外壁の雨漏り対策・修理方法について ~なぜ雨漏りが発生するの?~

自宅が外壁から雨漏りしている人は要チェックです。
なぜ外壁から雨漏りしてしまうのか「原因」はもちろん、修理方法、業者に依頼する際の注意点、メンテナンス時期の目安などさまざまな視点から説明します。
外壁は常に雨風にさらされている部分なのできちんとメンテナンスをしなければなりません。
外壁の雨漏りについて対策や修理方法の知識を身につけていきましょう。

目次

  1. 外壁から雨漏りしてしまう原因
  2. 修理方法と注意点
  3. メンテナンスの重要性
  4. まとめ

1.外壁から雨漏りしてしまう原因

外壁から雨漏りをしてしまうと家の中が水浸しになってしまいます。
快適に過ごすための家が逆に、生活しにくい状態になってしまうのです。
外壁の修理を行う前に、外壁から雨漏りしてしまう原因について把握しておきましょう。

1-1.窓まわりや換気口まわり

外壁からの雨漏りでもっとも多い部分が「窓まわり」や「換気口まわり」です。
新築だとしても外壁から雨漏りが発生することがあります。その状態で多いのがこの2つの部分になるでしょう。
「窓まわり」や「換気口まわり」は外壁の中でも雨水に弱く、構造からみても弱点となる部分がみられます。そのため、防水処理をきちんと行っておかなければすぐに雨漏りが発生するので要注意です。
窓まわりや換気口まわりは防水処理を丁寧にしなければならないのに処理があまいと雨漏りが発生します。
防水処理の良し悪しが大きく関係しているのでしょう。
雨漏りがひどい場合は、防水処理があまかった証拠です。
新築を建てる際は、防水処理がきちんとされているかどうかチェックしてください。

1-2.外壁の老朽化

外壁はずっと同じ強度で保たれているわけではありません。
定期的にメンテナンス、塗り替えをしていかなければ外壁の強度・耐久性がどんどん弱まり、老朽化が進むでしょう。
雨漏りは外壁の老朽化によって発生することもあります。
ほとんどの外壁からの雨漏りは「老朽化」が原因だと言われているので要注意です。
外壁に使用される素材によって耐用性や寿命が異なるため、事前にチェックしなければなりません。
外壁の耐用性・寿命をきちんと把握し、定期的にメンテナンスを行っていきましょう。
外壁の老朽化が進むと雨漏りの危険性がさらに高まります。
時間がある時に外壁をチェックし、どこが雨漏りをしているのか確認するとよいでしょう。

1-3.防水紙、防水テープ、シーリングの打ち方による雨漏り

外壁をつくっていく際、防水紙や防水テープがきちんと処理されていなければ雨漏りの原因になります。
最近はシーリングを外壁に施すところが増えてきており、シーリングの打ち方があまくなると外壁から雨漏りが発生するのです。そのため、とくにシーリングには注意しておかなければなりません。
外壁の塗り替えや新築を建てる時は防水紙や防水テープの処理もチェックしてください。
きちんと処理をしなければ雨漏りの原因になり、再び処理作業を行わなければならないため費用が高くついてしまいます。
防水紙、防水テープ、シーリングの打ち方から雨漏りする可能性もあると覚えておきましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!