断熱塗料の効果とは! 外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の特徴

断熱塗料には、どのような効果があるのでしょうか。省エネ住宅が注目されるようになってから特に人気が高まっている断熱塗料について詳しくご紹介します。断熱塗料と同じく「機能性塗料」と呼ばれる遮熱塗料と光触媒塗料との違いも知っておきましょう。

目次

  1. 断熱塗料の基礎知識
  2. 機能性塗料の種類
  3. 断熱塗料の効果
  4. 外壁塗装する際の注意点

1.断熱塗料の基礎知識

1-1.断熱とは

熱伝導をおさえることを「断熱」といいます。つまり、断熱すると吸収した熱が伝わりにくくなるというわけです。これまでの住宅では、断熱をするという考えがほとんどありませんでした。ですから、寒い冬には家の中もかなり冷えてしまうために暖房をたくさん使わなければなりません。そのため、暖房を使っている部屋を一歩でると激しい温度差を感じるでしょう。この「ヒートショック」は、以前より問題とされています。
断熱対策をしている住宅は外の気温による影響を受けにくいので、家の中でこのような温度差が起こることがあまりありません。また、住宅の断熱化は省エネやエコ対策にもつながります。

1-2.断熱塗料が開発された経緯

断熱塗料は、たった0.5mmほどの薄い膜で断熱効果をもたらす画期的な塗料です。この驚くべき効果をもつ断熱塗料の開発には、ロケットが関係していました。ロケットを打ち上げるときには、大気との摩擦で生じる熱から機体を守る必要があります。しかし、断熱のためにロケットを重くすることはできませんから断熱材は使えません。そこで、断熱できる塗料が開発されたというわけです。

1-3.断熱塗料と遮熱塗料の違い

断熱塗料を検討する際に、分かりにくいのが遮熱塗料との違いでしょう。断熱塗料は、外気の熱から守りながら室内の温度を逃がさない膜と思ってください。いっぽう、遮熱塗料の場合は、太陽光を反射して表面の温度があがらないようにする塗料です。

2.機能性塗料の種類

それでは、断熱塗料だけでなく、遮熱塗料や光触媒塗料の特徴をそれぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

2-1.断熱塗料

季節を問わず快適な住空間を保てると人気が高まってきているのが、断熱塗料です。断熱塗料を塗ることで太陽光の熱伝導がおさえられるので、暑い夏でも家の中の温度が上昇しにくくなります。さらに、建物内の熱が外に逃げ出すことを防ぐ働きもあるため、寒い冬でもあたたかく過ごせるでしょう。このように、一年をとおして快適な環境をつくるのに適している塗料です。
断熱塗料を使うことで省エネや節電につながるので、環境にもやさしいという特徴もあります。自治体によっては、補助金が受けられるところもあるでしょう。

2-2.遮熱塗料

太陽光の熱を反射して外壁や屋根などの表面温度を下げるために用いられるのが、遮熱塗料です。これにより、家の中の温度も下げる効果も期待できます。遮熱塗料を塗らない状態では熱がそのまま室内に入ってしまいますが、それを跳ね返す役目が遮熱塗料にあるというわけです。ですから、陽射しの強い夏にも涼しい環境で過ごせるのが大きな特徴といえます。
この遮熱塗料もエアコンの使用を減らせるため、節電や省エネ対策として注目されるようになりました。施工費用の補助が受けられる自治体があるので、確認してみましょう。

2-3.光触媒塗料

次世代の塗料といわれているのが、光触媒塗料です。これは紫外線を利用して汚れを分解したうえで雨によって洗い流す塗料で、自然の力をうまく活用しています。一般的な油性塗料では、環境への配慮は難しいのが現状です。しかし、この光触媒塗料は空気をきれいにする働きもあります。大気に含まれる汚染物質を除去する作用もあるからです。そのため、この光触媒塗料を塗った家は空気清浄機能をもっていると考えてかまいません。さらに、遮熱効果もあります。環境にとてもやさしい、まさしく次世代の塗料といえるでしょう。

3.断熱塗料の効果

3-1.すぐれた断熱効果

断熱効果を求めるなら、遮熱塗料よりも断熱塗料がおすすめです。遮熱塗料の場合には、塗膜表面に当たった太陽光が反射されますが、いくらかは熱となって残ります。その熱は、壁や屋根を伝わって屋内に入ってきてしまうのです。しかし、断熱塗料は建物内に熱が伝わる前に外気に運び去られる特徴があります。断熱塗料のほうが家の中に伝わる熱がだんぜん小さいというわけです。

3-2.一年中快適に過ごせる

遮熱塗料の欠点は、冬の貴重な太陽光まで跳ね返してしまうことでしょう。夏の暑さをしのぐには最適なのですが、冬を快適に過ごすためにはあまり役にたちません。しかし、断熱塗料は夏に屋内の温度を下げるだけでなく、冬には室内の熱を外に逃がさないという2つの働きがあります。

3-3.省エネ効果

このように断熱塗料を外壁に塗ると夏も冬も家の中の温度を快適に調節しやすいので、一年をとおしてエアコンを稼働させる機会がグッと減るはずです。エアコンの使用は環境によくないという話を聞いたことがあるでしょう。節電だけでなく、省エネにもすぐれた断熱塗料を使うことで、エコな暮らしを実現できるのです。

4.外壁塗装する際の注意点

4-1.色の選び方

外壁を塗り始めたら想像していた色と違った、と後悔する人がいます。色見本から選んだ色でも、実際に外壁に塗るとイメージと全然違うケースが意外と多いのです。ですから、色選びには慎重になったほうがよいでしょう。外壁に塗るとどのような印象になるのか、担当者にじっくりと相談しながら決めていくことをおすすめします。

4-2.塗装に適している季節

あまり知られていないかもしれませんが、塗装には適している季節があるのです。塗料は5度以下になると固まってしまうので、寒い冬の日に塗装作業をすると塗りムラが起きやすくなります。逆に、暑い日も注意が必要です。炎天下の外壁は想像以上に高温になっています。そこに塗られた塗料は沸騰するような状態になりますから、きれいに仕上がりません。私たち人間が外で過ごしやすい季節が、塗装に適している季節と考えるとよいでしょう。

4-3.信頼できる業者を選ぶ

塗装は、他のリフォーム工事と違って手抜きをしやすいといわれています。塗装業界にも、残念ながら悪質な業者がいるので気をつけてください。全てではありませんが、特に訪問販売をしている業者にトラブルが多くみられます。塗装を依頼する際には、安さだけで業者を選ばないようにしましょう。信頼できる業者をじっくりと見分けることが大切です。

まとめ

断熱塗料の特徴をまとめておきましょう。

  • 断熱対策をしている住宅は外の気温による影響を受けにくい
  • 断熱塗料は、たった0.5mmほどの薄い膜で断熱効果をもたらす画期的な塗料
  • 断熱塗料は外気の熱から守りながら室内の温度を逃がさない膜になる
  • 太陽光を反射して表面の温度があがらないようにするのが遮熱塗料
  • 断熱塗料を塗ることで太陽光の熱伝導がおさえられる
  • 断熱塗料を使うことで省エネや節電につながる
  • 断熱効果を求めるなら、遮熱塗料よりも断熱塗料がおすすめ
  • 断熱塗料は夏に屋内の温度を下げるだけでなく、冬には室内の熱を外に逃がさない
  • 色選びには慎重になったほうがよい
  • 人間が外で過ごしやすい季節が、塗装に適している季節
  • 信頼できる業者をじっくりと見分けることが大切

このように、断熱塗料にはすぐれた効果がいくつもあります。耐用年数は15~20年といわれていますから、一度塗っておけば効果がしばらく続くでしょう。節電や省エネを心がけた生活を送るために断熱塗料を選ぶ人は今後も増えていくはずです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!