ビルの外壁リフォームについて知りたい! 外壁塗装の基礎知識

ビルの外壁リフォームは大掛かりなものになるでしょう。
大掛かりになるからこそ失敗はできません。
ビルの外壁塗装に必要な基礎知識を身につけてから外壁リフォームに望むことが大切です。
外壁リフォームを考える時期や方法、業者に依頼する際の注意点などさまざまな視点から考えていきましょう。
外壁塗装を考えているビルのオーナーは必見です。

目次

  1. ビルの外壁リフォームについて
  2. 外壁リフォームの方法について
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.ビルの外壁リフォームについて

大掛かりで費用や時間もかかってしまうビルの外壁リフォームですが、定期的にメンテナンスをしなければビル全体が脆くなってしまいます。
ビル外壁リフォームの重要性やタイミングなど詳しく説明しましょう。

1-1.ビルを管理するために大切なこと

ビルの外壁リフォームは外観はもちろん、ビル全体の丈夫さを維持し続けるために必要なことです。
一般人に住居を貸し出しているオーナーなら責任を持って外壁リフォームをしなければなりません。
外壁にヒビ割れや雨水の汚れがあると住民が安心して暮らせませんし、空き部屋が増えてしまいます。
空き部屋が増えるとビルが管理できなくなるでしょう。
住まいを探している人は周辺環境などを考慮して選びますが、ビルがどのような状態なのか外観も気になるものです。
企業に貸し出しているオーナーもたくさんのテナントが入っているからこそスムーズに管理できるでしょう。
空き部屋をつくらないためにも常に外観をキレイに保ち続けなければなりません。
ビルの外壁リフォームはずっと管理し続けるために大切なことなのです。

1-2.ビルの外壁リフォームをするタイミングとは?

一体いつビルの外壁リフォームをすればいいのか悩んでいるオーナーも多いのではないでしょうか。
ビルに使われている外壁はほとんどがコンクリート製です。
コンクリートは丈夫で長持ちと思いますが、常に雨風にさらされていることは変わらないので徐々に劣化します。
メンテナンスや補修を放置すると外壁が崩れ下地が傷ついてしまい、雨漏りをする可能性もあるので気をつけてください。
ビルの外壁メンテナンスは8~10年のサイクルがベストだと言われています。
外壁の状態にもよるので外壁にヒビ割れや亀裂が見られた場合はすぐにリフォームしなければなりません。
また、基本的に8~10年ですが、工場地帯にあるビルや台風が多いところは外壁が傷つきやすい傾向があるため、もっと早いタイミングでリフォームをした方がいいでしょう。

1-3.自分の目で確かめられるサイン

自分の目で確認できる外壁リフォームのサインがあります。
代表的なサインは“亀裂”や“ヒビ割れ”です。
コンクリート製の壁に亀裂が入っていたり、ヒビ割れが見られたらすぐにリフォームをしてください。
そのまま放置すると外壁が崩れ落ち、大事故につながってしまいます。
また、タイル製でできている外壁の場合“タイルの浮き”があったら要注意です。タイルの浮きは劣化しているか、または外壁の施工がきちんとされていない証拠になります。
ビルの外壁を手で触った時につく“白い粉”にも注意してください。
白い粉は外壁に使われているチョーキングが劣化している証拠です。
このように自分の目で確かめられるサインはたくさんあります。
住民から「外壁の様子がおかしい」と知らされるケースもあるでしょう。報告が上がったらすぐに確認してくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!