被害が大きくなる前に?! 外壁のひび割れを補修する方法

古い家やマンションの外壁をふと見てみると、少しひびが入っているのを見つけることがあるでしょう。建物もモノですので、時間と共に劣化していきます。
このひび割れですが、無視しておくとどんどん大きくなって修復が困難なものになってしまうことも。それだけでなく、家屋の二次災害に原因となります。
ひびをみつけても無視するのではなくて、見つけたときの補修方法を確認していきましょう。

目次

  1. 外壁のひび割れの原因
  2. ひび割れの種類
  3. ひび割れがあったとき……
  4. 程度によるひび割れ補修方法
  5. 業者に依頼するとき注意したいこと
  6. まとめ

1.外壁のひび割れの原因

外壁がひび割れてしまうのは、年月の経過もありますが他にも様々な要因が考えられます。ここではその原因を見ていきましょう。

1-1.自動車・電車などによる振動

家やマンションの近くに国道・電車の線路があると、それらの振動により外壁が揺らされてしまうことに。振動によって外壁に力が何度も加わることで、耐え切れなくなった部分からひびが生じていくのです。

1-2.外壁の乾燥

外壁部分から水分が無くなって乾燥すると、壁が収縮します。そのとき壁に無理な力が生じてしまい、ひびが生じてしまうのです。
これは壁に水が付着してしまうと、それを吸う性質があるため。それが乾燥するとき、収縮が発生してひびになります。

1-3.地震による影響

電車などの振動と同じかもしれませんが、小さい振動で徐々に内側から割れるのとは意味が異なるようです。地震の場合は外側から大きな力が掛かることで、建物が歪んで変形します。それがひびの原因につながるのです。

1-4建物の不同沈下

不同沈下とは、建物が不揃いに沈下を起こすこと。家が均等に落ちていくのではなく、斜めに傾くような状態になっていきます。不同沈下になると、建物を支える部材が歪んで、ひびが発生してしまうのです。

1-5.塗膜の劣化

建物の表面に施す塗装は、光・水・空気から外壁を保護する役割があります。しかし、それも年月を重ねることで劣化し、剥がれた部分からひびになっていくのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!