外壁の雨漏り対策・修理方法について ~なぜ雨漏りが発生するの?~

自宅が外壁から雨漏りしている人は要チェックです。
なぜ外壁から雨漏りしてしまうのか「原因」はもちろん、修理方法、業者に依頼する際の注意点、メンテナンス時期の目安などさまざまな視点から説明します。
外壁は常に雨風にさらされている部分なのできちんとメンテナンスをしなければなりません。
外壁の雨漏りについて対策や修理方法の知識を身につけていきましょう。

目次

  1. 外壁から雨漏りしてしまう原因
  2. 修理方法と注意点
  3. メンテナンスの重要性
  4. まとめ

1.外壁から雨漏りしてしまう原因

外壁から雨漏りをしてしまうと家の中が水浸しになってしまいます。
快適に過ごすための家が逆に、生活しにくい状態になってしまうのです。
外壁の修理を行う前に、外壁から雨漏りしてしまう原因について把握しておきましょう。

1-1.窓まわりや換気口まわり

外壁からの雨漏りでもっとも多い部分が「窓まわり」や「換気口まわり」です。
新築だとしても外壁から雨漏りが発生することがあります。その状態で多いのがこの2つの部分になるでしょう。
「窓まわり」や「換気口まわり」は外壁の中でも雨水に弱く、構造からみても弱点となる部分がみられます。そのため、防水処理をきちんと行っておかなければすぐに雨漏りが発生するので要注意です。
窓まわりや換気口まわりは防水処理を丁寧にしなければならないのに処理があまいと雨漏りが発生します。
防水処理の良し悪しが大きく関係しているのでしょう。
雨漏りがひどい場合は、防水処理があまかった証拠です。
新築を建てる際は、防水処理がきちんとされているかどうかチェックしてください。

1-2.外壁の老朽化

外壁はずっと同じ強度で保たれているわけではありません。
定期的にメンテナンス、塗り替えをしていかなければ外壁の強度・耐久性がどんどん弱まり、老朽化が進むでしょう。
雨漏りは外壁の老朽化によって発生することもあります。
ほとんどの外壁からの雨漏りは「老朽化」が原因だと言われているので要注意です。
外壁に使用される素材によって耐用性や寿命が異なるため、事前にチェックしなければなりません。
外壁の耐用性・寿命をきちんと把握し、定期的にメンテナンスを行っていきましょう。
外壁の老朽化が進むと雨漏りの危険性がさらに高まります。
時間がある時に外壁をチェックし、どこが雨漏りをしているのか確認するとよいでしょう。

1-3.防水紙、防水テープ、シーリングの打ち方による雨漏り

外壁をつくっていく際、防水紙や防水テープがきちんと処理されていなければ雨漏りの原因になります。
最近はシーリングを外壁に施すところが増えてきており、シーリングの打ち方があまくなると外壁から雨漏りが発生するのです。そのため、とくにシーリングには注意しておかなければなりません。
外壁の塗り替えや新築を建てる時は防水紙や防水テープの処理もチェックしてください。
きちんと処理をしなければ雨漏りの原因になり、再び処理作業を行わなければならないため費用が高くついてしまいます。
防水紙、防水テープ、シーリングの打ち方から雨漏りする可能性もあると覚えておきましょう。

2.修理方法と注意点

2-1.外壁の補修工事

外壁から雨漏りが発生した場合、どのように修理をすればよいのでしょうか。
一般的に、外壁の補修工事を行っている業者に依頼することになるでしょう。
しかし、依頼する前にどこから雨漏りをしているのか、何が原因なのか判明しなければ工事が進められません。
自分の目で確認できるところはチェックし、専門の業者に依頼して外壁を調査してもらいましょう。
外壁の調査が終わり次第、どのように工事が進められるか工事内容と費用について業者から説明されます。
雨漏りしている部分だけ外壁を塗りなおしたり、強度や耐用性を高めるためにシーリングを打ち直す補修工事になるでしょう。
しかし、外壁の状態によってはほかの補修工事を薦められるかもしれません。
補修工事についてしっかり業者と打ち合わせをし、失敗することのないように計画を立てていきましょう。

2-2.外壁を修理する際の注意点

外壁の修理は業者に依頼することがほとんどです。
自分で修理できる範囲や知識があれば可能ですが、プロの業者に任せた方が安心でしょう。
ここでの注意点が「業者選び」です。
外壁の修理を行っている業者は探してみるとたくさんあります。
どこが1番よいのか、いくつか業者を比べてください。
比較することで工事内容や費用、サービス内容などさまざまなことがわかるでしょう。
外壁の修理を依頼する時は、できるだけ実績のある業者を選ぶことが大切です。
外壁修理において実績のある業者であれば安心して依頼できるでしょう。
防水処理をきちんと施し、外壁の強度・耐用性をぐんっとあげてくれます。
実績のある業者かどうか、インターネットの口コミや評判をチェックし、入念に調べてくださいね。
外壁修理でだまされた人も多いため、悪質業者には注意しなければなりません。

3.メンテナンスの重要性

3-1.メンテナンスによって雨漏りが予防できる

外壁のメンテナンスは非常に大切です。
なぜ定期的なメンテナンスが大切なのかというと、メンテナンスによって雨漏りが予防できるからです。
外壁には外壁塗装によって寿命が異なり、常に雨風や紫外線にさらされています。
そのまま放置をするとどんどん劣化していくでしょう。
劣化状態がひどくならないうちにメンテナンスを行うことで耐用性が維持し続けられます。
耐用性だけでなく、外観も美しいままでいられるのでメンテナンスは欠かせません。
また、メンテナンスによって雨漏りが予防できるだけでなく、費用も抑えられるでしょう。
外壁のヒビ割れ、雨漏りが発生した後だと修理にお金がかかってしまいます。
しかし、未然に防げるうちにメンテナンスをすると必要最低限だけの修理で十分なので、費用もある程度カットできるのです。

3-2.塗り替え時期はどのくらい?

外壁の塗り替え時期は素材の種類によって異なります。
例えば、よく使われるようになったサイディングはおよそ10年、ALCパネルも同じ年数となっています。
吹き付けの場合はおよそ6年~10年になるでしょう。
どのような素材が外壁に使われているのか、寿命はどのくらいなのかチェックしておくと塗り替え時期もだいたいの目安がわかります。
また、塗り替え時期だけでなく「塗り替えなければならない状態」も確認しておきましょう。
たまに外壁を自分の目で確かめ、ヒビ割れや藻・カビが生えていないかどうか、外壁の塗装がはがれていないかどうか確認してください。
室内に雨漏りが発生していなくてもヒビ割れがあれば雨漏りをする可能性が非常に高いです。自分の目で確かめられる部分は確かめることも大切なポイントになります。

4.まとめ

外壁の雨漏りについて詳しく説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。
雨漏りが発生した場合はできるだけ早めに修理しなければなりません。そこからどんどん腐敗が進み、ほかの外壁まで悪影響を及ぼしてしまうからです。
家自体の耐久性が失われてしまうでしょう。
何が原因で雨漏りが発生しているのか、どうすれば改善できるのか専門の業者と相談しながら進めてください。

  • 窓まわりや換気口まわりが多い
  • 外壁の老朽化
  • 防水処理の良し悪し
  • 外壁の塗り直しやシーリングの打ち直し
  • 実績のある業者を選ぶ
  • メンテナンスによって雨漏りが予防できる
  • 耐久性や外観の美しさが保たれる
  • 費用が抑えられる
  • 塗り替え時期は素材の種類によって異なる

以上のチェックポイントをしっかり把握し、上手に外壁の雨漏り対策・修理を行ってください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!