外壁通気工法のメリットとデメリットは? ズバリご紹介します。

最近の住宅は、高気密高断熱がより進んでいます。
冷暖房が効きやすくなったのはよいことですが、新しい問題も発生しているのです。
そのひとつが内部結露。
それを防止するために考え出されたのが外壁通気工法です。
そこで、今回は外壁通気工法の仕組みやメリット・デメリットをご紹介しましょう。
外壁通気工法は1980年代の北海道で発案され、全国に広まった工法です。
この工法のメリットを説明するサイトは多いですが、実はデメリットもしっかりあります。
これから家を建てるという方は、ぜひこの記事を読んで外壁通気工法の知識を深めてくださいね。

  1. 高気密高断熱住宅の問題点は?
  2. 外壁通気工法って何?
  3. 外壁通気工法のメリットとデメリットとは?
  4. おわりに

1.高気密高断熱住宅の問題点は?

高気密高断熱住宅は冬の寒さが厳しいヨーロッパで発案され、北海道を中心に広まりました。
元々は暖房の熱を逃がさないようにするためのものでしたが、冷房も効きやすくなるということで本州にも普及したのです。
日本の伝統的な建築物は、蒸し暑い夏を過ごしやすいように造られています。
ですから、間口が広くて壁が少なく風が通りやすくなっているのです。
その分冬は寒気もダイレクトに入ってきますが、湿気が溜(た)まりにくいというメリットもありました。
現在の住宅は、冷房や暖房で適温になった空気も逃げにくいのですが、同時に湿気も溜(た)まりやすいのです。
特に、木造住宅の場合は室内で発生した湿気が壁紙を通過して内部にまで入りこみ、そこで結露になってしまいます。
これが、一時期問題になった内部結露です。
結露というと窓ガラスにつくものというイメージがありますが、内部結露は壁の裏側や壁内の断熱材の上に発生します。
拭き取ることもできず、カビがびっしりと生えてからようやく気付いたというケースも多いのです。
壁の中の断熱材にカビが生えてしまうと、それをリフォームするのにお金と期間がかかるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!