断熱塗料の効果とは! 外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の特徴

断熱塗料には、どのような効果があるのでしょうか。省エネ住宅が注目されるようになってから特に人気が高まっている断熱塗料について詳しくご紹介します。断熱塗料と同じく「機能性塗料」と呼ばれる遮熱塗料と光触媒塗料との違いも知っておきましょう。

目次

  1. 断熱塗料の基礎知識
  2. 機能性塗料の種類
  3. 断熱塗料の効果
  4. 外壁塗装する際の注意点

1.断熱塗料の基礎知識

1-1.断熱とは

熱伝導をおさえることを「断熱」といいます。つまり、断熱すると吸収した熱が伝わりにくくなるというわけです。これまでの住宅では、断熱をするという考えがほとんどありませんでした。ですから、寒い冬には家の中もかなり冷えてしまうために暖房をたくさん使わなければなりません。そのため、暖房を使っている部屋を一歩でると激しい温度差を感じるでしょう。この「ヒートショック」は、以前より問題とされています。
断熱対策をしている住宅は外の気温による影響を受けにくいので、家の中でこのような温度差が起こることがあまりありません。また、住宅の断熱化は省エネやエコ対策にもつながります。

1-2.断熱塗料が開発された経緯

断熱塗料は、たった0.5mmほどの薄い膜で断熱効果をもたらす画期的な塗料です。この驚くべき効果をもつ断熱塗料の開発には、ロケットが関係していました。ロケットを打ち上げるときには、大気との摩擦で生じる熱から機体を守る必要があります。しかし、断熱のためにロケットを重くすることはできませんから断熱材は使えません。そこで、断熱できる塗料が開発されたというわけです。

1-3.断熱塗料と遮熱塗料の違い

断熱塗料を検討する際に、分かりにくいのが遮熱塗料との違いでしょう。断熱塗料は、外気の熱から守りながら室内の温度を逃がさない膜と思ってください。いっぽう、遮熱塗料の場合は、太陽光を反射して表面の温度があがらないようにする塗料です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!