屋根の塗り替えを考えている方へ~塗り替え時期や注意点について~

屋根は定期的にメンテナンス・塗り替えをしていかなければなりません。
屋根の塗り替えを怠ってしまうと、腐敗が進み、雨漏りが発生してしまいます。
いつまでも丈夫で耐久性が強い屋根を維持するためには、塗り替えが大切なのです。
外から見える部分でもあるので、常にキレイな状態であれば外観も良くなるでしょう。
屋根の塗り替えを考える時期や塗装の種類、塗り替え時の注意点・トラブル例、業者を選ぶポイントについて説明します。
屋根の塗り替えを検討している人は、必ずチェックしてくださいね。

目次

  1. 屋根の塗り替え時期・塗装の種類
  2. 塗り替え時の注意点・トラブル例
  3. 業者を選ぶポイント
  4. まとめ

1.屋根の塗り替え時期・塗装の種類

屋根の塗り替え時期は、いったいいつが良いのでしょうか。
塗り替えのサイクルや塗装の種類について説明します。
さまざまな塗装があり、効果も異なるのでぜひチェックしてくださいね。

1-1.屋根の塗り替え時期とは?

屋根には、さまざまな塗料があります。
塗料や素材によって塗り替え時期は異なりますが、屋根の塗り替え時期は、およそ8年~10年です。
屋根の素材としてよく使う「カラートタン」はおよそ5年~8年、「スレート」はおよそ10年になっています。これらの時期を目安に、塗り替えをすると良いでしょう。
メンテナンスサイクルをきちんと守りながら、塗り替えをし続けると、サイクル期間も長くなります。徐々に、屋根が丈夫になるからです。
メンテナンスを繰り返すごとに耐久性が増し、メンテナンスを頻繁にする必要もなくなるでしょう。雨漏りが発生してから塗り替えをするのではなく、8年~10年ごとに塗り替えをした方が効率的です。

1-2.屋根の状態で判断する

屋根の状態で、塗り替え時期かどうか判断することができます。
塗り替えをしなければならない屋根のサインを決して見逃さないでくださいね。
塗り替えをしなければならない屋根の状態は、主に、次のとおりになります。

  • 塗料のツヤが消える
  • 色あせが発生する
  • 表面が粉っぽい白になる(チョーキング現象)
  • ひび割れ
  • 塗装がはがれ、下地が見える

以上のような状態には、とくに注意してください。
塗料のツヤが消える状態は、まだ劣化の初期症状なので焦る必要はありません。
すぐに塗り替えをしなければならないわけではありませんが、初期のうちに塗り替えをした方が費用は安く抑えられます。
放置すると、次第に色あせやチョーキング現象が発生し、ひび割れが起きるでしょう。
そして、塗装がはがれ、下地が見えてしまいます。
この状態になると、屋根の耐久性はほとんどありません。
すぐに塗り替えをしなければ、雨漏りが発生するでしょう。

1-3.塗装の種類について

屋根に使う塗装の種類は、主に5種類あります。
「フッ素樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「アクリル樹脂塗料」「遮断熱塗料」です。
それぞれの特徴について説明しましょう。

  • フッ素樹脂塗料・・・カビ防止、耐久性、耐候性に優れている。高価な額がつく塗
                料。
  • シリコン樹脂塗料・・・耐久性があり、汚れにくい。内部結露を防ぐ。
  • ウレタン樹脂塗料・・・もっとも使われている塗料。コストパフォーマンスに優れて
                  いる。
  • アクリル樹脂塗料・・・耐久性は少し劣る。比較的低価格な塗料。
  • 遮断熱塗料・・・太陽光線を反射する。暑さ対策に効果的。

それぞれの特徴や耐久年数にも違いがあるので、必ず確認してくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!