外壁リフォームをする前に知っておきたい基礎知識~種類や注意点~

2.トラブルを防ぐための注意点

2-1.外壁リフォームのサインに合わせた補修方法を知る

リフォームは手抜きしやすい工事だと言われています。
そのため、悪徳業者の数も非常に多いのです。
悪徳業者に引っかからないためには“外壁リフォームのサイン”と“サインに合った補修方法”を把握しなければなりません。
外壁リフォームのサインは主に外壁の耐用年数がやってきたときと言われていますが、自分の目で確認できるサインもたくさんあります。
たとえば、ひび割れや細かい粉が吹いているような様子、色あせ、コケ、雨水の汚れ、下地が見えているなどさまざまなサインが挙げられるでしょう。
また、それぞれのサインによって適切な補修方法があります。
ひび割れの場合はモルタルやサイディングに多く、塗り替えや張り替えが主流になるでしょう。
タイルの場合はシーリング材の補充になります。
このようにサインや外壁の種類によって補修方法が異なるので注意してくださいね。

2-2.定期的にメンテナンス・補修をする

外壁のメンテナンスを20年もしていなかったHさんは、外壁全体が雨水で汚れ、あちこちにひび割れが起きていることを知りやっとリフォームを業者にお願いしました。
リフォーム業者によると放置していたことが信じられないほど外壁が弱くなっていたそうです。
数十年間メンテナンスや補修をしてこなかった分、大規模なリフォームになりお金もかかってしまいました。補修せずにそのまま放置していたら下地まで傷ついてしまい、雨水が室内に入る可能性もあったと業者は言います。
このように、定期的にメンテナンス・補修をすることもトラブルを防ぐための大切なポイントなのです。
定期的にメンテナンスをしておけば費用も必要最低限で済みますし、キレイな外壁が保てます。

3.業者の選び方

3-1.「対応」をチェックする

外壁リフォーム業者の数は多く、どこに依頼したら良いのか分からない人も多いでしょう。
業者の中には悪徳業者もいるので注意しなければなりません。
業者の選び方もトラブルを防ぐために大切なことです。
悪徳業者は比較的「対応」が悪い傾向があるので注意してください。
対応や無料相談などで相手がどのような対応をするのかしっかり確認しましょう。
質問に対して適当な受け答えしかしない、具体的に説明せずすぐに契約を勧めようとする業者は非常に危険です。
優良業者であればあるほど、しっかりと依頼主の話を聞き、適切な外壁リフォーム方法を提示してくれます。
対応が悪い業者=悪徳業者と判断して構いません。
本当に自分が安心して依頼できる業者かどうか「対応」をチェックしてくださいね。

3-2.複数のリフォーム業者を比較する

知人から紹介された業者だからといって安心はできません。
自分の目でしっかり確かめてから業者に依頼してくださいね。
優良業者を見つけるためには“複数のリフォーム業者を比較する”ことが1番です。
複数のリフォームに無料見積もりを依頼してください。そして、見積書内容を比較し、どこが最も安いのか調べると良いでしょう。
また、見積書と同時に工程についても確認することが大切です。
この業者はどのような方法で外壁リフォームをするのか、工程スケジュールや実際の施工例があれば確認してください。
複数のリフォーム業者を比較し、その中から自分の目的に合った業者を選びましょう。

4.まとめ

外壁リフォームの種類や方法・特徴、トラブルを防ぐための方法、業者の選び方について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
悪徳業者に引っかからずに満足のいく外壁に仕上げるためにも必要な基礎知識です。
知識さえ身につけておけば安心して外壁リフォームができるでしょう。

  • 基本的な外壁リフォームは「塗り替え」
  • サイディングは「張り替え」が基本
  • 既存の壁を撤去しない「カバー工法」
  • 外壁リフォームのサインに合った補修をする
  • 定期的にメンテナンス、補修をする
  • 業者の対応をチェックする
  • 複数のリフォーム業者を比較する

以上は外壁リフォームで押さえておきたいポイントです。
自分が想像しているとおりの外壁にするため基礎知識を身につけておきましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!