外壁通気工法のメリットとデメリットは? ズバリご紹介します。

2.外壁通気工法って何?

外壁通気工法とは、外壁材を設置するときの工法です。
このほかには、直貼工法(じかばりこうほう)というものがあります。
直貼工法は日本で長年用いられてきた工法であり、柱の外側に防水紙を張って、そこに外壁材を直接張り付ける工法です。
この場合は、外壁はぴったり柱にくっついていて壁内に隙間はありません。
外壁通気工法とは、柱と外壁材の間に一定の隙間を作る工法です。
また、室内から発生する湿気は断熱材の外部に張られた防湿気密シートで防ぎます。
こうすることで、壁内に生まれた水蒸気を外に逃がしやすくなるのです。
また、この工法は防水面でも有効。
外壁から水が入ってきた場合、直貼工法ですとそのまま内壁まで水がしみとおってしまいます。
しかし、外壁通気工法の場合は通気口を伝って水が外に出るので、内部にまでしみこみません。
1980年代に北海道で開発されたこの工法は2000年代に急速に拡大し、現在はサイディング外壁の家はほぼ通気工法で作られています。

3.外壁通気工法のメリットとデメリットとは?

では、外壁通気工法のメリットとデメリットはどのようなものでしょうか?
この項ではその一例をご紹介します。

3-1.メリット

外壁通気工法のメリットは、前述したように防湿効果と防水効果が高いことです。
壁内に結露が発生した場合、拭き取ることはできません。自然に乾燥するのを待つしかないのです。
しかし、壁の内部は湿気の逃げ場がありませんからカビも発生しやすいでしょう。
カビの胞子はごく小さいですから、水蒸気のように壁紙をすり抜けて室内に蔓延(まんえん)し、アレルギーの原因になるのです。
外壁通気工法ならば、湿気は通気口から逃げていきます。
ですから、カビが発生する可能性も低くなるでしょう。
また、台風など強い雨が直撃しても雨もりがぐっと起こりにくくなります。
雨もりというと屋根から起こるイメージがありますが、外壁からも起こるのです。
しかも、外壁から起こる雨もりはじわじわと水が内部にしみこんでいくため、気がつきにくいでしょう。
外壁の修理はお金も時間もかかります。
また、結露が起こらないとしても湿気は家の大敵です。
通気口の効果で壁内部の湿気が減れば、建築資材そのものが長持ちするでしょう。
つまり、家の寿命が延びやすくなるのです。

3-2.デメリット

外壁通気工法のデメリットは、インターネットを検索してもあまり出てきません。
ですから「デメリットなしの素晴らしい工法なのだろうか?」と思う方もいるでしょう。
しかし、残念ながら外壁通気工法にもデメリットはあります。
そのひとつが外壁の強度。
外壁と柱の間に隙間があるということは、それだけ留め金の負担が大きくなります。
釘(くぎ)で板と板を打ち合わせる際、板同士がぴったりくっついていると釘(くぎ)は外れにくいです。
しかし、板同士の間に隙間があると釘(くぎ)はちょっとした衝撃で抜けてしまいます。
外壁にも同じことがいえるのです。外壁は、留め金で柱に固定されていますが、直貼り工法よりもどうしても強度が下がります。実際、新潟県で起きた中越沖地震では、外壁通気工法を行った家の外壁が落下した例が多かったのです。
また、隙間を作った分だけ外壁の厚みが大きくなります。
ですから、建ぺい率の関係で希望道理の広さの家が建てられない場合もあるのです。
また、隣家との兼ね合いにも影響があるでしょう。さらに、防火上の問題もあります。
外壁の内部に通気口を作ると、開口部も必要になるのです。
火災が発生した際に、その開口部から炎が入りこむと、通気口が煙突の役割をはたして断熱材が直接燃え上がるかもしれません。現在は、IHクッキングヒーターなどの普及でより火災のリスクは減っています。
しかし、完全に火災の可能性がゼロではありません。
特に、石油を燃料とした暖房が登記に大活躍する北国では、火災の危険度もアップするでしょう。
ですから、資金に余裕がある場合は通気口の中に防火工事をしておくとよいですね。

3-3.信頼できる業者に施工を依頼しよう

外壁通気工法は、2000年代に普及したまだ新しい工事方法です。
ですから、工務店によってはまだまだ技術が未熟なところもあるでしょう。
工事を頼む際は、施工例が多い技術の高い工務店に依頼すれば、より満足のいく仕上がりになります。
そのためには値段だけでなく、実際に工事をした家などを見て施工業者を決めましょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、外壁通気工法のメリットとデメリットをご紹介しました。
まとめると

  • 外壁通気工法とは、外壁と柱の間に隙間を作る工法である。
  • 通気口があることにより、湿気の逃げ場ができて内部結露を防げる。
  • 湿気を逃がすことにより建築資材が長持ちする。
  • 外壁材が落下しやすいなどのデメリットもある。

ということです。
現在、サイディングで外壁を作る場合は、外壁通気工法を行うところがほとんどでしょう。
しかし、建築メーカーによっては独自の工法を行い、外壁通気工法を行わないところもあります。
外壁通気工法はメリットもたくさんありますが、デメリットがゼロではありません。
また、外壁の強度を保つために、よりしっかりとした工事が必要です。
ですから、値段だけでなく職人の腕前で判断して、工務店を選びましょう。
工事の説明を受ける際は、わからないことは何でも質問してください。
優良な工務店ならばきちんと答えてくれるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!