外壁コーキングの補修に関する5カ条はコレ!放っておくとどうなるの?

サイディング外壁では、経年とともにコーキングの傷みが気になってくるものです。
紫外線や雨風の影響を受け続けている外壁の負担は大きく、定期的にメンテナンスしてあげることで建物自体の寿命を延ばすことにつながります。
そのことを考えると、外壁塗装の際にコーキングの打ち替えについても検討が必要になるでしょう。

  • 自分の持っている物件のコーキングが傷んできた
  • コーキングの傷みは放っておくとどうなるのか
  • コーキングの補修方法を知りたい

そんな人たちのために、外壁のコーキング補修に関する情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. コーキングとは?
  2. どのような劣化が起こるか
  3. 放っておくとどうなってしまうのか
  4. 補修の流れ
  5. 業者に依頼する際の注意点

1.コーキングとは?

サイディング外壁とは、工場で生産した壁を現場で組み立てたり貼りつけたりするタイプのものです。
一般的なサイディングにはセラミック系や木質系などがありますが、これらはいずれ撥水機能が低下して素材が伸縮を起こし、壁が変形してくる可能性があります。
それを防ぐためにも定期的に塗り替えをおこない、美観や撥水性能の向上を図らなければなりません。
サイディング外壁ではそれに加えて、壁と壁のつなぎ目の縦目地やサッシまわりにコーキングを使用しているものが多いため、塗り替えだけでなくコーキング部分の打ち替えも必要になってきます。
コーキングの状態が悪ければ既存のものを取り出して、新たに打設しなければならない場合もあるようです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!