リフォームをする前に知っておきたい悪徳業者の特徴~失敗しないための知識~

リフォームはもっとも手抜きしやすい工事だと言われています。
そのため、悪徳業者が増え、消費者センターに寄せられるトラブル相談が年々増加しているのです。
リフォームについて何の知識も知らない人がリフォーム詐欺業者に騙されるというケースが非常に目立ちます。
せっかく高いお金を支払ってリフォームするのですから満足できる仕上がりにしなければ意味がありません。
そこで、リフォームを依頼する前に、悪徳リフォーム業者の見分け方について説明します。
リフォームについて正しい知識を身につけ、見分けられる力を持ちましょう。

目次

  1. 悪徳リフォーム業者とのトラブル事例について
  2. 悪徳業者の見分け方
  3. トラブルにならないための注意点と対処法
  4. まとめ

1.悪徳リフォーム業者とのトラブル事例について

実際に起こった悪徳リフォーム業者とのトラブルについて説明します。
トラブル事例をいくつか把握しておけば悪徳業者に騙されることはありません。
ではどのようなトラブルがあるのか詳しくチェックしていきましょう。

1-1.「今すぐリフォームしないと危ないですよ!」で契約した

最初に言っておきますが、リフォーム業者は基本的に営業をしません。
自宅にいきなりやってきて「今すぐリフォームしないと危ない」「地震対策をしないと崩れてしまう」というような文句でリフォームを薦める行為はほとんどが悪徳リフォーム業者です。
自宅にいきなり業者がやってきたYさんは戸惑いましたが、業者の熱弁に押されてしまいそのまま契約をしました。
契約した結果、リフォーム工事は結局行われず、前金を支払った時点で逃げられてしまったのです。
契約の際にもらった名刺に書いてある住所も結局存在しない住所で、電話も繋がりません。支払ったお金は今でも戻っていないと言います。
このような悪徳リフォーム業者の手口は一人暮らしのお年寄りに多く、納得させられる営業トークをするでしょう。
営業しにやってくる業者には要注意です。

1-2.手抜き工事をされ2回のリフォームをした

ある業者にリフォームを依頼したEさんは、スムーズにリフォーム工事が進んでいるように見えました。引渡しの時、とくに異常も見られなかったのでそのまま引渡しが完了し、すべてのリフォーム費用も業者に支払ったのです。
しかし、その後リフォームをしたところから雨漏りをしたり、ヒビを発見したりとさまざまな不具合が見つかりました。工事を依頼した業者に連絡しても一向に繋がらず、その時やっと騙されたことに気づいたのです。
結局、ほかのリフォーム業者にお願いをしてきちんと直してもらいました。二度手間になってしまい、その分費用も倍以上かかってしまったのです。
このように、手抜き工事がしやすいリフォームだからこそ工事中はなかなか気づかないケースが多いのでしょう。気をつけなければなりません。

1-3.追加料金の請求で高額なリフォーム費用を支払った

悪徳リフォーム業者とのトラブルでよく見られるのが「金銭トラブル」です。
「見積書に記載されていた料金とはまったく違う高額なリフォーム費用を請求された」「追加料金を支払わされた」など、さまざまな金銭トラブルが多発しています。
悪徳業者はリフォーム費用の請求をしつこく迫ってくるでしょう。そのしつこさに負けてしまう人が多いようですね。
後で本当は安い値段でリフォームができたことを知れば本当にショックですし、悪徳業者に騙されたことの悔しさでいっぱいになるでしょう。
気持ちよくリフォーム業者を利用するためにも、悪徳業者の見分け方をマスターしてください。

2.悪徳業者の見分け方

2-1.契約を急ぐ業者はほとんどが悪徳業者

しっかりリフォームをしてくれる優良業者は依頼者の話をしっかり聞き、最初はどのようなリフォーム方法が適しているのか“相談”という形で契約には迫りません。
しかし、悪徳業者のほとんどは相談したその日に契約を急かすところが多いのです。
悪徳業者にとっては一度やってきたお客様を逃がさないようにしっかりと契約をして繋がせておきます。
そのため、契約をできるだけ早めにする必要があるのです。
契約をすぐに迫ってくるような業者には十分に気をつけてください。
その際に、しっかり自分の話を聞いてくれるかどうか、丁寧にリフォーム内容に説明してくれるかどうかも要チェックです。
リフォーム業者の対応は悪徳業者を見分ける大切なポイントになります。
対応が悪いところは悪徳業者の可能性が非常に高いでしょう。

2-2.「今しか割引できない」と営業トークをする業者はNG

押し売り営業もそうですが「今しか割引できない」と“割引”“お得”というワードを引っ張りだして営業トークする業者はほとんどが悪徳業者です。
例えば「予算よりも10万円オーバーしている」とあなたが業者に言ったとします。そこで業者が「では10万円サービスしましょう!」と言ってきたらアウトです。
この業者は確実に悪徳業者でしょう。普通に考えて10万円もサービスする業者はおかしいと思いませんか?
優良業者なら「ではこのようなリフォーム方法でしたらいくらかお安くなりますよ」と依頼主の費用に沿ったリフォーム方法を提案してくれます。
また「他社のプランよりも安くする」「そのプランでもうちなら半分安い」のような文句でアピールする業者にも注意してください。

3.トラブルにならないための注意点と対処法

3-1.契約する際の注意点

リフォーム業者と契約する際は、必ずリフォーム内容と見積書を確認し、書面で行ってください。業者と打ち合わせをするたびに内容をメモに記しておくことも大切なポイントになります。
リフォーム業者の中にはメモを取ると嫌な顔をする人も多いので「メモを取らせて頂いてもよろしいですか?」と一言断りましょう。
メモを取ると実際にやり取りした内容が確認できますし、証拠にもなるので大切です。
そして、工事請負契約書や設計図面、請負契約款、請負代金内訳書など契約書類を欠かさずチェックしてくださいね。
また、リフォーム後のメンテナンスやアフターサービスの有無も一緒に確認すると良いでしょう。リフォーム後に何か起きても無料で点検をしてくれる業者は安心して依頼できます。

3-2.トラブルに遭った時の対処法

どれだけ注意をしていても悪徳業者に騙される人もいます。
もし、トラブルに遭った時は一人で悩まずにすぐに消費者センターや国民生活センターに相談してください。期間内であれば“クーリングオフ制度”が利用できます。
クーリングオフ制度とはある一定期間、トラブルに逢い、通知書を提出すれば契約を強制的に解除できるのです。
しかし、クーリング制度は期間が「8日以内」と決められています。
そのため、トラブルに遭ったらできるだけ早めに相談をしなければなりません。
ずっと一人で悩み続け、やっと相談した頃にはクーリングオフ制度が使えなくなっていたというケースも多いです。
クーリングオフ制度が選択できるようにできるだけ早めに相談しましょう。

4.まとめ

悪徳リフォーム業者のトラブル事例や見分け方、注意点・対処法について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
事前に把握しておくと悪徳業者に騙されることなく、満足のいくリフォームができます。
リフォームをする前に必ずチェックしてくださいね。

  • 押し売り営業で契約させられた
  • 手抜き工事で2回リフォームした
  • 追加料金の請求で多額の費用を支払った
  • 契約を急ぐ業者はほとんどが悪徳業者
  • 「割引する」と営業トークをする
  • 契約書面を必ずチェックする
  • 業者の対応をチェックする
  • トラブルに逢った時は消費者センターに相談する
  • クーリングオフ制度を利用する

以上の項目は必ず押さえておきたいポイントです。
正しい知識を身につけ悪徳業者の対策をしてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!