注目の外壁ALCとは? ALC外壁のメリット・デメリット

外壁は、住宅建材でも住宅の耐久性・耐火性・快適性を決める大切な建材です。

外壁によって住宅の機能が決定するといっても過言ではありません。

数ある外壁の中でも、多機能な外壁材である“ALC”は注目を集めています。

注目の外壁ALCの特徴やメリットについて詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 外壁の種類を知ろう
  2. ALC外壁とは?
  3. ALCは表面塗装が重要!
  4. まとめ

1.外壁の種類を知ろう

1-1.一般的な外壁材とは?

外壁は“サイディング壁”と“塗り壁”の2つの種類に分けることができます。

それぞれの壁材の特長についてご紹介しましょう。

【サイディング壁】

外壁に使用するパネル状の壁材が“サイディング”です。

サイディングは天然木、金属、セメントなどを材料に工場で生産したものを建材として使用します。

ACLもサイディング壁の種類に属する壁材です

工場で生産するため、住宅に使用する場合には複数のサイディングを外壁にはります。

【塗り壁】

塗り壁は粘土状の外壁材を塗る外壁材です。

塗り壁は非常に歴史が古く、古民家や蔵などの外壁や一般住宅にも使用しています。

現在では歴史の古い“土壁”や“漆喰(しっくい)壁”に加えて、耐久どの高い“モルタル壁”も一般的です。

1-2.住宅に最適なサイディングを選ぼう!

現在、一般的な壁材はサイディングを使用した壁材です。

サイディングは“工期が短い”“高断熱”“軽量”などのメリットから新築ではサイディングが主流になっています。

サイディングには機能性の高い商品も多くサイディング選びは、新築や外壁リフォームでは非常に大切な選択です。

住宅に最適なサイディングを選ぶことは、新築や外壁リフォームを計画する上で大切な選択肢の一つといえるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!