外壁に使われるサイディングの種類とは?こんなものもあります。

サイディングとは、現在外壁の主流になっている板材です。
一昔前主流だったモルタル外壁に比べて防水性や防火性にすぐれ、お手入れも簡単という特徴があります。
家を建てたりリフォームしたりする際に、サイディングの外壁にする方も多いでしょう。
しかし、一口にサイディングといってもいろいろな種類があります。
そこで、今回はサイディングの種類や特徴をご紹介しましょう。
それぞれの特徴が分かれば、選ぶ目安にもなります。
外壁のリフォームや家の施工を計画している方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. サイディングって何?
  2. サイディングの種類とは?
  3. サイディングのメンテナンスとは?
  4. おわりに

1.サイディングって何?

サイディングとは、外壁にはる板材の総称です。
新しい素材のようなイメージがありますが、工法としては昔からありました。
「羽目板」や「下見張り」がサイディングと同じ工法です。
こちらは、木材を外壁にはって外壁を保護します。
古い住宅の中には、杉板が外壁にはられたものもあるでしょう。
そこに焼き目をつけることで、防水性が高まります。
しかし、木製のサイディングは火災に弱いという重大な欠点がありました。
そこで、日本の住宅は長い間モルタル性が主流だったのです。
現在のサイディングは燃えにくい素材を使い、大量生産が可能になっています。
また、モルタルの外壁を作るには左官の技術が必要でした。
しかし、サイディングならば外壁にサイディング材をはりつけるだけでできあがります。
ですから、大工が外壁まで施工を行えるので、工賃の節約もできるようになったのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!