外壁をキレイにするために欠かせない洗浄方法をご紹介! 注意点を知ろう!

1.外壁が汚れてしまう原因・汚れの種類

外壁はなぜ汚れてしまうのか原因について説明します。
また、汚れの種類によって適切な外壁の洗浄方法も変わるでしょう。
よって、外壁の汚れの種類についても把握しておきましょう。

1-1 さまざまな原因が考えられる外壁の汚れ

外壁が汚れる原因は本当にさまざまです。
そもそも外壁は外部からやってくる雨・風、ホコリや塵(ちり)から家の中を守るために欠かせない存在です。
外壁がしっかりしなければ建物を構成している内部が腐敗してしまうので注意してください。
雨、風はもちろんのこと、ホコリ、排気ガス、酸化物、藻(も)、コケ、カビ、シール部のシリコン汚れなど原因はさまざまです。
主に外部からやってくる汚れが主な原因になるでしょう。
とくに、雨や太陽の光があたらない場所、湿気が多い場所、窓下や排気口付近は汚れやすいので注意してください。
雨があたらない場所は汚れないイメージがあるかもしれませんが、雨で汚れが流されない分、空気の中に入っているホコリや排気ガスのススがこびりつきやすいのです。
汚れやすい部分はとくにチェックしておきましょう。

1-2 なぜすぐに汚れてしまうの?

外壁クリーニングを施したばかりなのに、外壁が汚れてしまって困っている人も多いでしょう。
なぜそんなにも早く外壁が汚れてしまうでしょうか。それには主に3つの理由が挙げられます。
1つ目は「汚れがつきやすい環境」であることです。
窓下や排気口付近は水がしたたりやすく、カビやシリコン汚れが目立つでしょう。
汚れがつきやすい場所はとくに、汚れ対策を徹底しなければなりません。
2つ目の理由は「汚れが残っているため、蓄積されている」ことです。
外壁クリーニング・外壁の洗浄が中途半端になり、汚れが残ってしまっているとさらに汚れが蓄積されていきます。そのせいで洗った後でもすぐに汚れが目立ってしまうのです。
そして最後の3つ目は「素地(そち)を傷つけている」ことです。
間違った洗い方をすると外壁を逆に傷つけてしまうでしょう。
実際に、何の知識も習得せずに高圧洗浄で外壁を洗った結果、外壁の素地が傷ついたケースも少なくありません。
外壁を洗浄する際は、きちんとその外壁に合った方法で行ってくださいね。

2.外壁の洗浄方法

2-1 自分でする場合

外壁の洗浄を自分でする人も多いでしょう。
外壁にはさまざまな種類があります。
主に使われているのは「サイディング」です。ほとんどの住宅で使われているでしょう。
サイディングにも金属系、木質系、樹脂系、窯業系など種類があり、ほかにもタイル、モルタル、ALCパネルなど種類が豊富なので何が使われているのか洗浄する前にチェックしてください。
多く使われているサイディングの洗浄方法について説明します。
サイディングの外壁を洗浄する場合、用意すべきものがいくつかあるので確認しましょう。

  • ホース
  • 外壁洗浄剤(中性洗剤でも可)
  • ブラシ
  • やわらかい布
  • 高圧洗浄機

以上の5つのアイテムを準備すれば、自分で外壁の洗浄ができます。
まず、ホースの水で外壁についている汚れをある程度落としていき、次に洗剤を使います。洗剤は中性洗剤でも可能ですが、徹底的に外壁をキレイにしたいなら“外壁洗浄剤”がオススメです。
外壁洗浄剤はホームセンターで購入できますし、使える外壁の種類が説明書きに記してあるのでチェックするとよいでしょう。
水や洗剤でも落とせない汚れはブラシややわらかい布、高圧洗浄機を使って落としていきます。
最後は自然乾燥になるので、お天気がよい日、ホコリが舞っていない日に掃除をしてください。

2-2 業者に依頼する場合

自分では外壁クリーニングができない場合、業者に依頼することをオススメします。
業者に依頼すると、まず外壁がどのような状態なのかどうか調査し、テスト洗浄を行うでしょう。
外壁に使われている塗料・材質にぴったりな洗剤を使い、キレイに洗浄してくれるので自分でするよりは徹底的に外壁をキレイにすることができます。
また、個人ではなかなか使えないような高圧洗浄機を使ったり、ロープ作業、屈伸リフトなどを利用して外壁クリーニングが行えます。細かいところでもキレイに掃除してくれるのはありがたいですよね。
しかし、業者に依頼する時はいくつか注意しなければならないことがあります。
次の項では自分で行う時、業者に依頼する時の注意点についてそれぞれ説明するのでぜひチェックしてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!