マンション外壁の検査方法を知りたい!〜知っておきたい方法と特徴〜

マンションマンションは消耗品なので、時間の経過とともに劣化が進みます。特に傷みが目立つと美観を損ねるだけではなく、危険なのが「外壁」でしょう。マンションオーナーにとって、外壁のメンテナンスは必要です!外壁の検査方法をご紹介しましょう。

目次

  1. マンションの外壁検査の必要性とは
  2. 外壁検査方法にはどんな種類があるのか
  3. 全面打診調査法の特徴
  4. 赤外線調査法の特徴
  5. まとめ

1.マンションの外壁検査の必要性とは

マンションは、基本的に鉄筋コンクリートなので丈夫そうに見えます。

しかしながら、年月とともに劣化が進むのです。

そして、マンションは建っている立地によって劣化のスピードも異なります。

劣化の原因としては、以下のようなことが挙げられるでしょう。

  • 地震や台風
  • 季節による外気の温度差
  • マンション外壁素材の耐性劣化
  • 紫外線や雨
  • 排気ガス

外壁の劣化は、ひとつだけではなく上記のようなさまざまな原因が重なって起ることもあります。

外壁に使用している塗料や素材によって劣化の度合いも異なるため、外壁修理前に劣化の状態を調べる必要があるのです。

マンションの外壁を修理しようかな…と考えているオーナーさんは、最初に外壁検査を業者に依頼することをおすすめします。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!