。外壁の劣化についての基礎知識を身に付けたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 外壁の劣化を放置しているとどんな悪影響が起こるのか?
  2. 外壁の劣化によって内部に湿気が入るとどうなる?
  3. 外壁の劣化を防ぐ方法

1.外壁の劣化を放置しているとどんな悪影響が起こるのか?

お金がかかるし面倒臭い…。そのような理由から、外壁塗装など、外壁を補強するための工事を怠っていませんか? 外壁は毎日、外部の影響によって劣化していきます。そして、それを放置しているとさまざまな悪影響が起こるようになるのです。ここでは、外壁の劣化を放置したことで起こる悪影響をご紹介します。

1-1.防水効果が低下する

外壁があることで私たちは雨風や排気ガス、埃(ほこり)などから守られています。反面、外壁はそれらの影響を毎日のように受けているのです。その結果、少しずつ外壁の耐久性は衰えていきます。こうして外壁の耐久性が衰えると、防水効果も下がっていき、湿気や雨などが進入しやすくなってしまうのです。

1-2.ひび割れが起こる

外壁に施されている塗装は、雨風や日光などさまざまな要因によって、剥(は)がれてきてしまいます。こうして外壁塗装が剥(は)がれてくると、その分外壁の耐久性が下がるため、ひび割れが起こりやすくなるのです。特に地震が起こったときなどに、簡単にひび割れが起こりやすくなります。こうしてひび割れが起こると、外壁が反ることになるので、さらに外壁の耐久性が下がる一方となるのです。

1-3.外壁内部が劣化していく

外壁の耐久性が劣ってくることでひび割れができると、そこから今度は外壁内部が劣化していきます。ひび割れたところに雨や湿気、汚れが入り込み、外壁内部が腐食するため、さらなる劣化を招くことになるのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!